画像: 那須川天心が「腕がもげるぐらい」の必殺技を予告【12・31 RIZIN】

那須川天心が「腕がもげるぐらい」の必殺技を予告【12・31 RIZIN】

江幡塁と団体の威信をかけて対戦
「RIZIN.20」(12月31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の大会前会見が12月28日、都内で開催された。
セミファイナルでキックボクシング特別ルールで那須川天心と江幡塁が対戦する。
那須川は江幡について「相変わらず強いと思いますが、その上で倒すトレーニングをしてきたので不安や不安要素だったり、相手に勝てるのかなと思ったりはしない。倒す気でいます」。今まで戦った中で一番の強敵といわれることについては「一番かどうか分からないですけど、今までやってきた相手の中でも強敵な位置にいる選手だとは思っています」と話した。
試合については「大晦日らしく圧倒的な勝ち方ですよね。ド派手にKOというのが理想かなと思います」と話した。
今回の対戦はファンの中では国内の55.0kg近辺の階級のナンバーワン決定戦という声もあるのだが「自分の中でも非常に盛り上がっているしそう言ってもらえるのもうれしい。1年以上57~58kgでやってきて、久しぶりに軽い階級でやるので、どんなパフォーマンスができるかも楽しみ。お互いの団体の看板をかけた戦いになるので、RISEを背負って最初から倒しにいきたい」と話し、先日行われた公開対面練習で見た江幡の動きについては「相手を大きく想定して練習をしたりするが、その範囲内に収まっていた。想定していたぐらい、の感覚。ただ、穴がない、隙がない選手だと思う」。
「自分だけ噛み合ってて向こうが噛み合わないという状況を作ろうと思う」
江幡は試合について「噛み合う」と話しているのだが、那須川は「対峙して分かることのほうが多いと思いますが、僕は噛み合うと思ってるので、自分だけ噛み合ってて向こうが噛み合わないという状況を作ろうと思う。後は今まで見せてない必殺技があるのでバチっと決めたい。練習ではミットを持つ人の腕がもげるぐらいの勢いがありました」と必殺技の存在をちらつかせた。
Bellatorのスコット・コーカーCEOがBellatorのキックボクシングの試合への出場を希望していることについては「BellatorのようなMMA主体の興行に、キックボクサーの僕の名前を出してもらえたことは非常にうれしい。いろいろな人からオファーをたくさんもらっているなかでコーカーさんにそう言っていただけてるのはうれしい。タイミングが合えばチャレンジしてみたい」と笑顔を見せた。
朝倉海との対戦を望むファンの声も多いのだがこれについては「たくさんいるのかどうかもまだ分からないけど、向こうがやりたいというならやっても面白いとは思う。後は、誰もが見たいと思う状況になればやることもあるんじゃないかと思う」などと語るにとどめた。
江幡「どんな戦い方にも強いのが僕が習得したキックボクシング」
対する江幡は那須川について「那須川天心君は格闘技を今盛り上げている一人だと思うので実際に対戦してみるのがすごく楽しみ」、試合については「皆さんが見たことがないような戦いになるんじゃないかなっていうのを肌で実感しています。自分の仕上がりからしても、公開練習を見たうえでもそう思います」と話した。
その公開練習は互いに生でミット打ちを見せあうといったテレビ番組の企画でのもの。
「実際、生で見たことがなかったので、ああいうふうに見ることができて想像もつきましたし、いい対策になった。スピードだったり、こういう間合いの取り方というか、実際にやっているものにしか分からないというか、ミットに対する構え方でどういうスピードでどういう強さか把握できた」と短い時間の中でさまざまな情報をインプットしたよう。
那須川が互いに看板を背負うのが楽しみと言ってたのだが江幡も「もちろんすごい楽しみですし、今までも協会の看板を背負って戦ってきています。協会、道場、そして伊原会長の名前を背負って那須川選手と対戦し、勝つので、そうすればどんどん背負っていくものはたくさんあると思います。でも、背負っているものがあるから楽しみなのではなく、大晦日は男と男の戦いなので、対峙するということ自体が楽しみというのが正直な印象です」と応じた。
また自分の強さについては「僕は新日本キックボクシング協会で、基本に忠実なキックボクシングを教わっている。綺麗な戦い方になるのもそうですが、どんな戦い方にも強いのが僕が習得したキックボクシングなので、相手がどんなパターンで来てもブレない強さを見てもらえるんじゃないかと思います」と話し、先に会見した那須川が「自分だけ噛み合って向こうが噛み合わない状況を作りたい」と言っていたことについては「“噛み合わないということがない”というのが僕たちのキックボクシングのスタイル。僕は基本ができているので全ての技や対策を想定できる。那須川君がそう思っているのなら僕は楽しみ。そういう展開になるならなるで楽しみです」と自らの技術への揺るぎない自信を見せた。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.