画像: 朝倉未来「いつも通り」とあえて多くを語らず【12・31 RIZIN】

朝倉未来「いつも通り」とあえて多くを語らず【12・31 RIZIN】

「相手は僕より実績が上。力を試すいい機会」
「RIZIN.20」(12月31日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の大会前会見が12月28日、都内で開催された。
今大会では29日に開催される「BELLATOR JAPAN」と2大会に渡って行われる「RIZIN×BELLATOR対抗戦」の副将戦「元谷友貴vsパトリック・ミックス」と大将戦「朝倉未来vsジョン・マカパ」が行われる。
朝倉は試合に向けての心境については「いつも通りです」、対戦相手のマカパについても「まあまあ強い選手なんじゃないですかね。世界的に僕より実績が上なんで、力を試すいい機会かなと思います。(相手は)4敗しかしてなくてそれも全部トップ選手に負けているだけ。ほぼトップに近い選手だと思うので、4敗の次の負けをつけられたらいいと思う。勝ちたい」などと淡々と答えた。
またマカパは柔術の黒帯なのだが、それに向けてディフェンス含めた組み技の練習については「何もやっていないです。基本的に打撃の練習しかしていない。もともとテイクダウンをされない戦い方なので。もしテイクダウンされても立ち上がるだけかなと思う」とこれまで同様、倒されない自信を見せた。
この会見の直前には対抗戦に出場する10選手のフォトセッションが行われ、そこでマカパとニアミスしたのだが「何もなかったですね。計量も終わっていないので」と話す。RIZINチームは鉢巻をして臨んだのだが「あの鉢巻もセンスが悪いし、付き合っているだけです」とそっけなかった。
副将戦の元谷「寝技は全然付き合います」
副将戦に出場する元谷は「調子はバッチリです」、対戦相手のミックスについては「寝技が強くて極めが強い選手だと思います。グラウンドの展開が多くなるかな、と思っています。対戦相手は打撃をせずに組みついてくる。こっちが打撃をしても絶対に組み付いてくるので、組んで寝技か組みの展開が多くなると思っています。寝技は全然付き合います」などと話した。
グラウンドの展開については「あんまり下からとかというイメージがないですけど、テイクダウンを取って、上を取っていいポジションからバックにもっていく流れが強い選手かと思う」と話す。
元谷は拠点は石川県なのだが、ここ1~2カ月は東京で練習を続けている。それによって「柔術の時間が減ってMMAの時間が増えました」とのことで「でもバックテイクはできるだけさせないです」とも話した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.