画像: 田中圭「完全燃焼できるような生き方したい!」 ボートレースCMでハートに炎

田中圭「完全燃焼できるような生き方したい!」 ボートレースCMでハートに炎

田中圭がCMキャラクターを務めるボートレースCMの新シリーズ「ハートに炎を。BOAT is HEART」発表会が9日、都内で行われ、田中と新CMから登場する武田玲奈、葉山奨之、飯尾和樹が登壇した。
新シリーズは、メンタルの弱いボートレーサーの「タナカくん」と、彼を取り巻くレーサーたちの姿を真摯に熱く描く。昨年は新人レーサーだった「タナカくん」に後輩ができ、最強の天才女子レーサーも登場。全10本のCMで完結する。田中は「1年通して楽しめる。僕もみなさんと同じようにそのシーズンシーズンで楽しみたい」と自信を見せた。
100年に1人という天才レーサーとして出演する武田は「ボートレース場に行くのも生でボートレースを見るのも初めてだったのでワクワクしていた」と撮影を振り返り、キャラクターについても「ここまで強気な女性はあまりなかった。髪の毛もここまで派手なのは初めてだったので、みんなびっくりするかなあと思う」。
葉山は「タナカくん」の後輩レーサー。撮影ではボートにも乗ったそうで「正座で乗るので大変でした」と、コメント。
撮影は合宿形式で行われたそうで、飯尾は「おんなじ飯、同じ豚汁を食べて、ケータリングがおいしかったですね」と、振り返った。
見どころについて、田中は「これから登場人物それぞれのハートに火がついていくわけですが、どのようについていくのか楽しみにしていただきたい。ボートレーサーの格好いい部分もあるんですが、基本的には飯尾さんのせいで面白くなっている。次どうなるのかなと楽しみにしていただけると思う」と、話した。
イベントではまた、今年の抱負を漢字一字にして発表するという趣向も。
葉山は「拡」とし、「ボートレースのCMをするということで、若い世代の人にも知ってもらえるようにという意味での拡。それと、今年でこの仕事を始めて10年になるので役者として幅を広げていきたい。またCMで筋肉がないと感じたので、その意味もあります」。
武田は「知」で、「ボートレースもそうですが、世の中には私が知らないことがいっぱいある。この1年を通して、いろいろ知っていけたらなと思いました」。
飯尾がしたためたのは「甘」で、「自分では何もできないので甘えていこうという一文字。3人にもかまっていただいて......」と、笑った。
田中は「燃」で、「今年は燃えていこうかなと。いろいろお仕事をさせていただくでしょうし、いろんなことがあると思うんですけど、一つひとつに燃えて熱くいきたい。燃えることって簡単なようで難しい。すごく情熱的になって、それなりのエネルギーも必要でしょうし。完全燃焼できるような生き方を心がけたい」と熱っぽく語った。
CMはオンエア中。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.