画像: 劇団EXILE・青柳翔「初めての9人の舞台!楽しみたい」

劇団EXILE・青柳翔「初めての9人の舞台!楽しみたい」

「LDH PERFECT YEAR 2020」の今年、劇団EXILEは全員で原案をプロデュースし出演もする初めての舞台『勇者のために鐘は鳴る』を上演する。テレビや映画、舞台、音楽、小説......さまざまなフィールドで活躍する9人による全力の舞台。本番に向け、稽古に励むメンバーに聞いた。
ーー以前、本紙のインタビュー企画「LDHバトン」で、いつか集まって劇団EXILE公演をしたいとおっしゃっていましたが、実現しますね!
いろんな方にチャンスをいただきました。赤坂ACTシアターで上演させてもらうのも、すごい光栄なこと。こんなに一緒にいて初めて9人でやる舞台です。楽しみながらやっていきたいと思います。
ーー稽古場の雰囲気はいかがですか?
和気あいあいチームもいれば、話し合いチームがいたり。新しいアイデアを出してケラケラ笑っている人もいたり。楽しいです。
ーー準備期間や稽古場で、メンバーが外で新しい武器を身につけたなと感じたことはありますか?
各々外の現場を経験してきていろんな台本を見てきたから......台本についてうるさくなってる(笑)。自分のところも含めて、話し合いながら、自分が作っていくところは自分が作っていこうと思います。書かれてないところは自分の役として埋めていかなければいけないですから。
ーー秋山真太郎さんが、どなたのキャラクターも濃いと言っていました。青柳さんの役はどんな役なんでしょう......?
どんな役でしょうねえ。自分自身と重なるかといえば、そんなに関係ないかなと思います。稽古をするなかで変更があるかもしれないですけど、歌を歌ったり踊りもでてきます。
ーー青柳さんにとって、舞台に出演することの魅力はどんなところにありますか?
お客さんの温度、体調とか、盛り上がりとかでも左右されていくのが舞台ですよね。拍手もらった時は素直にうれしいです。
ーー「演じる」うえで大切にしていることはなんですか?
人の話を聞くことです。自分なりに「こうしたい」というのもありつつですけど、作品を作るうえで最終的な判断をするのは監督であり、演出家の方です。だから、監督にこうしてほしいと「はい」ってチャレンジします。やってみて判断してもらう。良くなったのか、そうじゃなかったのかは監督さんは分かりますから。
ーー2020年はどんな年にしたいですか?
オリンピックイヤーなので、体を動かし続けていきたいです。運動したいです。走ったり。最近、ロードバイクには乗れてないんですよね。
(聞き手、TOKYO HEADLINE・酒井紫野)
あおやぎ・しょう...劇団EXILEのメンバー。2006年に参加した「EXILE VOCAL BATTLE AUDITION」で俳優としての才能を見いだれ、2009年に舞台『あたっくNo.1』で俳優デビュー。主演作に映画『たたら侍』(2017年)など。音楽活動では2016年6月に歌手デビュー。2019年にフルアルバム『IV』をリリースした。1985年4月12日生まれ、北海道出身。
オフィシャルツイッターアカウント https://twitter.com/aoyagi_official
劇団EXILE『勇者のために鐘は鳴る』
●東京公演
1月24日(金)~2月2日(日)TBS 赤坂ACTシアター
●大阪公演
2月13日(木)~2月16日(日)梅田芸術劇場メインホール
□劇団EXILE 公式サイト: https://m.tribe-m.jp/artist/index/26

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.