画像: 武蔵プロデュース大会で日本vsオランダの3vs3対抗戦開催【1・13 MUSASHI ROCK FES】

武蔵プロデュース大会で日本vsオランダの3vs3対抗戦開催【1・13 MUSASHI ROCK FES】

武蔵プロデュースの格闘技と音楽がミックスしたイベント
元K-1ファイターの武蔵がプロデュースする格闘技と音楽がミックスしたイベント「MUSASHI ROCK FESTIVAL2020」(1月13日、東京・豊洲PIT)の前日計量と記者会見が1月12日、都内で開催された。
同イベントは「Battle Stage」と「Live Stage」の2つで構成され、音楽ライブとキックボクシングが交互に行われるスタイル。
キックの試合は武蔵が率いる全日本チームとピーター・アーツとアーネスト・ホーストが推薦するオランダチームの3vs3の全面対抗戦が行われ、この日行われた計量では全6選手が規定体重をクリアした。
対抗戦の第1試合は麻原将平vsピエトロ・ドゥリャのライト級戦。
麻原は「明日はロックよりも熱い試合をして会場を盛り上げたい。そして絶対自分が勝つ。相手は筋肉が凄い。攻撃も固そう。でも僕のほうが攻撃は強いと思うので明日は絶対勝つ」と意気込めばドゥリャは「明日の戦いを楽しみにしてきた。日本のファンにもいいファイトを見せられるように頑張りたい。今までずっと練習をしてきているので、必ず明日は勝てるように頑張りたい。互いに準備をしてきていると思うのでいいファイトをしましょう」と応じた。
T-98の「すぐに終わらせる」にボカユアも「僕がすぐに勝つ」と応戦
第2試合はT-98 vsイリアス・ボカユアのミドル級戦。
T-98は「明日はロックよりキックのほうが熱いと思うので会場がブチ上がるような激しい試合をして勝ちたい。相手はいい顔をしていたのでいい試合になると思う。わざわざ遠いところから来てもらったのに悪いがすぐに終わらせると思うので、目を離さないで見ていてほしい」と言えば、ボカユアも「日本に来るのが初めてなので、まず呼んでくれてありがとう。日本のファンに会えることをすごく楽しみにしていた。明日は申し訳ないが、僕がすぐに勝ちます」とともにKO宣言。
第3試合は山下力也vsバダ・フェルダオスのヘビー級戦。
フェルダオスは日本のヘビー級のトップファイターであるRISEヘビー級王者の清水賢吾を2018年6月に1RKOで破っている強豪。
山下が「明日はヘビー級らしいバチバチの打ち合いで勝ちたい。KO勝ちしたい。相手は清水賢吾選手にもKO勝ちをしているので、(打撃の)威力はあると思うが打ち合って打ち合って最後はKOで勝ちたい」と話せば、フェルダオスは「日本にまた戻ってこれてすごくうれしい。試合については明日になってみないと分からないが、簡単な試合になると思っていて、すぐにKOしようと思っている」と自信を見せた。
ボカユア「人に見せるという点では音楽もキックボクシングも一緒」
また今回のイベントは普段の格闘技の大会とは趣が異なるものとなるのだが、各選手とも「格闘技を見るのが初めての人が多いと思う」ということを意識したうえで、麻原「もっと試合を見たいと思ってもらえるような試合をしたい」、T-98「音楽ファンにもムエタイゴリラを知ってもらうチャンスだと思う。求められるのはKO勝ちだと思うので期待に応えようと思う」、山下「格闘技を知らない人でも楽しめるのはバチバチの打ち合いだと思う」などと特別な意識を持って試合に臨むつもり。
オランダチームのドゥリアも「僕たちは格闘家である一方、アーティストでもあると思う。その中でいい戦いをするために日々常にトレーニングしている。格闘技を身近に感じられていない人にも非常に楽しめるイベントになっているのではないかと思っている」、ボカユアも「面白いコンビネーションだと思う。キックボクシングは日本でも長い歴史があって、ある程度成立している格闘技。その中で人に見せるという点では音楽と一緒。コンビネーションをうまく生かして、みんなでいい試合をして、来たお客さんを楽しませられれば」などとキックボクシングの底辺拡大へ意欲を見せた。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.