画像: リリー・フランキーと斎藤工が深夜に人情ドラマ「目で追っちゃう」

リリー・フランキーと斎藤工が深夜に人情ドラマ「目で追っちゃう」

16日に放送スタートする連続ドラマ『ペンション・恋は桃色』(フジテレビ、毎週木曜25時25分~。一部25時35分~)の取材会が11日、都内で行われ、W主演するリリー・フランキーと斎藤工が出席した。
『ペンション・恋は桃色』は、リリー演じる惚れっぽくてスケベな中年男シロウが営むペンション「恋は桃色」を舞台に展開する人情ドラマ。ペンションには、斎藤演じるワケあり青年ヨシオをはじめ、同棲中の彼に浮気された女性や、彼女を追いかけて来た彼氏など、いろいろな問題を抱えた人がいろんな理由でやってくる。
山中湖のペンションに合宿して撮影。リリーは、「(宿泊する)ペンションから(撮影する)ペンションに通うような感じで、どこまでが撮影か分からないところがあった」。宿泊先のペンションでは、自然とストーブの周りに集まり、お互いに質問をしたり、語りあったり。そこで話したことが、すぐに昼間の撮影に反映されたりしているという。
リリーや斎藤はもちろん、、ペンションにやってくる個性的な面々、そのやりとりがドラマの見どころ。
「どこが台本でどこがアドリブか分からないと思う」とリリー。「いきなり撮ったりするので、瞬発力的なものが必要になったり。撮影時にアドリブにならざるを得ないところもありました。SWAYくんは自前の金歯で来るから、“うわっ、金歯じゃん!”って。それ以降、“金歯くん”になった」。
リリーと斎藤自身ではないかと思われるやりとりやシーンも。リリーは「シロウのようにポップに人生を送っているわけではないが...」としたうえで、「知らないうちに、自分が思っていたことを言ってしまうような、迂闊な空気があった」。
斎藤も「温泉にいろんな動物が入ってきて、平和協定を結びましょうという空気があった気がします」と笑った。
また、シロウの娘でペンションを切り盛りするハルを演じ 伊藤沙莉の存在感も大きい。
「娘役が沙莉ちゃんというのがやりやすかった。“包容力のあるいい子感”がすごくて。この娘がいるからこの親あり、というものをちゃんと見せてくれる」と、リリー。
ドローンによる映像も見逃せない? 撮影は斎藤が担当している。
「撮影の直前に、『王様のブランチ』(TBS)の「買物の達人」でドローンをゲットしたんです。山中湖ですし練習しようと持っていったら、ペンションの方が絶景ポイントに連れていってくださった」と、斎藤。
リリーによれば、斎藤のドローンによって「ドラマ史上画期的な終わり方になっている」という。
火を見つめるように「目で追っちゃう」ドラマ
16日から放送スタート。
「暖炉の火みたいな作品だと思う。ずっと火を目で追っちゃうような。今はあまりザッピングをしないのかもしれませんが」と、斎藤。
リリーも「ネットドラマに夢中になっているこの時代に、テレビも面白いじゃんって思っていただけるんじゃないかな」と話した。
他出演に、細野晴臣、筧美和子、SWAY、三倉茉奈、つぶやきシロー、大水洋介(ラバーガール)、JOY、石田たくみ(カミナリ)、安藤ニコら。
主題歌は、細野晴臣の「恋は桃色」。
『ペンション・恋は桃色』公式サイト:https://www.fujitv.co.jp/pension-koihamomoiro/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.