画像: 韓国発のグローバルスーパールーキーTOMORROW X TOGETHERに2000人が熱狂!

韓国発のグローバルスーパールーキーTOMORROW X TOGETHERに2000人が熱狂!

韓国発の男性5人組グループ、TOMORROW X TOGETHER(トゥモロー・バイ・トゥギャザー)が、 15日に日本デビューシングル『MAGIC HOUR』をリリース、同日発売記念イベントを六本木ヒルズアリーナで開催した。イベントでは、メンバーによるトークとミニライブが行われ、2000人が熱狂した。
イベントにはCD購入者のなかから抽選で招待された2000人が来場。メンバーはビリビリするような歓声を浴びながら登場すると、待ちわびていたファンにあいさつ。日本でデビューすることについて、SOOBINは「すごく楽しみですが、日本語がまだまだなので素直に言うと緊張しています! でもこれからなので、頑張ります!」。
初挑戦した日本語でのレコーディングについて、HUENINGKAIは「発音が難しくて少し苦労はしたんですけど、いつも通り楽しくレコーディングしました」。BEOMGYUは。収録されている「9と4分の3番線で君を待つ(Run Away) [Japanese Ver.] 」のミュージックビデオについて、「撮影セットがゲームセンターみたいで、そこにあったゲーム機でメンバーと一緒にゲームしたりしました」と明かした。
トークパートでは、日本についての質問も。YEONJUNは日本の好きな食べ物について聞かれると、「ラーメンがすごくおいしいと聞いたので、食べてみたいです」。今後、日本でやってみたい事について聞かれたTAEHYUNは「いろんなところを回りながらコンサートツアーをしたいと思います」と話した。
この日は、 シングルに収録されている「9と4分の3番線で君を待つ (Run Away) [Japanese Ver.]」と「ある日、頭からツノが生えた (CROWN) [Japanese Ver.]」をライブパフォーマンスした。オーディエンスも、ピンクと青のサイリウムをふったり、お手製のグッズを掲げて、応援した。
イベントでは、グループ名にちなんで、TT兄弟(チョコレートプラネット)が寄せたお祝いのビデオメッセージも紹介された。メンバーは、ビデオのなかで繰り返された、TT兄弟のリズムネタをあっという間に吸収して、TT兄弟を真似して会場を笑わせた。
グループは、23日に、池袋のサンシャインシティ噴水広場で「TOMORROW X TOGETHER 日本デビューシングル「MAGIC HOUR」発売記念Encoreイベント 」を開催する。ミニライブはフリー観覧。ステージ前の優先エリアでの観覧には「優先観覧エリア入場整理券」が必要になる。「優先観覧エリア入場整理券」は、当日会場で対象商品を購入した人を対象に抽選で配布される。
□TOMORROW X TOGETHER 日本公式サイト: https://txt-official.jp/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.