画像: ふわふわで愛にあふれるファッションブランド「CLOTTY」の誕生秘話【FRONT LINE in 韓国】

ふわふわで愛にあふれるファッションブランド「CLOTTY」の誕生秘話【FRONT LINE in 韓国】

世界中どこでもファッション&ビューティにみんなが夢中。今はインスタで地球の裏側のトレンドだって、1タップでチェックできるけど、やっぱり現地で自分の肌で感じるものこそが本物の最先端、トレンド!【FRONT LINE】は、モデル、DJ、コラムニストとしても活躍する、一木美里が現地に飛び、最前線をリポート。世界からファッション&ビューティのリアルなトレンドを発信します。 今回はK-POP、K-Beautyと世界から注目を集める韓国の最前線をリポート!
今回は”わたあめ”のシンボルが可愛い!「CLOTTY」のファッションブランドデザイナーKIM YEON SOOさんへお話を聞いてきました。
―――ブランドのシンボルは綿菓子なのですね。
ブランドを創るとき、好きなことをインスピレーションにしようと考えました。結婚を控えていたころで、当時は恋人だった今の夫のお気に入りで、よく食べていた綿菓子が浮かびました。ふわふわして甘い綿菓子は、私を愛らしい気持ちにしてくれました。女性をターゲットしたブランドにも適切なシンボルだと判断して綿菓子をシンボルとした「CLOTTY」が誕生したんです。
―――ブランドのコンセプトについて教えてください。
綿菓子のロゴ、日常で交わるユニークなカラー感でユースカルチャーを意識したヤングカジュアルブランドです。ブランド名であるCLOTTYには、シグネチャシンボルである綿菓子から連想したもので、「モングルモングル=ふわふわ」という意味を込めています。
―――ブランドを展開していく中で、一番大変大変だったことは何ですか?
単発ではなく、継続的に使用されるシンボルとロゴで展開されるブランドなので、シンボルとネーミングを構築するまでには長い時間が必要で難しかったです。綿菓子で愛らしさを表現しましょうという意見が集まってからは、楽しみのほうが大きくなりました。
―――あなたにとって「CLOTTY」はどんな存在でしょうか。
チームのメンバー全員が愛情を注いでいるブランドです。どのようにしたらさらに発展させることができるか、より多くの人々に愛されるかについて、常にメンバーと意見を交わして悩んでいます。
ーーー素敵ですね。お洋服から愛情を感じます。着心地もよく、とてもかわいいです。
ありがとうございます。そう言ってくださると、うれしいです。
―――最後にブランドのアピールポイントを一言でお願いします。
綿菓子のシンボル、メインロゴ、シグネチャーカラー3つの特徴を持っているブランドです。 綿菓子の由来を大切に、愛と幸せを分けたいと思います!
ーーーありがとうございました!
「CLOTTY」が気になった方はMORUGI(モルジ)へ!
【MORUGI】
”あたたがまだ知らない韓国ファッションを楽しんでほしい”
韓国の様々なファッションアイテムを購入できる場であり、旬のトレンドや情報が楽しめるキュレーション型ECサイト
ECサイト: https://morugi.com
Instagram : @morugi_officlal (https://www.instagram.com/morugi_official/ )

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.