画像: 武尊が世界中の「世界王者」に宣戦布告【3・22 K-1】

武尊が世界中の「世界王者」に宣戦布告【3・22 K-1】

K-1&ISKAのダブルタイトル戦で15戦無敗のアダム・ブアフフと対戦
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN 〜K'FESTA.3~」(3月22日、さいたまスーパーアリーナ メインアリーナ)の第1弾カード発表会見が1月18日、都内で開催された。
K-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者・武尊がISKA世界ライト級王者のアダム・ブアフフとダブルタイトルマッチを行うことが発表された。
武尊は昨年の「K'FESTA.2」でムエタイの強豪ヨーキッサダー・ユッタチョンブリーと対戦し、KO勝ちを収めたものの、右拳を痛め長期休養。11月に行われた横浜大会での村越優汰戦で復帰を果たし、判定勝ちを収めた。
ブアフフは15戦15勝9KOという戦績を誇る強豪。武尊の対戦相手として白羽の矢が立ち、交渉の過程の中でダブルタイトルマッチとする案が浮上し、今回の決定となった。
これまで日本でISKAのタイトルマッチが行われたことはあるが、K-1王座とのダブルタイトルマッチは史上初。試合は体重は60.0kgでK-1ルールで行われる。ISKAはさまざまなルールでの王座を認定しているのだが、ブアフフは限りなくK-1ルールに近い「オリエンタルルール」の王者とあって、ルールによる有利不利というものは特にないもよう。
「K-1以外の世界チャンピオンはいてはいけない」
武尊は「今回、ダブルタイトルマッチを組んでもらって光栄。K-1の世界チャンピオンである以上はK-1は世界一の大会で、チャンピオンは世界一の選手にならないといけない。それを証明する試合をしていきたいという思いがあるので、今回こうして世界チャンピオンと戦えるのは光栄。負けたらK-1のベルトが海外流出してしまう。勝って、ISKAのベルトを持ち帰り、K-1のベルトを守りたい」などと意欲を見せた。
相手のブアフフについては「アグレッシブで強い打撃を持っている選手。今までやってきた海外の選手たちも映像で見た時より実際に戦ってみると強さの違いがあることが多いので、今回も気を引き締めて練習していきたい」と話した。
ISKAというタイトルについては「魔裟斗さん、バンナ選手、卜部兄弟だったり、みんなが挑戦して獲っていたベルトなので、それに続きたいという気持ちはあるし、K-1の世界チャンピオンとしてはK-1以外の世界チャンピオンはいてはいけないと思っている。これから現役であと何試合できるか分からないが、守る試合より、海外でK-1の強さを証明する試合をしていきたいという気持ちは強かった。海外でも試合をしたいとK-1にも話をしていて、その中でヨーロッパの選手にチャレンジして、ISKAの世界タイトルのベルトを獲りに行きたいとは思っていた。今回こうして、挑戦できるのはうれしく思っている」などとかねてから海外の他団体の王座への挑戦を希望していたことを明かした。
「世界にも日本にも世界チャンピオンを名乗っている選手はいる」
この試合に勝てば海外で防衛戦を行う機会も出てくるが武尊は「防衛戦も大事だと思うが、守る試合ではなく挑戦する試合、ベルトを獲りに行く試合をしたい。まだ世界にも日本にも世界チャンピオンを名乗っている選手はいるので、K-1のベルトの価値を高める試合をしていきたい」などと世界に数多くいる「世界王者」に宣戦布告。最後に改めて「K-1は世界一の団体。僕はそれを証明する立場だと思う」と勝利を誓った。
この日はこのダブルタイトルマッチを含む3つのタイトル戦を発表。ウェルター級王者の久保優太がジョーダン・ピケオー、スーパー・ライト級王者の安保瑠輝也が不可思を相手にそれぞれタイトルマッチを行う。
また武居由樹、江川優生、林健太、KANAの4王者の参戦も発表された。
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K'FESTA.3~」(3月22日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ メインアリーナ)
〈この日発表されたカード〉
◆K-1 WORLD GP&ISKAダブルタイトルマッチ
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST) 武尊 vsアダム・ブアフフ (モロッコ/Multi Fight Boxing Academy/TEAM Samchaoui)
◆K-1 WORLD GPウェルター級タイトルマッチ
(日本/王者/K-1ジム五反田チームキングス) 久保優太vsジョーダン・ピケオー (オランダ/挑戦者/Mike's Gym)
◆K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチ
(日本/王者/team ALL-WIN) 安保瑠輝也vs不可思 (日本/挑戦者/クロスポイント吉祥寺)
〈出場予定選手〉
武居由樹(第2代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者/日本/POWER OF DREAM)
江川優生(第3代K-1 WORLD GPフェザー級王者/日本/POWER OF DREAM)
林健太(第3代K-1 WORLD GPライト級王者/日本/FLYSKY GYM)
KANA(初代K-1 WORLD GP女子フライ級王者/日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.