画像: カード発表会見で久保優太が妻のサラさんに「帰ってきてください」【3・22 K-1】

カード発表会見で久保優太が妻のサラさんに「帰ってきてください」【3・22 K-1】

ついに対日本人無敗のピケオー迎えタイトル戦
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN 〜K'FESTA.3~」(3月22日、さいたまスーパーアリーナ メインアリーナ)の第1弾カード発表会見が1月18日、都内で開催された。
前日にYoutubeで「K'FESTA.3」参戦をフライング発表していたK-1 WORLD GPウェルター級王者・久保優太の参戦が改めて発表された。対戦相手は予告通りのジョーダン・ピケオーだった。
ピケオーは現Krushスーパー・ウェルター級王者で2015年の初来日以来、日本人には無敗。その中身は佐藤嘉洋から始まり、木村"フィリップ"ミノル、野杁正明といったK-1のトップ戦線を形成する選手、そして近藤魁成といった次代のエース候補まで粉砕。文字通り、久保は最後の砦といった存在だ。
久保は昨年の「K'FESTA.2」で城戸康裕相手に王座を防衛して以来の試合となる。
ピケオーから「やっと久保をぶっ倒すことができることができてうれしい。俺は久保の心も体もすべて破壊するつもり」などとしたコメントが寄せられると久保は「まず心は去年の借金騒動に先日の引退騒動ですでにぶっ壊れています(笑)。(妻の)サラちゃんもいない。昨日、SNSに“旅に出る”と飛行機の画像が上がっていて、連絡が取れないような状態。公共の電波を通じて言うのもなんですが、本当に帰ってきてください」と懇願するなど相変わらずのお騒がせぶり。
徐々に「試合の時は真面目」モードでピケオー対策をちらり
しかし「そういうこともあって、カッコいいところを見せないといけない。サラちゃんは格闘代理戦争を通じて格闘技を知ったくらい格闘技を知らなかった人。調べていくうちに“久保がピケオーから逃げているんじゃないか”というコメントを見て、“それはダサい”と言われた。ピケオーvs久保は皆さんが待ち望んでいるカード。また日本人無敗で来ているが自分しか勝てる選手はいないと思うので、日本人最後の砦として頑張ろうかなと思う。僕は試合の時は真面目。あまり応援されていないかもしれないが、ピケオーを応援しているファンの期待を裏切ろうと思う」などと徐々にやる気を見せ始める。
1年ぶりの試合でコンディションが懸念されるが「今回は強豪相手なので明日から、いや明後日から練習を再開しようと思う」とのこと。久保曰く「映像を見て研究するのが練習」とベテランらしく相手の分析と戦略の構築が、まず先のよう。
そして「向こうは僕みたいなスタイルは苦手だと思う。イメージはできているので、明後日から練習を再開して、それを自分の体に落とし込む作業をしていく」とすでにその分析は着々と進行中。
日本人がピケオーに勝てていないことについては「結局フィジカル負けしてしまっている。そこまでに行き着く過程をしっかり踏んでいかないといけない。当日は日本人がピケオーを攻略できる方法を見せたい。それを楽しみにしてもらえればうれしい」などと最後は「試合の時は真面目」に偽りのないコメントで締めくくった。
スーパー・ライト級王者・安保瑠輝也が不可思を相手に2度目の防衛戦
また昨年末の名古屋大会でゲーオ・ウィラサクレック相手に防衛を果たしたスーパー・ライト級王者の安保瑠輝也が不可思を相手に2度目の防衛戦に臨む。
不可思も名古屋大会に出場し、地元の大先輩である大和哲也を相手にKO勝ち。不可思は昨年からK-1グループに参戦し、初戦の佐々木大蔵戦ではカットによるドクターストップでTKO負けを喫したものの、その後、堀井翼、大和に連続KO勝ち。K-1グループではまだ3戦ではあるが、これまでの他団体での実績も評価され、今回のタイトルマッチが実現した。
不可思が「3月のさいたまスーパーアリーナ大会はもちろん出たいと思っていて、盛り上がる相手とやりたいと思っていたが、タイトルマッチのお話をいただいて、僕も最初は“まじっすか?”って感じで驚いた。“もう来たか”という感じだったが、やらせてもらえるので、ベルトを取っちゃおうと思っています」と話す。
これに対し安保は「不可思選手、大チャンスですね。頑張ってください。以上です」とにやり。
タイトル戦が続くことについて安保は「チャンピオンは1回負けたらチャンピオンじゃないので、タイトルマッチでも全然問題ない。どんどんやっていきたいというわけではないが、1試合1試合タイトルマッチの気持ちでやっているんで問題ない」と話した。
安保「実力差はある。受けて立つ」、不可思「受けてくれて感謝している」
冒頭の不可思を茶化したような発言については「外の団体でベルトもたくさん取っているし、もともと戦いたい選手だった。ただK-1で3戦で負けてもいるのにそういう意味ではすごいチャンスをもらったと思うので、そういう意味で“大チャンス”だと言った」と微妙な言い回し。
互いの印象については不可思が「派手な技とか倒す攻撃もあって、実力ばかりではなく、お客さんを楽しませて盛り上げようという意識を持っている選手だと、K-1に来る前から思っていた」と話し、「今回この話を受けてくれてありがとうと言いたい。相手からすれば断ることもできたのに受けてくれたので感謝している」と言えば、安保は「キャリアも不可思選手のほうが長い。自分がオープニングファイトに出ていた大会でメインに出ていた選手。昔から知っているが、ファイターとしての印象はない。筋トレすごいしてるな、という感じ」などと話したうえで「K-1では僕のほうが上。不可思選手が負けた選手にも僕はしっかりと勝っている。そういう意味では僕の中では実力差はあると思う。受けて立つという感じ。ファイターとしてはかみ合うと思うので試合は楽しみ。なのでこの試合を受けた。楽しみにしてほしい」などと王者としてのプライドを見せた。
この日はこの2試合のほかにK-1 WORLD GPスーパー・フェザー級王者・武尊とISKA世界ライト級王者のアダム・ブアフフによるダブルタイトルマッチも発表。
また武居由樹、江川優生、林健太、KANAの4王者の参戦も発表された。
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K'FESTA.3~」(3月22日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ メインアリーナ)
〈この日発表されたカード〉
◆K-1 WORLD GP&ISKAダブルタイトルマッチ
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST) 武尊 vsアダム・ブアフフ (モロッコ/Multi Fight Boxing Academy/TEAM Samchaoui)
◆K-1 WORLD GPウェルター級タイトルマッチ
(日本/王者/K-1ジム五反田チームキングス) 久保優太vsジョーダン・ピケオー (オランダ/挑戦者/Mike's Gym)
◆K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチ
(日本/王者/team ALL-WIN) 安保瑠輝也vs不可思 (日本/挑戦者/クロスポイント吉祥寺)
〈出場予定選手〉
武居由樹(第2代K-1 WORLD GPスーパー・バンタム級王者/日本/POWER OF DREAM)
江川優生(第3代K-1 WORLD GPフェザー級王者/日本/POWER OF DREAM)
林健太(第3代K-1 WORLD GPライト級王者/日本/FLYSKY GYM)
KANA(初代K-1 WORLD GP女子フライ級王者/日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.