画像: 「川村毅劇作40周年&還暦 三作品」その2作目 ティーファクトリー『クリシェ』

「川村毅劇作40周年&還暦 三作品」その2作目 ティーファクトリー『クリシェ』

劇作家で演出家の川村毅にとって2020年というのは劇団「第三エロチカ」を旗揚げして40年、自身の新作戯曲をプロデュースするカンパニー「ティーファクトリー」を立ち上げてからも20年という節目の年となる。
ということで昨年10月から「川村毅劇作40周年&還暦 三作品」と題して3作品を発表する企画がスタート。今回はその2作目。
この『クリシェ』は第三エロチカ時代の1994年に「ネオ・グラン=ギニョル三部作」の第一弾として上演された作品。映画『何がジェーンに起ったか?』『サンセット大通り』へのオマージュの色濃い、元女優の姉妹が繰り広げる、文字通りクリシェ(紋切型)なサイコサスペンス。今回は大幅にシンプルに改作し「女優をやめられない」姉妹の老いと向き合う姿をコミカルに描いていく。
物語の舞台は社会から断絶した中年姉妹が2人きりで暮らしている館。2人は『何がジェーンに起ったか?』のように元人気女優。老いさらばえた姿にもかかわらず、本人たちの間では時は止まったまま。そしてこの館と2人にはなにやら秘密があるよう。
物語の語り部として登場するのは、この2人の秘密を探ろうと劇作家募集の広告に公募してきた若い劇作家の男。果たして姉妹の秘密とはいったいなんなのか...。
この元女優姉妹を演じるのは花組芝居の座長であり中心役者でもある加納幸和と川村毅。
川村が俳優(女優としても)として舞台に立つのは昨今ほとんどなく、かなり貴重な舞台となりそうだ。また金曜の終演後には還暦祝トークが行われる。
ティーファクトリー『クリシェ』
【日時】1月29日(水)~2月2日(日)(開演は水木19時、金日15時、土15時/19時。開場は開演30分前、当日券は開演1時間前)
【会場】あうるすぽっと(池袋)
【料金】全席指定 一般前売6000円、当日6500円/豊島区民割引5500円、障害者割引5000円、平成生まれ特別価格3100円、還暦祝ペアチケット7000円
【問い合わせ】ティーファクトリー(TEL:03-3344-3005〔HP〕 http://www.tfactory.jp/ )
【作・演出】川村 毅
【出演】加納幸和、鈴木裕樹、笠木 誠、秋葉陽司、松原綾央、高木珠里、伊東 潤、川村 毅

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.