画像: 生田斗真、最新主演舞台での座長っぷりにキャスト陣がほれぼれ! 中山優馬が「ほとんど完璧!ただ......」

生田斗真、最新主演舞台での座長っぷりにキャスト陣がほれぼれ! 中山優馬が「ほとんど完璧!ただ......」

生田斗真が主演する、いのうえ歌舞伎『偽義経冥界歌』の記者会見が21日、都内で行われ、生田、りょう、中山優馬、藤原さくらら主要キャストらが登壇した。
旗揚げから39年を迎えた劇団☆新感線による最新公演。“サンキュー興行”と銘打ち、本作を2019年3月から上演している。大阪で幕開けし、金沢、松本にて上演。そして2月15日から東京公演をTBS 赤坂ACTシアターで、そして福岡の博多座で締めくくる。
生田は、主人公の偽義経、源九郎義経を演じる。劇団☆新感線には4度目の参加で、いのうえ歌舞伎シリーズ新作には初めての主演。
「2019年の春公演で本当にたくさんのお客さんに喜んでいただけたという実感を持って今日を迎えています。“令和版”偽義経は、さらにクオリティーが上がった状態で見てもらえる。いのうえさんが作りたい劇団☆新感線、お客さまが見たい劇団☆新感線のお芝居が出来上がったと思っている。東京、博多に来られるお客様には楽しみにしてもらえたら」。
演出のいのうえひでのりによれば「劇団☆新感線史上、一番立ち回りの多い芝居」。
「2019年、大阪、金沢、松本とやってきた。その前は豊洲でぐるぐる回ることばかりやっていたので、普通の小屋でやるのは、その前が斗真の『Vamp Bamboo Burn!~ヴァン!バン!バーン!~』で3年前。中島君の書くいのうえ歌舞伎の新作も5年半ぶりになるので、いろいろドキドキしていたんです。久しぶりにやるということで気合が入って、いろいと詰め込みすぎて、結果的に歴代のなかで一番立ち回りの多い芝居になってしまって、こんなはずではなかったなと。若手中心の公演になるから頑張ってもらおうと、階段、(斜めになる)八百屋舞台と作ってみると、ことのほか、うちのおじいさんたちが駆け回ることになってしまった。(この公演は)ブラッシュアップして削って10分ぐらい短くなると思う。面白くなっていると思います」
生田も、「いのうえ歌舞伎ならではの けれん味というか、スペクタクルの物語になっています。階段、斜めの舞台、階段、斜めの舞台、なんですよ。お客様にとっては前に迫ってくるような感じで楽しんでもらえると思いますが、我々は常に斜めの状態。ひいひい言いながら、みんなで力を分け与えながらやっている」と、笑った。
中山優馬は本作で劇団☆新感線に初参加。「昨年の公演がすごく楽しくて、終わってしまうのが寂しくて、もっとやりたいもっとやりたいと言う感じだった。今年はたくさん公演があるということで、喜んでいます」と、大きな笑顔。毎日稽古場に行くのが楽しみだという。演じるのは、生田演じる偽義経の弟。生田について「いろいろアドバイスをいただいた。いい兄貴で、いい座長で、いい先輩です」。生田は中山を「頼りになる後輩」だとし、「舞台が好きで、演劇が好きで、お芝居が大好きというのが日々伝わってくる青年。今後もすごく楽しみ」と期待を寄せた。
座長の生田にキャストもスタッフも信頼を寄せる。脚本の中島かずきは「想像以上に光に満ちた作品になっている。キャストのみなさん、特に真ん中に立つ生田斗真君の実力で想定以上の作品になっている」。共演のりょうも「すばらしい座長。全体を見ていらっしゃって、本当に頼りになる」。早乙女友貴も2人で殺陣の稽古をしたことなどを明かした。
記者発表で登壇したキャストはお揃いのシャツを着用していた。これは、生田が「チームワークを高めたい」と贈ったものだという。司会者がそのことを明かすと、生田は「(共演の)りょう様の旦那さまのTOSHI-LOWさんの、BRAHMANがグッズで作っていたんです。いいなと思って、TOSHI-LOWさんにパクッていいですか、と。オッケーをもらいました」とパクリであることを明かした。
会見後の取材で、そんな生田について中山が「斗真君はほとんど完璧なんです。ちょっとムカつくぐらい」ときっぱり。リポーターが“ほとんど”の部分について突っ込むと、「99点です。1点は舞台上のお化粧が下手。毎日、多少顔が違うんです」と、笑った。
東京、博多と長い公演になる。「健康第一で頑張りたい」と生田。そのうえで「舞台はお客様が育ててくれるものだと思っています。力を借りながら最後まで乗り切りたい」と、意気込でいた。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.