画像: ジャンポケ太田と近藤千尋夫妻が公共の施設へのおむつ交換台の設置を訴える

ジャンポケ太田と近藤千尋夫妻が公共の施設へのおむつ交換台の設置を訴える

太田「母乳にも挑戦しようかと」、近藤「生活費も半々。子育ても半々」
昨年10月に第2子が誕生したお笑いトリオ、ジャングルポケットの太田博久とモデルの近藤千尋夫妻が1月21日、都内で行われたイベントで公共の施設へのおむつ台とベビーケアルームの設置を訴えた。
この日、2人は『P&G パンパース「あなたらしい子育てがいちばん。」プロジェクト』記者発表会に登壇した。
同プロジェクトは日本中の子育てをする夫婦を支援すべく立ち上げられたもので、第1弾として道の駅をはじめとした全国の公共施設や商業施設などへおむつ交換台やベビーケアルームの設置支援を順次開始していく。今年中に100カ所をめどに設置していく予定という。
太田は子育てについては「やってるつもりだが、奥さんのお陰で仕事を制限なくやらせてもらっているので、子供と関わっている時間は少ない。でも家に居られる時間は母乳以外は全部やろうかなと思っている。最近は母乳にも挑戦しようかなと思っている。世のイクメンと言われている人は産休なども取っているので、おこがましいことは言えないが“手伝うという感覚はよくない”ということを出産ハウツー本で読んだので実践したいと思っている」などと持論を展開。
近藤は「うちは全部半々、生活費も半々。なので子育ても半々でやっている。いい意味で協力し合っているので、楽しいことも半分だし、悲しいつらいことも半分。それがうまくいっている秘訣かも」などと太田家のルールを明かした。
2人揃って「おむつの交換が大変」
その子育ての中で男の太田が困るのが「おむつ交換台が男子トイレに少ないこと」と言い「外出先でも奥さんしかおむつを変えられないという状況になると、やはり外出したくないという億劫な気持ちになると思う。どこでも平等におむつを替えられるような状況が整うのは子育てをする親子が外出するうえではうれしい。男子トイレに交換台がないと多目的トイレを使うしかなくなるが、そこはそれを必要としている人もいるので、子供専用のおむつを替えられる場所が欲しいと思っていた」などと訴えた。
近藤も「長女と次女の3人でお出かけすることもあるが、長女だけの時ならできていたことで次女がいるとできないことのナンバーワンはおむつ替え。多目的トイレがある時はまだいいが、それでも次の人が待っていたりしたら焦ってしまうし、多目的トイレは広いので長女が踊ったり歌ったりしてしまう。それを見ながらおむつを替えたり、焦ったり。最悪なのは普通のトイレしかない時。膝の上に次女を乗せておむつ替えをしているときに、そのわきで長女が踊っている。そんな時は“今すぐ家に帰りたい!”となります」と切実な現状を訴えた。
近藤の「子供10人」に太田は「育てやすいと思える環境になることが大事」
最後のコーナーでは「自分らしい子育て」を書いたフリップを披露。
太田は「体当り育児」と書き「トライ&エラーの精神。なんでもやってみてダメなことを学んでいく。育児をする男として何が足りないかといったことを発信していく立場になれたら」。
近藤は「周りに頼って心に余裕を」と書き、「産後2カ月ちょっとで仕事に復帰したが、“もう”とか“子供がかわいそう”といった意見もあったが、赤ちゃんにも私にも負担がなく育児ができているのは周りの皆さんのお陰。“人に頼るのは無責任じゃないか”という人もいると思うが、私は甘えたぶん恩返しして、その人が困った時は逆に私たちが助けられるという関係性が築けたら、自分にも心に余裕ができて子供だけじゃなく旦那さんにも優しくできて、地球が平和になるんじゃないかと思う。それは2人目の育児で学んだ。1人目を生んですぐの時は余裕がなくて旦那さんをフルボッコする勢いで思ってもいないようなことを言ってしまったりした」などと振り返った。
そして「ちょっとでもお母さんお父さんが育児のしやすい環境になればいいなと思っている。うちも今は子供2人ですけどいつかは10人くらい(笑)」とまさかの「10人きょうだい」宣言をすると太田は「奥さんのインスタに長女と次女を抱きかかえて“3人目が欲しい”と書いてあって若干震えた(笑)。でも、それくらいいても育てやすいなと思える環境になることが大事」などと続いた。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.