画像: 「SDGs」認知向上に浜田ブリトニー、森下裕美、平松伸二ら18人の漫画家が集結

「SDGs」認知向上に浜田ブリトニー、森下裕美、平松伸二ら18人の漫画家が集結

プロデューサーの浜田は“したたかギャル”メイクで登場
漫画家でタレントの浜田ブリトニーがプロデューサーを務めるSDGs×マンガのチカラ制作委員会が1月22日、都内で「SDGs×マンガのチカラ」制作発表会見を開催した。
「SDGs」は持続可能な開発目標として2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継目標として、2015年9月の国連サミットで採択されたもの。17のゴールと169のターゲットから構成され、日本でも外務省の指導の下、国だけではなく各地方自治体やさまざまな企業が取り組んでいる。
しかし日本ではまだまだ認知度は低いということで、クールジャパンの象徴である漫画を使って認知度を高めていこうというのがこの試み。
漫画家の代表を務め、監修やメンバーの選出、そして自らも執筆するプロデューサーの浜田はこの日、かつてのギャルメイクで登壇し「今日は昔のホームレスギャルから、SDGsを漫画化することを宣伝するために“したたかギャル”に変身させていただきました。私がSDGsを知るきっかけは自分の子供が大人になった時にどんな世界になるのかと考えたこと。このままではいけない、ということで17の目標を知ることができました。それに向けて漫画家を集めて漫画で伝えられたらいいなと思ってこの企画を進めました」と挨拶した。
『少年アシベ』の森下裕美氏は「陸の豊かさも守ろう」をテーマに執筆
今回の企画には『課長・島耕作』の弘兼憲史氏、『Dr.コトー診療所』の山田貴敏氏ら18人の漫画家が集結。SDGs自体とSDGsが掲げる17の目標をテーマに作品を書いた。
この日は4人の漫画家が諸事情で欠席したものの、残る14人の漫画家が出席。『少年アシベ』の森下裕美氏は「“陸の豊かさも守ろう”といういいテーマをいただいた。今日は来る途中でどこかにティッシュを捨てる場所がないかと思って探したがなかなかなかった。でもそれを私が道とかに捨てるとみんなの思いが台無しになっちゃうから絶対に捨てちゃいけないと思って、ずっと握りしめて、ここに着いてからごみ箱に捨てました。そういう思いが大事。ゴミは決まったところに捨てる。街をきれいにする。海をきれいにする。そういう思いを大事にしたいなということをみんなに伝えたい」などと、ここに来るまでのエピソードを交え挨拶。
『ドーベルマン刑事』の平松伸二氏はSDGsを「スーパー・ド外道たち」と解釈
『ブラックエンジェルズ』『ドーベルマン刑事』の平松伸二氏は「勧善懲悪の漫画、善を勧めて悪を懲らしめるという、ド外道たちをやっつける漫画を書きます」としたうえで「SDGsの頭文字を見て“スーパー・ド外道たち”と思った。それで僕のところに依頼が来たのかなと思った。それでどういうテーマをもらったかというと“平和と公正をすべての人に”。いまだに世界中に紛争があり、不公正がまかり通っているとあって、僕に紛争とか不公正をやっつけてほしいという意味で受け取った。でも国連や外務省が絡んでいるので、あまり流血してはいけないので、去年、日本中にブームを巻き起こしたラグビーのネタで書かせてもらった。結構面白くエンターテインメントにできていると思うので、皆さんに関心を持って少しでもスーパー・ド外道たち=SDGsが広まればいいと思っている」などと独特の発想でSDGsの認知の拡大に貢献するつもりのよう。
浜田「認知率100%を目指したい」
テーマの振り分けについては浜田は「倉田よしみ先生は『味いちもんめ』を書いてらっしゃるので食に関すること。『Dr.コトー診療所』の山田貴敏先生は医療といったように、この先生でなければ書けないというテーマをしっかり振り分けて参加していただいた」と話した。
作品については講談社から初夏をめどに発売の予定で、現在、製作委員会のホームページでは「SDGsってなに?」という導入の漫画が無料で公開されている。
浜田は最後に「日本での認知率は18%くらい。漫画家さんの認知率は非常に高くなっている。この漫画を通じて先生方のもともとのファンや、SNSで拡散したり、さらに人に知ってもらったりして認知率100%を目指したい」と目標を掲げた。
〈各漫画家の担当テーマ〉
テーマ1「貧困をなくそう」御茶漬海苔
テーマ2「飢餓をゼロに」倉田よしみ
テーマ3「全ての人に健康と福士を」山田貴敏
テーマ4「質の高い教育をみんなに」藤沢とおる
テーマ5「ジェンダー平等を実現しよう」浜田ブリトニー
テーマ6「安全な水とトイレを世界中に」栗原正尚
テーマ7「エネルギーをみんなに そしてクリーンに」花津ハナヨ
テーマ8「働きがいも経済成長も」下條よしあき
テーマ9「産業と技術革新の基盤をつくろう」新谷かおる
テーマ10「人や国の不平等をなくそう」ピョコタン
テーマ11「住み続けられるまちづくりを」えびはら武司
テーマ12「つくる責任つかう責任」かなつ久美
テーマ13「気候変動に具体的な対策を」のむらしんぼ
テーマ14「海の豊かさを守ろう」森下裕美
テーマ15「陸の豊かさも守ろう」いがらしゆみこ
テーマ16「平和と公正をすべての人に」平松伸二
テーマ17「パートナーシップで目標を達成しよう」弘兼憲史
巻頭・巻末マンガ 上野祥吾

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.