画像: 家カレーは時短でおいしく、レトルトカレーは専門店ブームを反映「カレー・オブ・ザ・イヤー2020」発表

家カレーは時短でおいしく、レトルトカレーは専門店ブームを反映「カレー・オブ・ザ・イヤー2020」発表

この1年で最も輝いたカレーを表彰する「カレー・オブ・ザ・イヤー2020」がカレーの日である1月22日に発表され、都内で授与式が開催された。授賞式には、大手食品メーカーはもちろん、住宅メーカー、アミューズメント会社などカレー界を盛り上げた面々が集結した。
革新的もしくは画期的でありながらも、まだ世間に十分に知られていない名品に授与するもの。カレールウやレトルトカレー、カレーパウダーといった10の部門がある。
「カレールウ部門」は、エスビー食品の「ワンプロキッチン特製カレー」。リキッドタイプのルウで、薄切り肉を炒め加えるだけで、にんじんやじゃがいもなど具材の入った手作り感のあるカレーができる商品で、売れ行きも2019年10月中旬以降200%超の伸長率と好調だという。社会環境が変化するなかで、自宅で料理をするることが減っている。「時短」や「簡単」は大切なキーワードになっているなかで、5分でおいしくカレーを食べられる本製品が支持を集めた。食品の担当者は「個人的なことですが、今日、娘が受験。朝から元気になって受験してほしいと、朝からカレーを作って頑張って来いよと送り出しました。新しい食シーンが広がるのではないか」と笑顔を見せた。
温めるだけの「レトルトカレー部門」では、ハウス食品株式会社の「選ばれし人気店」シリーズの3品が選ばれた。近年、新しいカレー専門店がブームになっており、それに比例して注目すべき店も増えている。本商品は、グルメサイトの「食べログ」と組んで、注目の専門店とコラボレーションした。発売後、1年間で出荷数量は483万6千個となり、想定を大きく上回っているという。
また、該当商品なしが続いていた「カレーパウダー」では、ハウス食品株式会社の「味付カレーパウダー バーモントカレー味」が受賞。辛くないけれどスパイシーなカレーパウダーは、作るカレーの幅が広がるでけでなく、さまざまな料理に応用することができ、家庭料理も進化すると期待されている。商品の担当者は「働くお母さんのために作った商品」だとし、「まだまだカレーにできることはたくさんあると思う。これからも、喜ばれる商品を提供していきたい」と話した。
ご当地カレー部門で受賞した「黒豚を美味しく食べるカレーの素」は、鹿児島を中心とした住宅メーカー株式会社七呂建設が開発したもの。鹿児島名物である黒豚をおいしく食べられるようにとスパイスなどを配合したカレールウで、自社ショールームを中心に販売し、年間1万個以上を売り上げたという。七呂建設の担当者は「家を提供したあと、家族で団らんを楽しんでもらおうと思って作った」。子どもから大人まで、家族で楽しめるカレールウになっているという。
カレー関連飲食部門受賞したのはカレーパン。「8時間に売れたカレーパンの最多個数」でギネス記録を作った、パンパニティの「ステーキカレーパン」だった。
「カレー・オブ・ザ・イヤー2020」は、革新的もしくは画期的でありながらも、まだ世間に十分に知られていないカレーの名品に授与するもの。「日本のカレー文化の発展に寄与したカレー」「カレー業界に画期的な技術革新をもたらしたカレー」「一部にしか知られていないがカレー愛好家に知らしめる価値のあるカレー、そして、メディアやネット、もしくはカレー業界で話題、注目を集めたカレー」のいづれかの要件を満たすもの。選考対象となるカレーは、カレーを専門的に勉び知識のある「カレー大學」の卒業生が推薦、そのなかから選考委員が選出している。
カレー・オブ・ザ・イヤー2020 受賞商品
■カレールウ部門
「ワンプロキッチン特製カレー」エスビー食品株式会社
■レトルトカレー部門
「選ばれし人気店シリーズ3品」ハウス食品株式会社
■カレーパウダー部門
「味付カレーパウダー バーモントカレー味」ハウス食品株式会社
■外食カレー店部門
「新・カレー専門店 」全国の新・カレー専門店を展開する店舗すべて
■ご当地カレー部門
「黒豚を美味しく食べるカレーの素」株式会社七呂建設
■カレー関連飲食部門
「ステーキカレーパン」パン パニティ
■新規事業部門
「クレーンゲームコーナー/カレーキャッチャー」エヴリデイ東京/株式会社東洋
※クレーンゲームの業界最大規模のカレー専用コーナー「カレーキャッチャー」「カレーハンター直送カレーキャッチャー」を開設。
■企画部門
「飲むカレー CARRY CURRY」株式会社フェリシモ
「カレーを本当にジュースで飲む」というコンセプトの商品。試験販売時は2週間で売り切れに、反響が大きく再生産・販売した。
■社会貢献部門
「 げんきカレー橿原店/みらいチケット」
「みらいチケット」という独自のシステムで社会貢献活動を実施。
■特別賞(カレー大學健闘)部門
※カレー大學卒業生で1年間のカレー活動で成果を上げた企業および商品
レトルトカレー「ガスの助カレー」小田原ガス株式会社
小田原ガス株式会社がノベルティとして製造。5年以上定期的に配布している。
カレールウ「グルテンフリー米粉カレー」塩田製粉株式会社
広島産の米粉、ひよこ豆子を利用した小麦粉不使用(グルテンフリー)でノンアレルギーのカレールウ。
□カレー大學:https://currydaigaku.jp/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.