画像: 映画『キャッツ』来日イベントで日本語版・葵わかな、山崎育三郎らが絶賛「他では見たことない世界」

映画『キャッツ』来日イベントで日本語版・葵わかな、山崎育三郎らが絶賛「他では見たことない世界」

映画『キャッツ』ジャパンプレミアが22日、都内にて行われ、主演のフランチェスカ・ヘイワード、トム・フーパー監督や、日本語吹き替え版に出演した葵わかな、山崎育三郎ら、日本と本国のキャスト、スタッフが登場した。
日本でも人気を誇るミュージカル「キャッツ」を映画『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督が映像化した話題作。
主人公の白猫ヴィクトリア役で映画初主演となった世界的バレエダンサー、フランチェスカは「日本には何度も来ていて、いつも温かく迎えていただいています。皆さんにこの映画をお届けできて光栄に思っています」と笑顔を見せ、フーパー監督はポケットからメモを取りだし「皆さん、こんばんは。トム・フーパーです。吹き替え版『キャッツ』はすばらしいキャストによる力作です」と日本語であいさつ。続けて「月曜は天皇皇后陛下、愛子様とともに特別試写に参加できて大変光栄でした。『キャッツ』の映画化は自分の夢。8歳のときに出会ってからほれ込んで、大きなスクリーンで見てもらいたいと、本作を作りました」とアピール。
そんなフーパー監督が手掛けた本国版を日本語吹き替え版のキャストらも大絶賛。中でも監督の大ファンという、兄貴肌の猫マンカストラップ役・山崎育三郎は「日本でも愛されている『キャッツ』を、僕も大好きなトム・フーパー監督が映画化された本作に携わることができて光栄。収録は初めての経験ばかりで、頭につけたバンドにマイクを仕込んで、実際に体を動かしながら役者さんたちと同じ気持ちで録音しました。僕はミュージカルの世界で育ってきまして、自分のできるすべてをこの作品にぶつけましたので、ぜひ楽しみにしていてください」と胸を張り、ジュディ・デンチが演じる長老猫の声を務めた大竹しのぶは「ジュディの一声ひと声、一息ひと息が私の体を通して皆さんに届けられるよう頑張りましたけど...オリジナルはすばらしいので...両方見ていただきたいです」。グルメな紳士猫バストファージョーンズの声を演じたロバートの秋山竜次は「こんなに有名な作品の映画化に参加できるなんて。まずネコたちに見てほしい」と会場を笑わせた。
主人公ヴィクトリアの声を務めた葵わかなは「この作品がなぜこんなに長い間、人気があるのかというと、いつの時代どんな人が見ても受け取るものがそれぞれにあって、そこに正解はなくて、だからこそ間違いもなくて、多くの人を受け入れてくれるから多くの人に受け入れられる作品だからじゃないかなと思います。今の映像技術があるからこそできた映画なので、ぜひ楽しんでください」と語った。山崎も「フーパー監督の魔法にかかってください。こんな世界は他に見たことがありません」、グリザベラ役で名曲「メモリー」を歌う高橋あず美は「映画でしか発見できない『キャッツ』の魅力がつまった作品」、秋山は「見れば自然と足が踊りだします」とアピールした。
映画『キャッツ』は1月24日より全国公開。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.