画像: 新田真剣佑、舞台挨拶で30秒小走りチャレンジに「無理無理...面白すぎ!」

新田真剣佑、舞台挨拶で30秒小走りチャレンジに「無理無理...面白すぎ!」

映画『サヨナラまでの30分』の公開記念舞台挨拶イベントが25日に都内で行われ、俳優の新田真剣佑、北村匠海、久保田紗友、葉山奨之、上杉柊平、清原翔と萩原健太郎監督が登壇した。
タイトルの数字“30”にちなんで出演者全員が「30秒チャレンジ」を行い、1万円相当の超豪華肉尽くし弁当を賭けた2種類のゲームに挑戦することに。新田と北村、久保田と葉山、上杉と清原の3チームに分かれ、萩原監督が判定人として勝負の行方を見守った。
最初のゲームは「カセットテープ積み上げ高さチャレンジ」。劇中のキーアイテムとして登場するカセットテープを30秒間でどれだけ高く積み上げられるかを競うもので、積み上げ方は自由。各チーム真剣にシミュレーションし、ゲームスタート! 新田&北村チームはカセットテープをバランスよく三角に積み上げ、久保田&葉山チームは久保田の感覚に任せて葉山はテープを手渡すだけのワンオペ作戦、上杉&清原チームは1枚1枚テープを積み上げるナチュラルスタイルと、図らずも各チームの個性が出る格好に。
終了後の各チームのテープの山を見比べた北村は「見てくださいよ、偏差値の差が出ちゃってるから」と自チームの積み方に自信たっぷり。萩原監督がメジャーで測った結果、新田&北村チームは39センチ、久保田&葉山チームは37センンチ、上杉&清原チームは30センチでまずは新田&北村チームが勝利! 上杉&清原チームから「(積み上げ方が)格好いいね」、「オシャレだね」と声が飛ぶと、北村は「(カセットテープも)やっぱり建築だから!」と胸を張った。
続いてのゲームはその場で足踏みして万歩計の歩行数を競う「歩行数をどれだけ増やせるかチャレンジ」。途中でチーム内で選手を交代し、協力して歩行数を増やすルールで、北村・葉山・清原からゲームスタート。ところが3人がその場で小走りする様子があまりにも面白く、場内は爆笑の渦に。新田も腹を抱えて大笑いし、選手交代したあとに座り込んで走れなくなるほど。
ゲームが終了すると、むせ返りながら「無理無理無理......面白すぎ!!!」と絞り出す新田に、北村は「この赤い人、勝つ気ありませんよ」とあきれ気味。ところが各チームの成績を発表すると新田&北村チームは82歩、久保田&葉山チームは50歩、上杉&清原チームは53歩という意外な結果に場内からは驚きの声が上がった。
結果的に2連勝となった新田&北村チームだが、相変わらず咳き込んでいる新田は喜びが声にならず、北村は「あんまりうれしくないです。マッケンが始まる前にちょっと振ってたもん」と暴露。疑惑の目を向けられた新田が「ずっとゼロのまま動かないからさ」と弁解すると、北村は歩数計に目を止め「というか、歩いてもないのに歩数が増えてる!?」。清原も「俺もずっと増えてる!」と怪現象を訴えて事態はうやむやになった。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.