画像: 「e日本シリーズ」は巨人がロッテを破り初の日本一【eBASEBALL プロリーグ】

「e日本シリーズ」は巨人がロッテを破り初の日本一【eBASEBALL プロリーグ】

王貞治が巨人のレジェンドOBとして登場
「実況パワフルプロ野球」を使用したプロ野球eスポーツリーグ「eBASEBALL プロリーグ」2019シーズンの「SMBC e日本シリーズ」が1月25日、東京・銀座の「esports銀座studio」で開催された。
前週にペナント上位3チームによるeクライマックスシリーズが開催され、セ・リーグはファイナルステージでシーズン2位の巨人が優勝したヤクルトを破り、パ・リーグは優勝したロッテがファイナルでオリックスを破り、この日のe日本シリーズに駒を進めた。
e日本シリーズは3試合制で行われ、eクライマックスシリーズ同様、1試合を3イニングずつ3選手で交代して戦っていく。eクライマックスシリーズではそのオーダーが勝利の分かれ目となった。
注目のオーダーは第2試合までは事前に発表。第1試合は巨人が吉田友樹(1~3回)、舘野弘樹(4~6回)、坂東秀憲(7~9回)、ロッテが町田和隆、下山祐躍、清野敏稀。第2試合は巨人が高川健、舘野、吉田、ロッテが町田、柳虎士郎、下山となった。
第3試合が行われる場合は第2試合終了後にオーダーが発表される。
eクライマックスシリーズ終了後に行われた抽選で第1戦は巨人が後攻を選び、ロッテが「DHあり」を選択。第2戦以降は先攻・後攻とDH制の有無は入れ替えて行われる。
今大会ではレジェンドOBを1名起用することができるのだが、両チームとも第1試合の重要性を考え、巨人は王貞治、ロッテは井口資仁を起用してきた。
第1試合は巨人が3-1で投手戦を制す
試合開始前には巨人の原辰徳監督と千葉ロッテマリーンズの井口監督がビデオメッセージで両チームの選手を激励した。
第1試合の1回裏には巨人の4番・王のセカンドゴロをロッテの井口がさばいてアウトにするというeBASEBALLならではのシーンがいきなり訪れる。
途中には巨人OBのクロマティ氏からの両チームへの応援メッセージがツイッターで送られた。
試合は両チームともヒットは放つものの散発で3回まで0-0と静かな立ち上がり。
4回からは巨人・舘野とロッテ・下山のキャプテン同士の対決。
巨人は4回裏、一死から王が歩くと続くゲレーロが初球をバックスクリーンに叩き込み、2-0で均衡を破る。
5回表にはロッテの下山は坂本の悪送球によるエラーとヒットでランナー2人を出すが後続が続かず。しかし6回表にはロッテの加藤のホームランで1点差に詰め寄る。
しかしその裏、巨人はビヤヌエバの二塁打でスコアリングポジションにランナーを進めると王が貫禄のタイムリーで1点を追加し突き放す。
6回を終わって3-1で巨人がリードで後半戦へ。
巨人の坂東は3イニングを無得点に抑え、3-1で巨人が日本一に王手をかけた。
第2戦は巨人打線が爆発。6-3で一気に日本一決める
第2試合は巨人が先攻でDHはなしのルール。
巨人の高川が初回に2ランを放ち2点のリード。しかしその裏、ロッテはマーティンの先頭打者ホームランで1点を返し、第1試合とは打って変わった乱打戦を予感させたが、以降3回まではゼロが続く投手戦。
4回になって巨人・舘野とロッテ柳の対戦となると、舘野が柳のミスから無死三塁のチャンスを作ると、炭谷のセンターオーバーの二塁打を追撃し1点を追加。なおも続くピンチは柳がしのぎ切る。
広い球場とあって、なかなかホームランを放つことができない舘野はヒットを重ねチャンスを作るが、後続が続かず、得点には至らない。3-1のまま試合は7回、3人目の対戦となる。
ロッテの下山は8回裏に無死一、二塁のチャンスを作ると果敢に3バントを決め、ランナーを進めると井上のセンター前タイムリーで2点を返し同点に追いつく。なおも続いたチャンスは巨人の吉田がゲッツーに切って取り、同点まで。
9回はともに無得点に終わり、試合は3-3のまま延長戦へ。
延長戦は巨人・舘野、ロッテ・下山が登場。無死一、二塁から始まるタイブレークで行われ、巨人は坂本のヒットで満塁にすると、大城の犠牲フライとビヤヌエバのニ塁打、岡本の二ゴロで立て続けに3点を取って突き放すと、その裏の攻撃を無得点に抑えて6-3で勝利を挙げ、e日本シリーズを制した。
岩村氏「ここに来るまでの道のりを見るだけで感動があった」
第1試合の解説を務めた岩村明憲氏(福島レッドホープス監督)は「日本シリーズらしいというか、どっちに転んでもおかしくない試合。両チームの良さが出た試合だったと思う。(ロッテの)下山選手のような声を出す、熱い部分は解説席に座っているだけでも感じられた。ここに来るまでの道のりのダイジェストを見るだけで感動があった。感動を生まなければプレーをする意味もない。一生懸命やっているからこそ、感動も生まれる。レンジェンドを使うというのは現実にはないこと。王さんや井口さんだったりが、今の現役の選手と並んでいるのがeBASEBALLならではなのかと思う。僕たちはゲームを通じてルールを学んだところもある。そういったところをゲームを通じて学んでほしいし、現実もeBASEBALLも関係なく野球というものがどんどん広まっていけばうれしいし、こういう取り組みは非常に大事だと思う」などと試合を振り返った。
ともに解説を務めたG.G佐藤氏は「実際のプロ野球とeBASEBALLは似ている部分もあれば違う部分もあって楽しめる大会という印象。何より選手たちが一生懸命やっている姿が見られて感動した。(巨人の)舘野選手の強振しか使わないという男気は良かった。僕らもホームランを追求してきたバッターなのでかっこいいと思った。王さんが出てくるとプレッシャーを感じて失投がいってしまったりというのは現実の野球とeBASEBALLの似ているところ。違うところはバルガスを使うところ。実際は使わないだろう?って(笑)。そこはeBASEBALLならではの面白みなのかと思う。(eBASEBALLは)野球の発展につながると思う。eBASEBALLのプレイヤーになりたいという子供たちが増えてもいいと思う。そういうような大会を目指して頑張ってほしい」などと話した。
真中氏と斉藤氏がそろって8回のロッテ下山のプレーに感嘆
第2試合の解説を務めた真中満氏(「eBASEBALL プロリーグ」応援監督)は「結果的には巨人の2連勝だったが、終盤の同点に追いつくシーンとか、緊張感があって、いい試合展開。盛り上がったという印象」、ともに解説を務めた斉藤和巳氏は「紙一重だったと思う。第2戦の8回に同点になったところで、逆転してロッテが勝っていれば、3戦目はどういう流れになるか分からなかった。個人的にはすごく楽しませてもらった」と試合を振り返った。
真中氏は印象に残った選手としてロッテの下山を挙げ「土壇場の送りバントにはしびれた。ランナーも替えてタイムリーを打って同点。実戦の監督さながらの采配で素晴らしかった」と言えば、斉藤氏も「僕もあそこの場面でよく思い切ったなと思った。勝負に出て、成功した。ゲームなんですけど、野球を見ているという感覚になった」と下山の8回のプレーは2人のプロをうならせたよう。
2年目のシーズンについて真中氏は「去年も盛り上がったが、会場に足を運んでくれたお客さん側の雰囲気というか、一緒にプレイヤーと一喜一憂して盛り上がっている雰囲気がいいなと感じた。もっといろいろな人に会場に来てもらって見てもらえればと思う」と総括。
表彰式で日本野球機構(NPB)の斉藤惇コミッショナーが2020年も開催することを宣言したのだが、真中氏は「今年同様に盛り上がればいい。何より、今日のコミッショナーの一言で選手全員の目の色が変わった。来年への意気込みを感じた。ぜひ来年もみんなが参加して盛り上がればと思う」などと話した。
今後のeBASEBALLについては真中氏は「各球団が、ファン感謝デーに選手たちを呼んで紹介するとか、キャンプでお披露目するとかということをすれば現場の選手たちもeBASEBALLのことが分かるし、ファンにも伝えやすいのかと思う。今後そういったことをやっていければと思う」、斉藤氏は「野球人としてはありがたい試み。子供から大人までゲームをやっている人口は多い。違う角度からファンを広めていくのは面白いと思う。ありがたい」などと話した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.