画像: 乃木坂46・齋藤飛鳥「その1歩が誰かの希望になると信じて」献血キャンペーンをPR

乃木坂46・齋藤飛鳥「その1歩が誰かの希望になると信じて」献血キャンペーンをPR

乃木坂46の齋藤飛鳥、梅澤美波、久保史緒里、賀喜遥香、遠藤さくらが都内で1月27日に令和2年「はたちの献血」キャンペーンPRイベントに出席した。
「はたちの献血」キャンペーンは、献血者が減少しがちな冬期の輸血用血液の確保と、医療機関へ安定的に血液製剤を共有するために、新たに成人を迎える「はたち」の若者を中心として広く認知されるこを目的に1975年から毎年1〜2月の期間で実施されている。
乃木坂46が今回のキャンペーンのイメージキャラクターに選ばれたのは今年2年目。齋藤は「今年も選んでもらってありがたいです。1年間活動していく中で、献血の大切さを学べましたし、リアルに時間することが出来ました。また今年もその思いをたくさんの人に伝えて行けたらと思っています」とコメントした。
今回のキャンペーンでは、乃木坂46メンバーの直筆サイン入りポスターを用意され、全国の献血所10カ所に設置される。設置場所はメンバーがそれぞれ2カ所づつクジを引いての抽選で行われた。またサインとコメント入のフラッグも用意され、こちたらは都内の献血所をランダムで巡回するとのこと。
今回のPRイベントでは、1カ月限定で公開するYou Tube動画を自撮り棒を使って生撮影。メンバーそれぞれが今年の目標を発表するといった内容だったが斎藤が「齋藤飛鳥です。え〜っとえ〜っと」と戸惑ってしまい1分の予定が大幅にオーバーする結果に。その後、運営からOKが出てホッっとするメンバーが印象的だった。
↓公式You Tube動画(1/28 AMより配信予定)
https://www.youtube.co./user/20kenketsu
イベント最後に齋藤は「二十歳を迎える皆さんを中心に若い世代に、献血をもっと身近に感じれるように私達は頑張らなければならないと考えています。他の誰かがやってくれるからいいやじゃなくて、自分ひとりでも必ず役に立てると知ってもらえたら嬉しく思います。まずは1歩踏み出して献血会場にいっていただけたら、その1歩が誰かの希望になると信じてもらえたら嬉しいです」と呼びかけた。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.