画像: ミルクボーイ「人生最後もコーンフレークでええかもしれん」

ミルクボーイ「人生最後もコーンフレークでええかもしれん」

“コーンフレーク漫才"でM-1優勝。「ケロッグ応援サポーター」に就任
昨年末に行われた「M-1グランプリ2019」で通称“コーンフレーク漫才"で歴代最高得点をたたき出し優勝したミルクボーイ(駒場孝、内海崇)が1月28日、コーンフレークの「ケロッグ応援サポーター」に就任した。
大会オンエア後、SNSで話題が沸騰。コーンフレークが売り切れるなど社会現象を引き起こしていたことからついにケロッグが正式にオファーをかけた。
この日、就任式が行われ、ケロッグのキャラクター「トニー・ザ・タイガー」からトニー自身がつけている真紅のスカーフを贈られ3人でポーズ。
今後はミルクボーイが出演するCM動画の作成、ツイッターの公式アカウントでコーンフレークの画像を投稿するとミルクボーイから「コーンフレークやないか」、それ以外の画像を投稿すると「コーンフレークちゃうがな」と突っ込まれるという企画が行われるという。
改訂版を披露「虎の絵が描いてあるのはコーンフロスティや!」
ネタ中では「人生の最後はコーンフレークでええわけない」「まだ寿命に余裕があるから食べられる」「コーンフレーク側も最後のご飯に任命されたら荷が重い」と思い返すとなかなか踏み込んだ内容だったのだが、この日は「改めて食べたら、人生最後もコーンフレークでもええかもしれん。栄養満点やから寿命も延びるかもしれん」「コーンフレーク言うてきたけど、虎の絵が描いてあるのはコーンフロスティや」などと「改訂版」のコーンフレーク漫才を披露した。
M-1優勝後、54本のテレビに出演。イベントの出演、取材なども含め149本の仕事(1月23日現在)をこなす毎日なのだが、「賞金はまだ入っていない。春に入りますとは聞いてます」とのことで、一着しかない衣装も見えないところで痛みが激しく、現在発注中。
また内海は「吉本からの給料だけで月30万円になってそれが3カ月続いたら結婚しよう」と決めた8年交際中の彼女がいるのだが「1月の給料はまだ全然そこまでいってない。大きく下回った」とのこと。多分2月からはその目標額は楽々達成しそうで「最短で4月25日には」とおめでたい話題が続きそうだ。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.