画像: 遠藤憲一が離婚届を破り捨てた過去明かす

遠藤憲一が離婚届を破り捨てた過去明かす

「ハンコサミット」で遠藤憲一とみうらじゅんが初共演
俳優の遠藤憲一と「マイブーム」や「ゆるキャラ」といった言葉を生み出したイラストレーターのみうらじゅんが1月30日、「ハンコサミット」という異色の収録を行った。
収録は「ハンコ王子」の異名を持つフランス人タレントのロマ・トニオロと2人が「ハンコ」の豆知識や雑学について「サミット」よろしく語り合うというもの。
フランス人でありながら異常なまでの「ハンコ愛」でハンコについて語るトニオロを前に2人はたじたじになりながらも、初顔合わせとは思えない息の合ったトークを展開した。
「印鑑とハンコの違い」「朱肉とスタンプ台の使い分け」「実際に押してみよう」の3つの議題を中心にトークは展開したのだが、実際に押してみるコーナーでは遠藤は婚姻届、離婚届、借用書に捺印。
離婚届にハンコを押すシーンでは、かつて夫婦喧嘩の末に奥さんに離婚届を突き付けられ、最初は「いやいや」と笑いでごまかしていたものの、何度も突き付けられ、最後は破り捨てて危機を脱したことを明かした。
「別れないで良かった」としみじみ
収録後の囲み取材では遠藤は「2人ともハンコに詳しくなくて、王子だけが詳しいんだけど何言ってるか分からない(笑)。このひっちゃかめっちゃかな感じがシュールで楽しかった(笑)」と収録を振り返った。
遠藤はかつて今回の「ハンコサミット」を企画したハンコヤドットコムのCMに出演。「1回目はテーブルの脚を切って、自分で彫ってハンコを作るんだけど押してみたら逆だったといいうもの。2回目はオネエになってハンコのことについて喋った。そして今回がこれ。常にエッジが立っているシュールなものが多い。“やるな”という印象を受けた」と話した。
また離婚届の下りについては「別れないで良かった」としみじみ。
みうら「ユーチューバーはそんなに儲からない。子供に妙な夢を見させないほうがいい」
みうらは「ハンコについてこんなに考えたのは今日が初めて。(収録では)豆知識はたくさん出たけど、結論は出なかった。テレビのクイズ番組のように正解はなかった(笑)。今日は2人ともよく分からないテーマで、ともに悩み苦しんだんで良かったと思う」と収録を振り返った。
今回の「ハンコサミット」の模様は2月12日からハンコヤドットコムのYouTubeチャンネルで配信されるのだが、昨今のようなブームになる前からYouTubeでの配信を行ってきたみうらは「一言だけ言っておきたいのは、1回やってみて分かったんですけど、(YouTubeは)そんなに簡単には儲かりませんから。ユーチューバーを目指している子供たちが多いみたいだけど、子供に妙な夢を見させないほうがいい。大人は汚いですから」と昨今のユーチューバーブームについて独特の言い回しでチクリ。
また、みうらといえばさまざまなものを収集することで有名なのだがハンコについては「メジャーなものですからしないと思います。ハンコ王子がいるので王子に任せます」とのことだった。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.