画像: 大沢たかお「減量中だったんですが...」飲み会を企画し“現場崩壊”危機を救う

大沢たかお「減量中だったんですが...」飲み会を企画し“現場崩壊”危機を救う

映画『AI崩壊』初日舞台あいさつが31日、都内にて行われ、主演の大沢たかお、共演の賀来賢人、岩田剛典、広瀬アリスと入江悠監督が登壇。大沢が飲み会を開き、スタッフチームの崩壊危機を救ったというエピソードが明かされた。
舞台は2030年。日本のライフラインを管理していたAIが突如暴走し、事件の容疑をかけられた天才開発者と、それを追う捜査官らの攻防をサスペンスフルに描く。
近年のエンターテインメント大作には珍しく、完全オリジナル脚本による作品。キャスト・スタッフともに熱い現場だったといい、入江監督は「オリジナル脚本で近未来の話なのでスタッフも、ああしたい、こうしたいと熱量が高く、ぶつかってギスギスし始めたとき、大沢さんが飲みの席を設けてくれて、乗り切ることができたんです」と明かした。
大沢は「怒鳴り合いとかが続いていたので、1回、みんなで飲みにでも行こう、と。僕は減量していたのでお茶を飲んで。でも監督は普通に飲んでました」と振り返り、監督も申し訳なさそうに「大沢さんがキュウリを食べている横で飲んでいました(笑)」。
「今、海外の映画に押されて日本映画が苦戦している中、必死に頑張って映画を作っている人たちもいる。その一端を僕らも担いたいと思いました」と本作への思いを語り、入江監督は「今の時代だとなかなか実現しない企画。でも大沢さんが手を挙げてくださって、主役級の方々が集まってくれた」と感謝していた。
映画『AI崩壊』は全国公開中。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.