画像: 大沢たかお、賀来賢人、岩田剛典が一般客と相席で宣伝会議!?「予約を間違えて」

大沢たかお、賀来賢人、岩田剛典が一般客と相席で宣伝会議!?「予約を間違えて」

映画『AI崩壊』初日舞台あいさつが31日、都内にて行われ、主演の大沢たかお、共演の賀来賢人、岩田剛典、広瀬アリスと入江悠監督が登壇。撮影終了後に大沢が賀来と岩田との食事会を開いたが、予約ミスで一般客と相席になったという驚きのエピソードを明かした。
「記憶が薄れているくらい大変な撮影だった」と振り返った大沢は、逃亡しながら事件の真相を追う主人公を演じ「ずっと走りっぱなしでした」と苦笑。
そんな大沢に、賀来は「僕は本当に走らなかったので申し訳なくて」、岩田は「僕と賀来くんは“AI崩壊インドア部”だったので...」と恐縮しつつ「大沢さんがいだけで現場に安心感が広がる。ついていきたい背中」とリスペクトをあらわに。大沢も「本当に2人を信頼して芝居をさせてもらった」と振り返りつつ「でも意外と2人とも走っていない。賀来くんは57歩くらい、岩田君くんは3歩くらいは歩いたかな」と、会場を笑わせた。
さらに賀来が「撮影が終わってからも僕と岩田くんをごはんに連れて行ってくださって。本当に包容力がある方なんです」と明かすと、岩田も「またそのごはんがおいしいんです。現場にいるときもスタッフキャスト分け隔てなく、盛り上げてくれる」と大沢にすっかり心酔。そんな2人に大沢も笑顔を向け「普通は撮影後は宣伝が大変と思う人が多いのに、今回のキャストの皆さんはどんどんしてくれるし、岩田くんと賀来くんは自分からどうやってこの映画を宣伝していくか話したいと言ってくれ、この映画への思いも語ってくれた。こんなにうれしいことはない」と感激を語ったが「でもお店の取り方を間違えて相席になっちゃって。僕が後から着いたら、普通に団体客の横に2人が座っていて...本当に申し訳なかったな、と」と明かし、これには会場もびっくり。
岩田は「普通に大沢さんが入って来られたとき、大沢さんがこの席で大丈夫ですか...というテンションではありました」と笑いながら振り返っていた。大沢は「そんな中で2人は集中して、どうやったらこの映画がちゃんと宣伝できるかという話をしてくれて、本当に頼もしくて感謝しかない」とうれしげな表情を浮かべていた。
映画『AI崩壊』は全国公開中。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.