画像: 林健太が卜部功也の敵討ち。中国のジュー・シュアイと対戦【3・22 K-1】

林健太が卜部功也の敵討ち。中国のジュー・シュアイと対戦【3・22 K-1】

ゴンナパーの「逃げてる」発言に猛反論
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K'FESTA.3~」(3月22日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の第3弾カード発表会見が2月2日、都内で開催され、参戦が発表されていた武居由樹、江川優生、林健太の3王者のカードが発表された。
ライト級王者の林健太は昨年、前王者・卜部功也にKO勝ちした中国のジュー・シュアイと対戦する。
林は「“あのパーフェクトな功也君に勝って世界チャンピオンになった健太はすごいな”といろいろな人に言われたが、功也君がKOで負けてしまって3月の戦いが少しかすんでしまっているのではと思われているのが悔しかった。後輩としても功也君がKOで負けたのが悔しかった。“絶対に俺がやり返したろ”と思っていたので対戦が決まって楽しみ」と話した。
相手の印象については「拳が硬そう。パンチがメインの戦い方だったので、僕とやれば打ち合いになると思うので楽しみ」とし、その対策として現在、ボクシングジムでジャブやステップといった基本的なことからパンチの技術を磨き直していることを明かした。このボクシング特訓を始めるきっかけについては「自分でも気持ちで殴っているだけで、基礎がなっていないというのは薄々気づいていたが、それに気づいてくれた方がジムを紹介してくださった」というのも林らしいといえば林らしい。
そして「相手は気持ちが強そう。僕もパンチは上手ではないが、パンチが硬そうとか気持ちが強いと言われているので長所は全く同じだと思う」などと続けた。
林は一昨年の大阪大会で行われた「ライト級世界最強決定トーナメント」に優勝し、年明けのK'FESTA.2で功也を破り、王座に就いた。しかしその前には現Krushライト級王者のゴンナパー・ウィラサクレックに敗れており、そのリベンジについては折に触れて口にしてきた。
そのゴンナパーは身内に不幸があった関係でしばらくタイに戻り、リングから離れていたのだが、Krushの1月大会で横山巧相手に王座を防衛し、復活を果たした。しかし一夜明け会見で「林が逃げている」と発言。この日の林の発言に注目が集まっていた。
「ゴンナパーとは夏にやる」と勝手に宣言
林は「63kg契約でゲーオ(・ウィラサクレック)選手との対戦が決まりかけていたが、諸事情で流れてしまった」と隣に座る中村拓己K-1プロデューサーも慌てる内部事情を暴露したうえで、「それならゴンナパー選手と」と要望を出したものの、復帰したばかりで1月大会が控えていることから結局相手がシュアイになったこと。それを受け、3月以降、K-1は夏まで大会がないことから1月大会でゴンナパーと会ったときに「また、夏に!」と夏の対戦を呼びかけたこと。それなのにゴンナパーが一夜明け会見で「林は3月にやってくれない。夏とか言っているけど僕のことを怖がっているとしか思えない」と発言したことに「そもそも僕は1年以上待っている。どんな事情にしても勝手にリングを離れたのは向こう。K-1の意向もあって、3月に戦えないのに、あんなこと言われたらこっちも腹が立つ。こっちは“夏や”言うてるのに(笑)」と時折、笑顔は見せながらもゴンナパーの発言は腹に据えかねているようで、反論した。
そして1月大会では解説を務めたのだが、ゴンナパーの試合について「3月に戦える準備ができていると言っているが、正直言わせてもらうとそんなにいい動きではなかった」とばっさり。そして「まだ決まってない」と言う中村プロデューサーを尻目に、林は「夏にやるから待っとって」と改めてゴンナパー戦を勝手に発表した。
そして「て、言っておいて負けたらダメなんで、僕自身のためにも功也君の仕返しのためにも、ゴンナパー選手のためにもしっかり頑張ります」と締めくくった。
武居は「3度目の正直」でタイ人をKO宣言
スーパー・バンタム級王者の武居はタイのデンサヤーム・アユタヤファイトジムと対戦する。
武居は昨年12月のスリヤンレック・オーボートー.ガムピー戦に続いてのタイ人相手の試合となる。デンサヤームは17歳ながら100戦のキャリアを持ち、タイのテレビ局が主催するムエタイイベント「True 4U」のバンタム級トーナメントで優勝の実績を誇る選手。
武居は「今回、またタイ人の選手。これまで2試合してKO勝ちがないので、3度目の正直でしっかりKOで倒したい。K'FESTA.3は会場も大きくて試合数も多いので僕がしっかりKOで倒して会場を盛り上げたい」と話した。
デンサヤームについては「175センチの大きさでサウスポー。スーパー・バンタム級ではあまりいないタイプ。ムエタイのリズムにつかまらないようにして、自分のスピードでパンチで倒したい。映像を見たが、ファイトスタイルは近い距離でも遠い距離でも戦っている選手。遠い距離では足が伸びているので蹴りが飛んでくる印象。蹴りに気を付けて中に入れたら」とその印象を語った。
この試合は武居陣営から「タイ人とやりたい」という要望があり実現したのだが、武居は「タイ人との2戦がKOで倒せてないというのもあるし、今、日本人選手とやっても意味がない。海外の選手となるとタイ人が一番強いと思うのでタイ人とやりたいと思った」などとその理由を明かした。
江川は「打ち合えば勝つ自信はある」
フェザー級王者の江川優生はアルゼンチンのファク・スアレスと対戦する。スアレスは南米の立ち技格闘技イベント「WGP Kickboxing」の-60kg王者に就いたこともある強豪。多彩なパンチのコンビネーションとローキックを武器にアグレッシブなファイトを展開するファイター。
スアレスはK-1を通じて「江川は素晴らしい選手だが、俺もたくさんの強豪と戦ってきた。江川のパンチにすべてカウンターを合わせてやる」とコメントした。
江川は昨年11月の「第3代フェザー級王座決定トーナメント」で優勝し、王座に就いてから初の試合に「真価の問われる試合だと思う」と静かに意気込んだ。
対戦相手のスアレスについては「なんでもできて、隙がない選手。構えはムエタイっぽいがパンチャーだと思うので自分とはかみ合うと思う」とし、スアレスの「カウンター発言」には「カウンターにカウンターを合わせられるのが俺だと思っている。打ち合えば勝つ自信はある」と自信を見せた。
江川はKrush王座を返上
スアレスは1階級上のタイトルを保持したことのある選手なのだが、「自分はスパーリングでも上の階級の選手とやっている。パワー負けしない自信はあるのでそこは楽しみ」と意に介さない。
そして改めて「前回のトーナメントの影響で注目されていると思うので、“江川は凄いな”と思われる試合を見せたい」と締めくくった。
また江川はカード発表に先駆け、K-1王座に専念するためKrushフェザー級のベルトを返上「獲って1年くらいの短い間だったが、Krushは楽しかった。次に誰がこのベルトを持つのか楽しみにしながら、K-1王者として次の王者を迎えたい」などと長期政権を約束した。
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K'FESTA.3~」(3月22日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)
〈この日発表されたカード〉
◆スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
(日本/POWER OF DREAM)武居由樹 vsデンサヤーム・アユタヤファイトジム(タイ/Ayothaya Fight Gym)
◆スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R]
(日本/POWER OF DREAM)江川優生vsファク・スアレス(アルゼンチン/Picante Fight Club)
◆スーパーファイト/K-1ライト級/3分3R・延長1R]
(日本/FLYSKY GYM)林健太vsジュー・シュアイ(中国/遼寧創新ジム/CFP)
◆スーパーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R・延長1R]
(日本/ K-1ジム五反田チームキングス)玖村将史vs金子晃大(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)
◆スーパーファイト/K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R]
(日本/湘南格闘クラブ)村越優汰vsレオナ・ペタス(日本/THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS)
〈既報のカード〉
◆K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R]
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)藤村大輔vs小鉄(日本/K-1ジム琉球チーム琉神)
◆K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(1)/3分3R・延長1R]
(日本/ポゴナ・クラブジム)海斗vs木村“フィリップ”ミノル(ブラジル/K-1ジム五反田チームキングス)
◆K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(2)/3分3R・延長1R]
(日本/K-1ジム目黒TEAM TIGER)神保克哉vsエダー・ロープス(ポルトガル/Jazzy Fight Club K.O Team)
◆K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(3)/3分3R・延長1R]
(日本/谷山ジム)城戸康裕vsミラン・ペイルス(スロバキア/Diamond gym Zilina)
◆K-1 WORLD GP第3代スーパー・ウェルター級王座決定トーナメント・一回戦(4)/3分3R・延長1R]
(日本/月心会チーム侍)和島大海vsニコラス・ラーセン(デンマーク/Team Larsen)
◆スーパーファイト/K-1女子フライ級/3分3R・延長1R]
(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)KANA vsグロリア・ペリトーレ(イタリア/Raini Clan)
◆スーパーファイト/K-1フェザー級/3分3R・延長1R]
(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)小澤海斗VS ジャオスアヤイ・アユタヤファイトジム(タイ/Ayothaya Fight Gym)
◆K-1 WORLD GP&ISKAダブルタイトルマッチ/3分3R・延長1R]
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)武尊vsアダム・ブアフフ(モロッコ/Multi Fight Boxing Academy/TEAM Samchaoui)
◆K-1 WORLD GPウェルター級タイトルマッチ/3分3R・延長1R]
(日本/王者/K-1ジム五反田チームキングス)久保優太vsジョーダン・ピケオー(オランダ/挑戦者/Mike's Gym)
◆K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
(日本/王者/team ALL-WIN)安保瑠輝也vs不可思(日本/挑戦者/クロスポイント吉祥寺)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.