画像: 中邑がストローマンに敗れて無念の王座陥落【1・31 WWE】

中邑がストローマンに敗れて無念の王座陥落【1・31 WWE】

序盤は中邑がキックにヒザ蹴りで優勢も...
WWEのIC王者・中邑真輔(withサミ・ゼイン、セザーロ)が「スマックダウン」(現地時間1月31日、オクラホマ州タルサ/BOKセンター)で“巨獣”ブラウン・ストローマンと同王座をかけて対戦した。
序盤、中邑がストローマンの後頭部に蹴りを叩き込むと、セコンドのゼインがレフェリーの死角を突いてストローマンに攻撃を加える。さらに中邑はスピニング・ヒールキックをクリーンヒットさせて試合のペースをつかんでいく。
しかし、ストローマンも「この拳を食らえ」と重い拳を振り落とし、続けてランニング・ショルダータックルを決めて反撃すると、中邑はスライディング・ニーを叩き込んで応戦。
最後はストローマンがランニングパワースラム
さらにゼインがレフェリーの目を盗んでターンバックルのカバーを外し、中邑がそこにストローマンを叩き付けようとしたが、これが裏目に出て逆に中邑がストローマンに剥き出しのターンバックルに叩き付けられてしまう。
これでダメージを負った中邑はストローマン必殺のランニングパワースラムを食らって無念の3カウントを聞き、約半年守った王座から陥落。ストローマンが自身初のシングルタイトルとなるIC王座を戴冠した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.