画像: 木村拓哉“猿の姿をした謎の男”役でクールな低音ボイスを披露「悪い人だと思われるように」

木村拓哉“猿の姿をした謎の男”役でクールな低音ボイスを披露「悪い人だと思われるように」

『映画ドラえもん のび太の新恐竜』公開アフレコイベントが3日、都内にて行われ、ゲスト声優を務める木村拓哉が、人生初の公開アフレコに挑戦した。
「ドラえもん」生誕50周年、映画40作目にあたる記念作品。のび太が双子の恐竜に出会って始まる物語。映画1作目『映画ドラえもん のび太の恐竜』とは全く異なるオリジナルストーリーが展開する。木村は宮崎駿監督作『ハウルの動く城』で声優に初挑戦し、その後の『REDLINE』に続き本作が10年ぶり3度目。公開アフレコはこれが初。木村は、怪しい猿の姿をした謎の男ジルを演じる。
報道陣の前で、クールな低音ボイスを披露した木村。2シーンの公開アフレコを終えて「裏側を直に見られている感じで緊張しました」と照れつつも、シナリオについて「今回映画のタイトルにある“新恐竜”がこういう意味だったのか、と。相変わらずしっかり感動させてくれるなという印象」と話し、作品に期待を寄せた。
同じゲスト声優の渡辺直美から声をべたぼめされていた木村。すてきな声の秘訣はと聞かれ「特にないと思います」と照れつつ「監督から“初めてジルを見る人に、この人は悪い人だと思わせるように演じてください”と指示をいただきまして」と、役作りの背景を明かし「僕も幼稚園くらいのころ、頭の中に入るだけの恐竜の名前を覚えたりしていたので(恐竜を研究している)そこはジルと共通点しているかな」。
またこの日は、ドラえもんも登場。かなりハイテンションのドラえもんに「このテンションには少し不安があるけど(笑)。会話させていただくのは今日が初なので僕も緊張しています」と苦笑した木村。たくさん質問があるというドラえもんに「僕たち2人きりじゃないからね。空気読めよ?」と注意を促し、会場を笑わせていた。
ドラえもんから「もし1日、僕と一緒に過ごすとしたら」と聞かれると、木村は「どこでもドアで一緒にいろんなところに行きたい。ドラえもんはどこに行きたい?」と逆質問。「木村さんのライブ会場に行きたい」と言うドラえもんに「どこでもドアがあるからチケット要らないもんね(笑)」。
さらに、のび太くんからの質問ということで「のび太くんはテストも勉強も苦手。木村さんは苦手なものは?」と聞かれると「僕もテストとか嫌いでしたよ。それに、ここだけの話、のび太くんがもしすごく勉強ができるようになったら、ドラえもんの存在が...」とささやき、ドラえもんも「さすが木村さん!」。さらに、ジャイアンが歌が上手くなるには、と相談されると、ジャイアンにあこがれているという木村は「上手い下手じゃなくてジャイアンらしい表現を貫き通せばいい」とフォローしつつ、再び「それに、ここだけの話、もしジャイアンが歌が上手くなっちゃったら、みんなが耳をふさいだりできなくなるでしょ」と“お約束”シーンについて言及。ドラえもんも「なるほど」と納得。しずかちゃんからの質問として、初恋について聞かれると「のび太と同じ年くらいのころの同級生の子。でも僕は気持ちを伝えられなかったから、のび太くんのほうがすごいと思う」。最後に、今一番欲しいものはと聞かれると「ドラえもんのポケット」と即答し「じゃ一緒にライブ会場に行くことは決まりですね」とドラえもんを喜ばせていた。
『映画ドラえもん のび太の新恐竜』は3月6日より全国公開。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.