画像: ヨーロッパ最大級のチョコの祭典が銀座に! 松屋銀座のバレンタインフェア本日開幕

ヨーロッパ最大級のチョコの祭典が銀座に! 松屋銀座のバレンタインフェア本日開幕

バレンタインデーに向けたチョコレートフェアが都内各地で開催中。本日5日からは、「自分へのごほうびチョコ」を楽しみたい人にイチオシのフェアが松屋銀座にて開幕。
今年、松屋銀座では「ENJOY!自分が楽しむバレンタイン」をコンセプトに、フェア会場に訪れた本人がチョコレートの魅力をとことん楽しめる「ギンザ バレンタインワールド」を開催。
まず最初の目玉は、関東地区初登場となる、イタリアのチョコレートの祭典「ユーロチョコレート」。イタリア・ペルージャで25年以上にわたり開催され、開催10日間で世界中から80万人以上が訪れるというヨーロッパ最大級のチョコレートの祭典を、現地のように量り売りやバラ売りで実施。豪快に積まれたチョコのかたまりや、キュートなバラ売りチョコが並ぶ光景は写真映えも満点。
「イタリアの人気ブランドの中でも、こだわりのチョコレートをセレクトしています。カカオへのこだわりや、日本ではめずらしいフレーバーなど、イタリアのチョコレートならではの魅力を感じていただけると思います。また、少量から量り売り、バラ売りしているので、ぜひいろいろな種類を自分が欲しい分だけ買って、本場の雰囲気を楽しんでください」(ユーロチョコレート公式チョコレートアドバイザー斎藤奈津子さん)とのこと。
SDGsへの呼びかけが広まっている今、チョコ好きならカカオ産地も応援したい。同フェアでは、そんな気持ちをかなえてくれる「サステナブルなチョコレート」も大集合。フェアトレードやダイレクトトレード、技術指導や環境保全など、さまざまな支援活動のもと生まれたチョコレートをおいしく食べることで、産地の応援につながる、うれしい企画。さらに、同フェアで販売するタブレットチョコレートの打ち上げ金の一部は、途上国の女の子を支援する活動に寄付されるので、ぜひ“サポチョコ”もチョイスして。
イートインと実演も今年はさらに充実し10ブランドが参加。毎年、行列ができるチョコレートソフトクリームは4ブランドから登場。人気のタピオカや低糖質などのチョコドリンク、人気アイスクリーム店の限定パフェなど、会場だからこそ味わえるチョコレートメニューを堪能して。もちろん、他にも限定商品や初上陸ブランド、近年人気が高まるチョコ和菓子なども見逃せない。
ギフト用チョコを探し回ってグッタリしてしまうバレンタインはもう終わり! 今年は、チョコの量り売りでマルシェ気分を味わい、その場でチョコスイーツを堪能し、チョコづくりに携わる人や産地を応援して気持ちも豊かになって、自分のためのチョコレート探しを楽しんでみては。
「ギンザ バレンタインワールド」は2月5日から14日まで松屋銀座にて開催。
「ギンザ バレンタインワールド」
【会期】2月5日(水)~14日(金) 10日間
【会場】松屋銀座

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.