画像: 【最新号2.10配布開始】EXILE TETSUYAが届ける、アメージングな時間

【最新号2.10配布開始】EXILE TETSUYAが届ける、アメージングな時間

LAWSON MACHI café×「AMAZING COFFEE」コラボ第3弾スタート!
EXILE TETSUYAが届ける、アメージングな時間
EXILE TETSUYAがプロデュースするコーヒーショップ「AMAZING COFFEE」が全国津々浦々にアメージングなひとときを届けている。ローソンのマチカフェと再びタッグを組んで、4日、コラボ第3弾となる「アメージング チョコモ〜モ〜 THE SECOND」を発売。温かくて少し甘い、かわいらしい名前のドリンクが、カップを手にした人たちを笑顔にしている。
EXILEのパフォーマーとして活躍する一方で、ダンスパフォーマンスを研究したり、教育としてのダンスも追求している、EXILE TETSUYA。興味を持てば突き詰める性格で、2015年にスタートした「AMAZING COFFEE」も、自身のコーヒー好きが高じて、プロジェクト化されたもの。メンバーやスタッフのためにいれていたコーヒーが、移動式カフェとなり、2016年に中目黒に1号店をオープン。今では地元である横須賀を始め、横浜、大阪、羽田空港、話題の渋谷PARCO内にも出店している。「いつのまにか踊るコーヒー屋さんになった」と言って笑うが、そのイメージは徐々にファン以外にも浸透しつつある。
本紙で連載中のコラム「DANCEの道」のなかでも、自身とコーヒー、そしてそのほかの活動はつながっていると何度か書いている。はたから見れば、多角的にさまざまなプロジェクトに取り組んでいるように見えるが、EXILE TETSUYAのなかではすべてひとつの想いにつながっている。例えば、「日本を元気に」というスローガンのもとで活動しているEXILEやTHE SECONDではパフォーマンスを通じて多くの人に笑顔になってほしいという思いがある。そして「AMAZING COFFEE」のカップの向こう側はもちろん、その一杯を提供するスタッフたちにも、同じように「笑顔」があってほしいと願っている。
誰かの笑顔を求めて、毎日動き回る。『LDH PERFECT YEAR 2020』の今年、その思いは変わらずとも、いつも以上に動き回ることになるだろう。
太宰治・未完の作が笑って泣けるロマンティックコメディーに!
映画『グッドバイ~嘘からはじまる人生喜劇~』
大泉 洋×小池栄子 Special Interview
昭和の文豪・太宰治の未完の遺作が、爆笑しつつホロリとさせるロマンティックコメディー映画としてよみがえる! ケラリーノ・サンドロヴィッチが独自の視点で太宰の未完の作を完成させ、舞台化した「グッドバイ」を、『八日目の蟬』の成島出監督が映画化。情けないのになぜかモテるダメ男・田島役に大泉洋。美貌を隠し我が道を生きるパワフル女・キヌ子には、舞台版でも同役を演じ絶賛された小池栄子。実は「笑いの感覚が近い」と語る2人。無敵の“コメディー”タッグが誕生か!?(WEB配信は2/14予定)
架空OLたちのあの「日常」をそのままスクリーンで! 映画『架空OL日記』
バカリズム×夏帆×佐藤玲
銀行に勤める1人のOLが、日常の出来事や日々のキモチを書いていると、誰もが思い込んでいたとあるブログ。実は著者の正体は芸人=バカリズム。正体が判明するやネットで驚愕の嵐が吹き荒れ、そのブログを書籍化した「架空OL日記」、その連続ドラマ作品でファンはさらに拡大。そしてこの度、ついには映画化! ドラマの空気感、温度感がそのままスクリーンへ持ち込まれるという、まさにファンが待ち望んでいた劇場版に向け“架空OL”たちが意気込まない? ゆるトークを展開!(WEB配信は2/24予定)
“実在”する日本最凶の心霊スポットを清水崇監督が映画化!
映画『犬鳴村』主演・三吉彩花インタビュー
SNSやWEB上で恐怖体験の話題が絶えない日本最凶の心霊スポット“犬鳴村”を、日本を代表する最恐ホラー監督・清水崇が映画化。“実在”するリアルな恐怖に立ち向かうヒロイン役には『ダンスウィズミー』での好演も記憶に新しい三吉彩花。読めば映画が何倍も怖く、楽しくなる? 舞台裏トーク!
美しき新ホラークイーン! 三吉彩花が語るホラーの「愉しみ」。
https://www.tokyoheadline.com/484888/
and more......

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.