画像: 岡村隆史『麒麟がくる』で神出鬼没な農民!「大河には魔物がいる」

岡村隆史『麒麟がくる』で神出鬼没な農民!「大河には魔物がいる」

大河ドラマ『麒麟がくる』で岡村隆史が演じている三河の出身の農民、菊丸が神出鬼没でミステリアスだ。明智光秀やその周辺でピンチが訪れると、ふらっと現れると、すっと救いの手を差し伸べる。
大河ドラマには初出演。「ぼーっとNHKに来ていたらどえらい仕事が舞い込んできました(笑)。『チコちゃんに叱られる!』をやっていてよかった。朝ドラを狙っていたので、まさ か大
河ドラマでオファーがくると思っていませんでした。ビックリしました」と岡村。
撮影当初は、セリフを完璧に覚えてクランクインするも本番前に鳴るブザーの大きな音でセリフが全部飛ぶなと「どないしよう!」という場面も。「初日は、えらいもん引き受けてしまったと、ゾッとしました。4回くらいで死んでもいいなと(笑)。大河には魔物がいますね」。今では周囲からのアドバイスもあり、落ち着いているという。
菊丸は、門脇麦演じるヒロインの駒、堺正章の東庵同様、オリジナルキャラクター。
「息をのむような緊張感のあるシーンが多いですが、菊丸が光秀や駒と一緒にいるシーンはコミカルなので、菊丸が出てくるとほっと一息つける、そんなキャラクターになれればいいなと思 っています。 ただ、菊丸にはちょっと謎な部分もある気がして......スタッフさんに聞いてみたのですが、みんな目をそらして誰も教えてくれません(笑)。歴史の勉強はしなくて大丈夫です、そのままでいいです、と言われています」。
9日放送の 第4回「尾張潜入指令」 では、今川との戦いで尾張の信秀(髙橋克典)は瀕死の重傷を負う。その知らせを受け、道三(本木雅弘)は、妻の治療を終え、今度は尾張へ向かうという東庵(堺正章)に、天敵・信秀の容態を秘密裏に探るように命じ、その目付け役に任命される光秀(長谷川博己)。菊丸(岡村隆史)もお供に加わり、三人は尾張・古渡城へ潜入。信秀の情 報をうまく聞き出すことに成功するが......。 『麒麟がくる』は、毎週日曜、総合で午後8時、BSプレミアムで午後6時、BS4Kで午前9時。再放送もある。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.