画像: 山崎秀晃がプロ1年の寺島に「K-1の65kgがどういうものか拳で伝える」【3・22 K-1】

山崎秀晃がプロ1年の寺島に「K-1の65kgがどういうものか拳で伝える」【3・22 K-1】

“股間王”堀井翼が会見場に紛れ込み「質問未遂」
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K’FESTA.3~」(3月22日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の第4弾カード発表会見が2月9日、都内で開催され、新たに2試合のスーパーファイトが発表された。
K-1 WORLD GP 2016 -65kg日本代表決定トーナメント優勝の実績を誇る山崎秀晃の参戦が決定。プロ4戦4勝の新鋭・寺島輝と対戦する。
山崎は今年1月の「Krush.110」でも試合をしており、中2カ月での試合となる。山崎は昨年8月のK-1大阪大会の平山迅、11月の横浜大会での瑠久、この1月の堀井翼と若い選手とのいわゆる下克上マッチが続くのだが「最近は若手に下克上をさせないスタイルの試合が多いが、僕はどんな相手でも山崎秀晃というプロフェッショナルをファンの皆さんにお見せするだけ。しっかり僕のスタイルやK-1というものを見せていければ自然と僕も楽しんでやっていけると思う。ぜひそういう形で見ていただければ」などと語った。
寺島は空手をベースにしたファイターで、前戦で初の国際戦もクリアし、今回の抜擢につなげた。「まず自分にしかメリットがない試合を受けていただき、ありがとうございます。去年のK'FESTAは先輩の大沢文也選手のセコンドで舞台裏から見ていた。そのころはまだアマチュアでプロデビューして1年経っていない状態で今年はスーパーファイトで呼んでもらえることをうれしく思う。呼んでいただいたからには熱い試合をするし、格上だからといって胸を借りるつもりもない。その胸をぶっ壊して次のステップに進みたい」と気合を見せた。
質疑応答の時間になるとマスコミ陣の前に客席に紛れ込んでいた堀井が静かに手を挙げるハプニング発生。これは司会に制され、堀井のゲリラ質問は未遂に終わったが、果たして堀井は何を聞きたかったのか...。
堀井は山崎戦後、山崎との会見の模様をプリントした街宣車を自らのファイトマネーで走らせるなど神出鬼没の動きを見せており、今後の堀井の動きからも目が離せない。
寺島「“絶対に負けない”という決意を試合までに固める」
この堀井の静かな“乱入”に寺島は「堀井選手が以前に(会見で)すごいことばかりやっているから、やりにくいです(笑)」と苦笑い。気を取り直し、山崎については「どんな相手でも妥協しないイメージ。僕は一番格下の相手になると思うが、山崎選手は気を抜いて大技を仕掛けるというようなことはしないで、常に全力でぶつかってきてくれると思う。怖さのあるファイター。蹴りもパンチも怖いものがたくさんある。自分ももともと伝統派空手出身で、伝統派も極真空手もやっているミックスファイターなので、いろいろな経験を糧にして倒していけたら」などと語った。
山崎が寺島について「極真上がりということで下半身も強くて、右も左もしっかりできるファイターという印象。勝ち方も派手だし、顔もいいので、これから人気も伸びてくる選手だと思う。まあK-1の65kgはどういうものかしっかり拳で伝えていければと思う」と語ると寺島も「大沢選手に“やばいぞ”と言われて、びびらされた。アマチュアの時、K-1が代々木体育館でやっていた時からずっと見ている選手。あこがれているファイターの一人でもあったので、デビューして1年も経っていないのに、拳を合わせて試合ができるのはうれしいし、“拳で伝える”という言葉を言われた重さを感じている。それに負けない気持ちや勇気や“絶対に負けない”という断固たる決意を試合までに固めていい試合ができればと思っている」などと応えた。
この日は合わせて、K-1参戦2戦目となる川原誠也とSATORU成合のスーパーファイトとプレリミナリーファイト4試合が発表された。
川原は昨年11月の横浜大会で皇治と対戦し、先制のダウンを奪うなどあわやの場面を作ったものの、KO負けを喫し、今回はその雪辱を期しての参戦となる。
また、3年連続となる大阪大会が8月22日に開催されることも発表された。
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K’FESTA.3~」(3月22日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)
〈この日発表されたカード〉
◆スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)山崎秀晃vs寺島輝(日本/TANG TANG FIGHT CLUB/team JOKER)
◆スーパーファイト/-61kg契約/3分3R・延長1R
(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)SATORU成合vs川原誠也(日本/パンクラスイズム横浜)
◆プレリミナリーファイト/K-1クルーザ級/3分3R
(日本/WSRフェアテックス幕張)植村真弥vs谷川聖哉(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
◆プレリミナリーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R
(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)璃明武vs龍斗(日本/K-1 GYM横浜infinity)
◆プレリミナリーファイト/K-1ライト級/3分3R
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)東本央貴vs蓮實光(日本/パラエストラ栃木)
◆プレリミナリーファイト/ K-1スーパー・バンタム級/3分3R
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)吏羅vs“狂拳”迅(日本/WIZARDキックボクシングジム)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.