画像: 「皇治を追い詰めた男」川原誠也がK-1第2戦【3・22 K-1】

「皇治を追い詰めた男」川原誠也がK-1第2戦【3・22 K-1】

「武尊を熱くさせた男」SATORU成合と対戦
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K’FESTA.3~」(3月22日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)の第4弾カード発表会見が2月9日、都内で開催され、新たに2試合のスーパーファイトが発表された。
昨年11月の横浜大会でK-1初参戦を果たし、皇治を相手に敗れはしたものの、先制のダウンを奪うなどあと一歩まで追い込んだ川原誠也がK-1第2戦でSATORU成合と対戦する。この試合は-61kg契約で行われる。
対する成合はK-1グループに参戦後は勝った試合はすべてKOで、昨年12月の「Krush.109」では元Krush王者の島野浩太朗とダウンを奪い合う壮絶な殴り合いを展開。この試合の解説を務めた武尊を途中から立ち上がったまま解説させるほど熱くさせたというエピソードを持つ。
また7月26日に開催される初の福岡大会参戦に向け、インパクトを残したい試合となる。
成合は川原について「試合映像を見たが、バチバチの選手でいい打ち合いができると思う。シンプルに僕とやったら面白いんじゃないかと思った。面白い試合にしかならないと思う。一番会場を盛り上げるつもり。次は前回より仕上げてくると思うが、殴り合ったらもちろん勝ちます」などと話した。
川原「前回は声援もセコンドの声も聞こえなかった。次は冷静に戦える」
川原は「前回は準備期間も短くて、しっかり準備できていなかったところもあった。今回はちゃんとスタミナもつけて出られると思うんで、また盛り上がる試合ができると思う。言い訳になるが、やることやって出たんですが、7年ぶりで緊張していたのか、声援もセコンドの声も聞こえないし、作戦も無視して突っ込んじゃった」などと初参戦の皇治戦を振り返った。そして対戦相手の成合については「最初に聞いた時は、自分は(格闘家は)北岡悟しか知らないんで、“誰だろう?”って思った。でも試合を見たら気持ちも強くて、前に出るし、自分とかみ合いそうだと思った。いい選手という印象」などと話した。
試合については「次は冷静に戦えるんじゃないかと楽しみ。3R戦えるように練習しているんで楽しみにしていてください。ドン・フライと高山? ああいうばかみたいな殴り合いはしませんけど、自分はしっかり課題を持って試合をするので、進化した姿を見せようと思っている」などと話した。
この日は合わせて山崎秀晃vs寺島輝のスーパー・ライト級のスーパーファイトとプレリミナリーファイト4試合が発表された。
山崎は今年1月の「Krush.110」にも出場しており、中2カ月での試合となる。
また、3年連続となる大阪大会が8月22日に開催されることも発表された。
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN~K’FESTA.3~」(3月22日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)
〈この日発表されたカード〉
◆スーパーファイト/K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)山崎秀晃vs寺島輝(日本/TANG TANG FIGHT CLUB/team JOKER)
◆スーパーファイト/-61kg契約/3分3R・延長1R
(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)SATORU成合vs川原誠也(日本/パンクラスイズム横浜)
◆プレリミナリーファイト/K-1クルーザ級/3分3R
(日本/WSRフェアテックス幕張)植村真弥vs谷川聖哉(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)
◆プレリミナリーファイト/K-1スーパー・バンタム級/3分3R
(日本/K-1ジム総本部チームペガサス)璃明武vs龍斗(日本/K-1 GYM横浜infinity)
◆プレリミナリーファイト/K-1ライト級/3分3R
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)東本央貴vs蓮實光(日本/パラエストラ栃木)
◆プレリミナリーファイト/ K-1スーパー・バンタム級/3分3R
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)吏羅vs“狂拳”迅(日本/WIZARDキックボクシングジム)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.