画像: 水原希子が語る、アジア7カ国を旅して消えた“不安”と見つけた“柔軟さ”

水原希子が語る、アジア7カ国を旅して消えた“不安”と見つけた“柔軟さ”

オンライン動画配信サービスHulu(フールー)で独占配信中のオリジナルドラマ「ブラを捨て旅に出よう~水原希子の世界一周ひとり旅~」で、アジア各地を旅した女優・水原希子。何が起こるかわからない“予測不能なひとり旅”、その舞台裏はドラマよりもドラマチックだった!? ドラマとドキュメンタリーが融合した新ジャンルに挑んだ水原が、旅の中で再発見したアイデンティティーとは。
「東京に戻ってきて、まず感動したのがトイレでした(笑)」と、現在配信中のHuluオリジナルドラマ「ブラを捨て旅に出よう~水原希子の世界一周ひとり旅~」の撮影でアジア各国をめぐった水原希子。
「一番大変だったのは中国四川省の成都。“穴”が開いただけのトイレが多くて。トルクメニスタンでは、砂漠へ行くとトイレなんて無いので、みんな外でするのが当たり前なんです。青空の下、砂漠のど真ん中ですから、ものすごい開放感ですよね(笑)。日本に帰ってきて、衛生的だし、いろんな心配もしなくていいし、本当に日本の環境って恵まれているんだな、と改めて思いました」
一体どんなところを旅してきたのかというと中国、ベトナム、インド、アゼルバイジャン、ウズベキスタン、トルクメニスタン、トルコの7カ国。確かに、気軽に訪れるにはなかなか難しい国も。しかも今回、スタッフは最小限、水原自身もヘアメイク・スタイリストは無しで、すべて自前という、バックパッカーさながらの撮影だったもよう。本作はドラマでありながらある意味ドキュメンタリーでもあるという、一風変わった作品。かなりチャレンジングな要素も多かったとか。
「プロデューサーや監督をはじめスタッフの皆さんと何度も打ち合わせして“おもしろいですね!”なんて言っていたんですが、こういう企画はやったことが無かったので、さすがに出発前日になって少し焦ってきて。プロデューサーさんに“どんな撮影になるか、どういう映像になるか見えてますか”と聞いたら“いやちょっと...でも大丈夫です!”って(笑)。でも、どうなるか見えてないからこその勢い、やったことがないからこそやってみたいというパッションがありました」
歩りえこ氏の著書「ブラを捨て旅に出よう」にある実話エピソードをベースにした最低限のストーリーは用意されていたというが...。
「一応、筋書きがあって物語の流れも決まっているのですが、その通りに行くかどうかは、その場にならないと分からず、まさに半分ドラマ、半分ドキュメンタリーを撮っている感覚でした。というのも、共演した方のほとんどがプロの役者さんではなく、現地にお住まいのごく普通の方々なんです。私は普段、映画やドラマの撮影にはセリフをしっかり入れて行くんですが、今回は台本通りにはいかないだろうという覚悟はしていました。でも実際、現地の方とのやりとりでは思いもよらない化学反応が起きたりして、役者さんとのお芝居とはまた違う面白さがありました」
現地で暮らす普通の人に参加してもらうとなると、予想外の出来事も多々あったのでは?
「無数にあります(笑)。でもほとんどがポジティブなものでした。例えば第1話の成都で登場するタクシーの運転手さんは、本当の運転手さんで、言葉が通じず勘違いしたままやり取りが進んでいく、という設定をすぐ理解してくれて、すごく楽しんで参加してくれました。しかもすごく自然なお芝居で(笑)。他の国でも、皆さんがそんな感じで、楽しみながら参加してくれて、見事なお芝居をしてくださって。おかげで私もリアルな反応を引き出していただきました」
しかも、水原自身が彼らと直接コミュニケーションをとり演技について説明したという。
「私がそんな役目も務めることになるというのも予想外でした(笑)。現地に行って気づいたんです。ウチのスタッフ、誰も英語はなせないじゃん!って。相手も英語のネイティブではないので、結局、私がボディーランゲージを交えつつ簡単な英語で“私がこう言ったらあなたはこう言ってね”といった感じでお芝居の段取りを伝えていきました。そうしながら私自身、どう伝えたら相手にも面白いと思ってもらい、楽しんで参加していただけるかを考えながらコミュニケーションをとるようになり、単に出演者というより、一緒に作品を作っている感じになっていました。そもそも本当にスタッフが少ないので、録音や撮影もそのときできる人がやるといった感じで、ハンドメイドな現場でした」
その体当たり感も相まって“バックパッカー・水原希子”のドキュメンタリー要素は、よりリアルに。カメラは、水原自身に起きた予想外の出来事もとらえていく。
「旅の中でも特にインドは行く前から緊張していました。もちろん行くのは初めてでしたし、未知な部分が多すぎて、いろいろなことを心配していたんです。インドではガンジス河に行くことになるんですが、自分でもいろいろ調べたところ、河に入って体調を崩す観光客がよくいる、しかも病気になるのは日本の人が多いという話もあってすごく不安になってしまって(笑)。旅は続くし、撮影に支障が出てしまうといけないから河に入るのはやめておこう、と。でも、現地の人は普通に沐浴しているし、そのまま石鹸で体を洗ってお風呂として使ったりしていて。彼らにとっては聖なる河であり、日常の一部なんですよね。それを見ていたらだんだん気持ちが傾いてきて...さあどうするか、それは本編を見ていただければ(笑)。ネットで調べて知っていたことでも、実際に経験してみるとまったく違うことを感じたりするんだ、と改めて感じました。そのギャップが特にインドで大きく、結果的にはインドが大好きになりました」
インドではサリーにも夢中に。
「成都のチャン族の衣装もベトナムのアオザイも大好きなんですが、実際にサリーを着たときは本当にうれしかったです。インドに着いた瞬間、当たり前なんですけど、女性がみんなサリーを着ていて圧倒されました。サリーを着た方とすれ違うたびに目で追ってしまって、お店に入ったらなかなか出られなくなって、撮影時間を押してしまって...スタッフさんにご迷惑を(笑)」
着付けをしてくれた現地の女性たちとも楽しい時間を過ごした水原。
「このサリーには赤いリップが似合う、とかブレスレットもつけなきゃ、と言って貸してくれたり、ビンディ(額の印)もつけてくれたり。自分たちのカルチャーを海外の人に伝えたいという気持ちがすごく伝わってきました。あと、みんな私より若かったんですけどもう結婚していて、夫の家族が厳しい家だと毎日サリーを着ないといけない、という話を聞いたりもして、なるほどなあ、と思いました」
ドラマでは、水原が「ネットでたびたび炎上してしまったり、フェイクな記事を書かれたり」したことを背景に、自らのアイデンティティーを求めて世界一周ひとり旅を決意。実際に水原自身、この大冒険を経て、再発見したアイデンティティーは?
「旅を経て価値観はかなり変わりましたし、怖いものもあまり無くなりました(笑)。実は今まで、海外のオーディションを受けることは私にとってけっこうな恐怖だったんです。人にその場で直接ジャッジされることが怖くて。英語もできるとはいえ完全なネイティブではないし英語でのお芝居も慣れておらず、緊張していいパフォーマンスができないこともあって、避ける気持ちがあったんです。でも今回の旅で、一番大事なのは言葉じゃない、その現場に自分がどれだけパッションを持っていくかだ、ということに気づくことができました。3年前に起業し、もっとインターナショナルに仕事をしていきたいと思っていた時にこのお話を頂いて、人生を変える体験になるだろう、と思って参加させていただくことを決めたんですが、けっこうな試練でしたが、少しはたくましくなったと自分でも思います(笑)。国から国へ旅を続けていると、自分が持っている概念が崩されては再構築される、ということが繰り返されるので、頭がちょっと柔らかくなるんですよね。どんなことでも簡単には判断できないし、これが当たり前だ、なんてことはないんだなと、日常的にいろいろな視点を意識するようになりました」
現在配信されているのは“アジア編”。と、いうことは...?
「世界一周、と言っていますからシリーズとしてこれからも旅を続けていきたい、と思っています。今回はアジアのいろいろな国を、私が体を張って(笑)旅をし、かけがえのない体験をさせていただいたので、どこがドキュメントでどこがドラマか分からないドラマチックドキュメンタリーという新たなジャンルを楽しんでいただければうれしいです」
7カ国それぞれの風景や文化、人との交流を水原と一緒に体験してみては。
(本紙・秋吉布由子)
【配信】Huluにて独占配信中(1月24日以降、毎週金曜日に新エピドードを配信・全6話)
【原案】歩りえこ「ブラを捨て旅に出よう」(講談社)
【URL】https://www.hulu.jp/static/brasute/
【公式Twitter】@kikoxxx
【公式Instagram】@i_am_kiko
【公式YouTube】https://www.youtube.com/kiko

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.