画像: 30周年記念開催に世界中の希少ならんが集結!「世界らん展2020 −花と緑の祭典−」

30周年記念開催に世界中の希少ならんが集結!「世界らん展2020 −花と緑の祭典−」

文京区の東京ドームにて、「世界らん展2020 −花と緑の祭典−」が行われる。今年で開催30周年を迎える本イベントは、「満開」というコンセプトのもと、会場中央に100万輪の「らん」を使って満開の桜を表現したシンボルモニュメント「桜蘭(おうらん)」が登場し、ひと足早く令和初のお花見を楽しむことができる。さらに、さまざまな「らん」で彩ったウェルカムゲート「オーキッド・ゲート2020」がイベントに華を添える。
30周年記念特別展示として、らんの女王として知られる「カトレア」の世界初の交配種「ドミニアーナ」の大株を展示する「奇跡のカトレア 〜ドミニアーナ〜」。同じく30周年記念特別展示「至宝の蘭」では、1株で1200万円以上もする日本初公開の東洋蘭「韓国春蘭 円紅舌(エンコウゼツ)」をはじめとした希少で高価ならんを惜しみなく展示する。
世界中から集められたらんから日本一のらんを決定する「世界らん展日本大賞」、女性を中心に人気の高い多肉植物を展示する「TANIKU FANTASTIC!」、生花から雑貨までショッピングできる「ボタニカルマーケット」、人気クリエーターによる「ワークショップ」や豪華ゲストが登場する「ステージイベント」など、多彩なコンテンツで東京ドームを盛り上げる。
また、18時からは会場が幻想的にライトアップされるスペシャルナイトを開催。シンボルモニュメント「桜蘭」のライトアップショー「フラワーシンフォニー・オブ・ライツ」は必見だ。オリジナルのフラワーカクテルを片手に楽しめるため、会社帰りや時間が気にならない休日にゆっくり立ち寄れる。
世界中から希少ならんが集結する「世界らん展2020 −花と緑の祭典−」は東京ドームにて21日まで。
「世界らん展2020 −花と緑の祭典−」
【期間】2020年2月14日(金)〜21日(金)
【時間】14日:12〜21時、15・18〜20日:10〜21時、16・17・20日:10〜17時30分
【料金】当日券:2300円、ナイト当日券:1200円 ※すべて税込、ナイトチケットは17時から入場可能(16・17・21日を除く)、中学生(要学生証提示)および保護者同伴の小学生以下無料
【会場】「東京ドーム」(東京都文京区後楽1-3-61)
【URL】https://www.tokyo-dome.co.jp/orchid/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.