画像: 7つの世界初を達成し帰還中の「はやぶさ2」リーダー、応援に「泣きそうになるほどうれしかった」

7つの世界初を達成し帰還中の「はやぶさ2」リーダー、応援に「泣きそうになるほどうれしかった」

「リポD SPACE PROJECT」発足発表会が14日、都内にて行われ、大正製薬が、小惑星探査機「はやぶさ2」の地球帰還に合わせた宇宙開発応援プロジェクトを発表。また「はやぶさ2」ミッションを率いるJAXAの津田雄一プロダクトマネージャらが登壇し、はやぶさ2の現在の状況や舞台裏を語った。
プロジェクトについて大正製薬株式会社マーケティング本部長・梅岡久氏は「2005年、はやぶさの管制室の様子をとらえた映像にリポビタンDが映っているのを見つけまして、うれしかったのと同時に、リポDの社会的なミッションとは、疲れている方や頑張っている方を応援することだと、我々は宇宙開発に携わることはできなくても、その分野で頑張っている人を応援することはできると思いました」と、プロジェクト発足の背景を語り、合わせて同商品応援限定ボトルの発売開始を発表した。
第2部ではJAXA 宇宙科学研究所「はやぶさ2」プロダクトマネージャの津田雄一氏と、はやぶさ初号機の運用などに携わったNEC 社会基盤ビジネスユニット 宇宙システム事業部マネージャ小湊隆氏が登壇。津田氏は「リュウグウでの挑戦がことごとくうまくいき“7つの世界初”という予想以上の成果が出た」と話し「大きく分けると3つ。探査ロボットを4台展開し地表探査をしたこと、精度60センチメートルで2回タッチダウンをしたこと、そして直径10メートルの人工クレーターを開けて地下の物質をさらけ出して星のかけらを採取したこと、どれも世界初の成果となります」と手ごたえを語った。また、初号機と比べて順調ぶりが指摘されると「本当はすごく苦労しています(笑)。アメリカのあるアンテナが天候不良で使えなくなり、このままでははやぶさ2の電波が途絶える、急きょ別の大陸にあるアンテナを探さないと、あと5分で中止という、けっこう緊迫の状況に陥ったことも何度かあります」と舞台裏を明かした。
そんな現場を応援すべく、メッセージ入りの“リポD”が届けられたといい、津田氏は「運用室の冷蔵庫にはリポDしか入っていない冷蔵庫があります(笑)」と笑いつつ「一度、タッチダウンが中止になったとき、危ない橋を渡って2回目をやるか、とJAXA内でも意見が割れたが、一般の方々から、プロジェクトチームがいいと思ったことをやるのが一番いい、という声を頂き、泣きそうになるほどうれしかった」と全国から寄せられた応援に感謝。
はやぶさ2は今年11~12月ごろに地球に帰還予定。前回は、本体が燃え尽きながらカプセルを放出する映像が多くの感動を呼んだが「今回は、残念ながらというか、ああいうことは起こしません」と津田氏。「はやぶさは満身創痍となったのでああいうことになったが、はやぶさ2はカプセルを地球に届けた後、宇宙に残り、再び太陽系を出て、また別の目的地を目指す可能性があります」とのこと。
イベント後の囲みで津田氏は「他国に比べ少ない予算の中でも、世界に勝てるものを、と小惑星探査をやってきた」と振り返り「当然帰ってこれるでしょう、という人が多いのですが、復路も気の抜けない作業が続きます。また、すでにJAXAでも、地球の物質と絶対に混ざらないように、カプセルの中身を取り出す訓練を始めています」と現状を語った。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.