画像: 日本初公開の1鉢1200万円のらんも!東京ドームで「世界らん展2020」スタート

日本初公開の1鉢1200万円のらんも!東京ドームで「世界らん展2020」スタート

文京区の東京ドームにて14日、「世界らん展2020 −花と緑の祭典−」開会式と内覧会が行われた。30〜40代の女性ファンを中心に毎年人気のイベントで、開催30周年を迎える今年は記念の特別展示が目白押しだ。会場に入場するとまず目に入るのが、30周年を象徴するさまざまな「らん」で彩られたウェルカムゲート「オーキッド・ゲート2020」。横幅約18メートル、高さ約5メートルのゲートにシンビジューム、胡蝶蘭、オンシジューム、リカステ、デンドロビュームなど、100万輪の華やかな洋蘭が出迎えてくれる。
「オーキッド・ゲート2020」をくぐり抜けて会場に入ると、「世界らん展日本大賞」で上位に輝いた見事な「らん」の数々が展示された「シンボルロード」が。その終着点となる会場中心に設置されているのが、イベントコンセプトの「満開」を表現する100万輪のオンシジュームで作られたシンボルモニュメント「桜蘭(おうらん)」だ。まだ肌寒さは残っているが、ピンク色のかわいらしいオンシジュームでひと足早いお花見気分が味わえる。
また、「桜蘭」の正面には今年の「世界らん展日本大賞」に選ばれた日本一の「らん」、パフィオペラディウム ツクバ スウィート「ヒサシ」を展示。会期中は大変な混雑が予想されるが、その堂々たるたたずまいと気品あふれる美しさは一見の価値あり。
そのほかにも見逃せないのが、30周年記念特別展示。「奇跡のカトレア 〜ドミニアーナ〜」は「らん」の女王といわれるカトレアの中で、世界初のカトレア交配種である「ドミニアーナ」の大株が展示される。展示ブースでは原種から交配種までさまざまなタイプのカトレアが3部構成で夢の共演を果たす。
もうひとつの30周年記念展示が「至宝の蘭」。世界でも希少な最高級の「洋蘭」、「東洋蘭」、「日本の蘭」を展示する。中でも注目したいのが、日本初公開となる1鉢1200万円の東洋蘭「韓国春蘭 円紅舌(エンコウゼツ)」。花の時期ではないため株のみの展示だが、葉柄だけでも凛とした姿が楽しめる。
今年の新企画として、独特なフォルムで女性を中心に人気を集める多肉植物を初めて特集。「TANIKU FANTASTIC!」では人気多肉作家の寄せ植え作品をはじめ、いわゆるサボテンから多種多様な特長を持つ多肉植物までが大集合し、「多肉女子」にはたまらない空間となっている。
会場には人気フラワーアーティストやいけばな、盆栽、沖縄美ら海水族館の展示、生花から雑貨まで約200店舗が揃う「ボタニカルマーケット」や人気クリエイターが手がける「ワークショップ」、日替わりで豪華ゲストが出演する「メインステージ」などコンテンツが盛りだくさん。18時以降はライトダウンセレモニーを行い、「桜蘭」のライトアップショー「フラワーシンフォニー・オブ・ライツ」など植物のライトアップや光と音の演出による「スペシャルナイト」を開催する。仕事帰りはフラワーカクテルを片手に夜の「世界らん展」散策はいかが?
「世界らん展2020 −花と緑の祭典−」は東京ドームにて本日より21日まで。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.