画像: 王者・女神がsasoriの猛打の前にプロ初黒星【2・15 SB】

王者・女神がsasoriの猛打の前にプロ初黒星【2・15 SB】

1Rからsasoriが猛ラッシュ
シュートボクシング(SB)の2020年開幕戦「SHOOT BOXING 2020 act.1」(2月15日、東京・後楽園ホール)でSB日本女子ミニマム級王者の女神がプロ初黒星を喫した。
女神はプロデビュー戦となった昨年7月の「SB日本女子ミニマム級王者決定トーナメント」でいきなり優勝を果たした、まだ16歳という逸材。国内では敵なしの状態でここ3戦は国際戦で3つの白星を重ね、プロデビュー以来、5戦5勝となっていた。
対戦相手のsasoriは現NJKFライトフライ級王者。関西を主戦場に戦い12戦8勝(1KO)2敗2分の戦績を誇る。
試合は1Rからsasoriがサウスポーからのパンチのラッシュで主導権を握る。左フックで女神をぐらつかせ、左ストレートで女神のあごが上がる。
女神はローに前蹴りで反撃もsasoriの手数は一向に衰えない。
女神が首投げでポイント取るも打撃ではsasoriが圧倒
2Rもsasoriがパンチで前に出るが、逆に女神はその勢いを使った首投げでシュートポイント1を奪う。女神はパンチにバックブローで追撃するが、sasoriのプレッシャーは止まらない。終盤にはsasoriの左ストレートが女神の顔面を襲う。
3R、女神は前蹴りでプレッシャーをかけるがsasoriはパンチで反撃。sasoriの左ストレートで女神が鼻血を出す。その勢いのままsasoriがプレッシャーをかけ前に出ると、女神がバックブロー。しかしsasoriは構わず前に出てパンチを放ち続ける。女神のバックブローは下がりながらのもので威力は半減。
しかし女神はsasoriの突進をまたも首投げでとらえシュートポイント1を獲得。
試合は判定となり1人が女神を支持したが、1-0で延長に。
延長ラウンドは女神もパンチで応戦するが、sasoriの左ストレートがヒット。sasoriの追撃に女神が苦し紛れのバックブローを放つがsasoriは左ストレートからパンチの連打でダウンを奪う。残り1分、女神も反撃を見せるが無情のゴング。3-0の判定でsasoriが勝利を収めた。
「SHOOT BOXING 2020 act.1」(2月15日、東京・後楽園ホール)
◆第10試合 68.0kg契約 エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R ※ヒジ打ちあり
海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者、SB日本スーパーライト級王者)(延長3R判定1-2=10-9、9-10、9-10 ※延長2R判定1-0=10-10、10-9、10-10/延長1R判定1-1=10-10、10-9、9-10/本戦判定1-0=50-48、49-49、49-49)ピンペット・バンチャメーク(タイ/バンチャメークジム/ルンピニースタジアム認定スーパーライト級6位、WPMF世界スーパーライト級王者)
◆第9試合 61.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R ※ヒジ打ちあり
○笠原弘希(シーザージム/SB日本スーパーフェザー級王者)(3R1分14秒、TKO=ドクターストップ)前口太尊(TEAM TEPPEN/元J-NETWORKライト級王者)●
◆第8試合 64.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○町田光(橋本道場/WPMF世界スーパーフェザー級王者)(判定3-0=29-28、29-28、29-27)宮越慶二郎(拳粋会/元WBCムエタイ・インターナショナル・ライト級王者)●
◆第7試合 SB日本フェザー級(57.5kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○笠原友希(シーザージム/SB日本フェザー級1位)(延長2R判定2-0=10-9、10-10、10-9 ※延長1R1-0=10-9、10-10、10-10/本戦判定1-0=30-30、30-29、29-29)魁斗(立志會館/SB日本フェザー級3位)●
◆第6試合 49.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
●女神(TIA辻道場/SB日本女子ミニマム級王者)(延長1R判定0-3=8-10、8-10、8-10 ※本戦判定1-0=28-28、29-28、28-28)sasori(テツジム/NJKFミネルヴァ・ライトフライ級王者)○
◆第5試合 SB日本バンタム級(52.5kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
●佐藤執斗(グラップリングシュートボクサーズ/SB日本バンタム級1位)(判定0-2=28-29、29-29、28-29)伏見和之(シーザー力道場/SB日本バンタム級2位)○
◆第4試合 SB日本ライト級(62.5kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○村田聖明(シーザージム/SB日本ライト級1位、元SB日本スーパーフェザー級王者)(延長1R判定3-0=10-8、10-9、10-9 ※本戦0-0=29-29、29-29、29-29)増井侑輝(真樹ジムAICHI/SB日本ライト級3位)●
◆第3試合 SB日本ウェルター級(67.5kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
●太聖(岡山ジム/SB日本ウェルター級4位、INNOVATIONウェルター級王者)(判定0-3=8-10、8-10、8-10 ※本戦判定0-0=30-30、29-29、30-30)村田義光(シーザージム/SB日本ウェルター級5位)○
◆第2試合 SB日本スーパーウェルター級(70.0kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
●坂本優起(シーザージム/SB日本スーパーウェルター級4位)(判定0-3=28-29、28-30、28-29)高木覚清(岡山ジム/INNOVATIONウェルター級8位)○
◆第1試合 CAESAR’S LEAGUE 2019ランキング戦 SB日本フェザー級(57.5kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○手塚翔太(Sublime guys・GONG-GYM坂戸/SB日本フェザー級4位)(3R1分20秒、TKO=スタンディング・チョークスリーパー)TSUTOMU(TIA辻道場/SB日本フェザー級10位)●

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.