画像: この日も冴えわたる“居合ジャーマン”町田光がSB 3連勝【2・15 SB】

この日も冴えわたる“居合ジャーマン”町田光がSB 3連勝【2・15 SB】

宮越とキックボクサー同士の異色カード
シュートボクシング(SB)の2020年開幕戦「SHOOT BOXING 2020 act.1」(2月15日、東京・後楽園ホール)で“居合パンチャー”町田光がSB3戦目に臨み、宮越慶二郎と対戦した。
シュートボクサーが外敵となるキックボクサーを迎え撃つカードが多い中、この2人はタイトル獲得歴もあるキックボクサー同士というSBのリングでは異色のカード。
もっとも町田は今回でSBには3戦目の参戦で過去2回は村田聖明、西岡蓮太というトップクラスのファイターを相手にジャーマンスープレックスで連勝中。すっかりSBの戦い方をマスターし、タイトルを狙える存在となっている。
町田が居合パンチを得意とする“居合パンチャー”なら宮越はニンジャ・フットワークといわれる独特のステップを駆使した戦い方が特徴と個性あふれる者同士の戦いとなった。
試合は1Rから予告通り投げを狙って組み付きに行く町田とこらえる宮越という展開。町田が居合パンチのポーズを取ると宮越は“手裏剣パンチ”のポーズで応じるなど曲者同士の戦いを展開。
3Rについに町田がジャーマンで宮越を投げ切る
2Rになると町田は右ミドルを積極的に放ち、宮越の反撃のパンチをかいくぐっては組み付き、投げを狙う。しかしここも宮越がしのぎ投げ切ることはできない。
オープンスコアシステムで行われたこの試合、1Rは3者とも10-10、2Rは1人が10-9で町田という僅差の戦いとなる。
3R序盤、町田はパンチから素早くバックを取り切ると得意のジャーマン。宮越の体がきれいな弧を描き、町田がシュートポイント2を獲得する。
後がない宮越はパンチで反撃に出るが、町田は組み止め、バックを取れないとみるやヒザを宮越のボディーに叩き込むなどクレバーな戦法で宮越の反撃を封じる。
試合は判定となったが、SP2がものをいい、町田が3-0の判定で勝利を収めた。
「SHOOT BOXING 2020 act.1」(2月15日、東京・後楽園ホール)
◆第10試合 68.0kg契約 エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R ※ヒジ打ちあり
海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者、SB日本スーパーライト級王者)(延長3R判定1-2=10-9、9-10、9-10 ※延長2R判定1-0=10-10、10-9、10-10/延長1R判定1-1=10-10、10-9、9-10/本戦判定1-0=50-48、49-49、49-49)ピンペット・バンチャメーク(タイ/バンチャメークジム/ルンピニースタジアム認定スーパーライト級6位、WPMF世界スーパーライト級王者)
◆第9試合 61.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R ※ヒジ打ちあり
○笠原弘希(シーザージム/SB日本スーパーフェザー級王者)(3R1分14秒、TKO=ドクターストップ)前口太尊(TEAM TEPPEN/元J-NETWORKライト級王者)●
◆第8試合 64.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○町田光(橋本道場/WPMF世界スーパーフェザー級王者)(判定3-0=29-28、29-28、29-27)宮越慶二郎(拳粋会/元WBCムエタイ・インターナショナル・ライト級王者)●
◆第7試合 SB日本フェザー級(57.5kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○笠原友希(シーザージム/SB日本フェザー級1位)(延長2R判定2-0=10-9、10-10、10-9 ※延長1R1-0=10-9、10-10、10-10/本戦判定1-0=30-30、30-29、29-29)魁斗(立志會館/SB日本フェザー級3位)●
◆第6試合 49.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
●女神(TIA辻道場/SB日本女子ミニマム級王者)(延長1R判定0-3=8-10、8-10、8-10 ※本戦判定1-0=28-28、29-28、28-28)sasori(テツジム/NJKFミネルヴァ・ライトフライ級王者)○
◆第5試合 SB日本バンタム級(52.5kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
●佐藤執斗(グラップリングシュートボクサーズ/SB日本バンタム級1位)(判定0-2=28-29、29-29、28-29)伏見和之(シーザー力道場/SB日本バンタム級2位)○
◆第4試合 SB日本ライト級(62.5kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○村田聖明(シーザージム/SB日本ライト級1位、元SB日本スーパーフェザー級王者)(延長1R判定3-0=10-8、10-9、10-9 ※本戦0-0=29-29、29-29、29-29)増井侑輝(真樹ジムAICHI/SB日本ライト級3位)●
◆第3試合 SB日本ウェルター級(67.5kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
●太聖(岡山ジム/SB日本ウェルター級4位、INNOVATIONウェルター級王者)(判定0-3=8-10、8-10、8-10 ※本戦判定0-0=30-30、29-29、30-30)村田義光(シーザージム/SB日本ウェルター級5位)○
◆第2試合 SB日本スーパーウェルター級(70.0kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
●坂本優起(シーザージム/SB日本スーパーウェルター級4位)(判定0-3=28-29、28-30、28-29)高木覚清(岡山ジム/INNOVATIONウェルター級8位)○
◆第1試合 CAESAR’S LEAGUE 2019ランキング戦 SB日本フェザー級(57.5kg) エキスパートクラス特別ルール 3分3R延長無制限R
○手塚翔太(Sublime guys・GONG-GYM坂戸/SB日本フェザー級4位)(3R1分20秒、TKO=スタンディング・チョークスリーパー)TSUTOMU(TIA辻道場/SB日本フェザー級10位)●

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.