画像: 沖縄の「味な」島建築をめぐる『沖縄島建築 建物と暮らしの記録と記憶』

沖縄の「味な」島建築をめぐる『沖縄島建築 建物と暮らしの記録と記憶』

筆者が初めて沖縄本島に旅行したのは20年ほど前のことだった。「亀甲墓(かめこうばか)」や「石敢當(いしがんどう)」など、目にするものすべてが珍しく、本土との違いに驚いた記憶がある。
そんな沖縄の島建築を紹介する本書は、決して有名だったりデザイン性が高いわけではないものの、土地に根ざした10軒の建築物と、そこで生活する人々の話を丹念にすくいあげている。味噌屋や泡盛工場、戦前から続くホテル、ドライブイン、コルビュジエ風の教会......。シリーズ名の「味な建物探訪」にもうなずける、散歩していてひょっこり出てきたらうれしくなるような場所ばかりだ。
さらにコラムでは「鉄門扉」、「花ブロック」、「直書き看板」などの知っているようで知らなかった意匠を網羅。こんな意匠を探しながら沖縄を歩けば、風景ががらりと変わって見えるだろう。
副題に「建物と暮らしの記録と記憶」とある通り、いつまで残っているか分からない建物を書き留めておく意味合いもあるようだ。取材中に公設市場がなくなってしまい、「あとがき」を執筆中に首里城が焼失してしまったことにも触れられている。
「二子玉川 本屋博」の出版社ブースで入手した掘り出し本。本書を頼りに実際に建物を探訪したくなる。
【監修】普久原朝充
【写真】岡本尚文
【発行】トゥーヴァージンズ
【定価】本体1900円+税
【URL】https://www.twovirgins.jp/single-post/2019/11/29/%E3%80%8E%E6%B2%96%E7%B8%84%E5%B3%B6%E5%BB%BA%E7%AF%89-%E5%BB%BA%E7%89%A9%E3%81%A8%E6%9A%AE%E3%82%89%E3%81%97%E3%81%AE%E8%A8%98%E9%8C%B2%E3%81%A8%E8%A8%98%E6%86%B6%E3%80%8F

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.