画像: 【下町エリア篇】内幸町に九州&下町横丁がオープン!話題の「日ゞ小路」に行ってみた

【下町エリア篇】内幸町に九州&下町横丁がオープン!話題の「日ゞ小路」に行ってみた

内幸町駅に直結する日比谷国際ビルに20日、九州と下町に特化した食べ歩き・はしご酒スポット「日ゞ小路(ひびこうじ)」がオープンした。富国生命ビルと日本プレスセンターに挟まれたオフィスビルの地下街に広がる同施設は、九州料理や焼酎、地酒を集めた「九州エリア」7店舗と個性豊かなお酒に合うおつまみが楽しめる「下町エリア」3店舗の2つのゾーンに分かれており、全10店舗中9店舗が東京初出店だという。新しい飲食店に目がない編集部が、実際に食べて飲んだ6店舗をレポートする。
【新規開業店】熱々鉄板チェインズ
新規開業店となる広島鉄板料理の「熱々鉄板チェインズ」。広島出身の店主・木田さんはなんと異業種からの転身組で、趣味でお好み焼きを焼き続けて25年で独立開業した変わり種。こだわりの「肉玉そば」700円(税別)は、具材にかつお節ととろろ昆布を入れ、麺にソースを絡ませることによって昔ながらの味わいを再現した。「屋台のお好み焼きとカープは、広島の復興の象徴なんです」という木田さん。現在はオタフクソースを使っているが、いずれはソースの種類も選べるようにしたいのだとか。
そのほかにも「牡蠣の蒸篭(せいろ)蒸し」は、蓋を開けると潮の香りが漂い、昆布の味が染み込んだプリプリの牡蠣が絶品! ドリンクは2種類から選べる「カープ缶酎ハイ」と広島が誇る甲類焼酎「紫蘇ダルマ」のソーダ割りがおすすめ。
1番地「熱々鉄板チェインズ」
【営業時間】平日:11時30分〜14時/17〜22時30分、土:11時30分〜19時30分
【定休日】日・祝日
【新規開業店】串焼き つぐね
こちらも新規開業店の「串焼き つぐね」は広報スタッフのおすすめ。フランス料理店で12年、居酒屋で12年の経験を積んだ店主の種本さんが提案するさまざまなつくね料理が1個から楽しめる。特におすすめの「うま塩焼きつくね」は、挽き方を変えたもも肉・せせり・ぼんじり・軟骨の4種類の鶏肉を混ぜて作っている贅沢な一品。種類の違うつくねを1個ずつ注文することも可能で、かわいらしい見た目とひと口サイズが女性にもうれしい。ドリンクはジャパニーズクラフトジン「ROKU GIN」のソーダ割りや「だるまバイスサワー」など、爽やかなサワー類が充実している。
2番地「串焼き つぐね」
【営業時間】平日:11時30分〜22時30分、土:11時30分〜19時30分
【定休日】日・祝日
「日ゞ小路(ひびこうじ)」
【住所】「日比谷国際ビル」ヒビコクチカシタ内(東京都千代田区内幸町2-2-3 日比谷国際ビルB2)
【営業時間】平日:11時30分〜14時/17〜22時30分、土:11時30分〜19時30分 ※一部店舗は異なる
【定休日】日・祝日、ビル閉館日
【URL】http://hibikoji.jp/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.