画像: ケンドーコバヤシが伝説の風俗を巡るドラマ「素の部分、出ている」

ケンドーコバヤシが伝説の風俗を巡るドラマ「素の部分、出ている」

ケンコバことケンドーコバヤシが主演するドラマ『桃色探訪~伝説の風俗~』(映画・チャンネルNECO)が2月29日に放送される。風俗好きを公言するケンコバは「僕の風俗通いを覗き見ているような感覚で楽しんでもらいたい」と、話している。
ケンコバが演じるのは、うだつが上がらないサラリーマンの梶山。少ない小遣いをやりくりして月に1度だけ風俗に通うことを楽しみにしており、毎月、己の勘と経験を頼りに、極上の風俗を追い求めている。そのなかで、「プロフィールで信じていいのは身長のみ」「待合室は、精神統一の場なり」と、格言もたくさん飛び出す。
ケンコバは「梶山という男の“風俗は一期一会”という精神には大いに共感」するというが、「梶山は、お店や女性選びで小技を使っていますが、僕はリスキーな方法で挑むことが大概だし、僕のほうが、プレイももっと紳士的ですよ」と、笑う。
ドラマに登場するのは実在する名店。池袋の店舗型ファッションヘルスで蛍光ローションプレイを楽しむ。プレイシーンがどんなふうに表現されるのかもまた、見どころ聞きどころだ。
「台本はあるものの、僕の素の部分も出ていて、プライベートが盗撮された気分」と、ケンコバ。「チャンネル NECOを訴えてやりますよ」。
風俗嬢のルナは『SOD AWARDS 2019』で新人女優賞に輝いた本庄鈴。待合室で遭遇する“同志”をお笑いコンビ、かまいたちが演じている。
映画・チャンネルNECOで、2月29日23時30分から。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.