画像: 玉砕の関根“シュレック”秀樹「あきらめたら終わり。また立ち上がる」【2・22 RIZIN.21】

玉砕の関根“シュレック”秀樹「あきらめたら終わり。また立ち上がる」【2・22 RIZIN.21】

ロッキー・マルティネスに1RTKO負け
「RIZIN.21」(2月22日、静岡・浜松アリーナ)でRIZIN初参戦を果たした関根“シュレック”秀樹がロッキー・マルティネスと対戦。1R4分4秒、TKOで敗れた。
関根は元静岡県警の刑事という異色のキャリアを持つ格闘家。40代でプロ格闘家に転向し、最近はプロレスラーとしても活躍する。ベースに柔術を持つ関根は得意のグラウンドに持ち込むべく再三タックルを仕掛けるが、マルティネスはタックルを切っては重い打撃で勝負。
最後は関根のタックルを切ったマルティネスが鉄槌からキック。なおも立ち上がりかけた関根にキックを浴びせる。ロープ際で関根の上半身がエプロンに出たところでロッキーがパウンド。レフェリーが試合を中断し、関根をリング内に戻そうとしたが関根は起き上がれず、そのままTKO負けとなってしまった。
「必ずまたこのあこがれの舞台に戻ってくる」
関根は試合後の会見で「とにかく悔しい。RIZINに出られたのは単純にありがたかった。そして、これだけ応援してくれているのに負けてしまい、非常に申し訳なく思っています」と肩を落とした。
しかし「今回の負けは自分のなかで言い訳がきかない。ヒザの靱帯が切れたままだが、こうやってテーピングさえすればフットワークも使えるし踏ん張れる。投げも解禁できるということでポテンシャルをすべて発揮できるはずでした。ロッキーをスープレックスできず、KO負けしてしまったわけですが、これで終わりというわけじゃない。あきらめたら終わりなんすよ。俺はね、また立ち上がる。今日、明日、今晩からね、またトレーニングを始めます。立ち上がって前に進むことが男の生き方であり、みんなに見せたい姿なので、ひとつひとつ勝ち上がってRIZINという舞台にまた立って今度こそ勝ちたい。自分はUWFというプロレスにあこがれて...(嗚咽)一度はあきらめた夢だったんだけど、こうやってめぐりめぐって夢の舞台に挑戦できました。ただね、これまで生きてきた自分の人生、関わってくれたみんなにまだお礼ができてない。必ずまたこのあこがれの舞台に戻ってきます」と最後までチャレンジする姿勢を崩さなかった。
「RIZIN.21」(2月22日、浜松アリーナ)
◆第10試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(68.0kg)※肘あり
○朝倉未来(トライフォース赤坂)(2R2分34秒、KO)ダニエル・サラス(メキシコ/BONEBREAKERS TEAM)●
◆第9試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(61.0kg)※肘あり
○ビクター・ヘンリー(アメリカ/UWF USA)(2R45秒、TKO)金原正徳(リバーサルジム立川ALPHA)●
◆第8試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(120.0kg)
○ロッキー・マルティネス(グアム/SPIKE22)(1R4分4秒、TKO)関根"シュレック"秀樹(ボンサイブルテリア)●
◆第7試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(79.0kg)
○マルコス・ヨシオ・ソウザ(ブラジル/ボンサイ柔術)(1R1分27秒、TKO)ファルコ・ネト(ポルトガル/Kleber Team)●
◆第6試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(61.0kg)※肘あり
○金太郎(パンクラス大阪稲垣組)(1R4分21秒、リアネイキッドチョーク)加藤ケンジ(K.O.SHOOTO GYM/3POUND●)
◆第5試合/柔術エキシビジョンイリミネーションマッチ:10分
○ホベルト・サトシ・ソウザ(ブラジル・サンパウロ/ボンサイ柔術)(8分4秒、5人抜き)チーム中井(木村由菜、重水浩次、エジソン篭原、品川祐、中井祐樹)●
◆第4試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(61.0kg)※肘あり
●トレント・ガーダム(オーストラリア/Tiger Muay Thai & MMA)(判定0-3)井上直樹(セラ・ロンゴ・ファイトチーム柔術)○
◆第3試合/スペシャルワンマッチ RIZIN MMAルール:5分3R(66.0kg)※肘あり
○ヴガール・ケラモフ(アゼルバイジャン/ORION FIGHT CLUB)(判定3-0)カイル・アグォン(アメリカ/SPIKE22)●
◆第2試合/スペシャルワンマッチ RIZIN キックボクシングルール:3分3R(120.0kg)
○実方宏介(真樹ジムAICHI)(1R1分28秒、KO)酒井リョウ(レンジャージム)●
◆第1試合/スペシャルワンマッチ RIZIN キックボクシングルール:3分3R(57.0kg)
○竹内賢一(TenCloverGym世田谷)(判定3-0=30-27、30-26、30-26)直也(VERSUS)●
◆OPENING FIGHT 第3試合 RIZIN キックボクシングルール:3分3R(60.0kg)
○ヘンリー・セハス(ボリビア/ブラジリアン・タイ)(30-28、30-28、30-28)SEIDO(LARA TOKYO)●
◆OPENING FIGHT 第2試合 RIZIN キックボクシングルール:3分3R(70.0kg)
○憂也(魁塾)(1R2分30秒、KO)康輝(キング・ムエ)●
◆OPENING FIGHT 第1試合 RIZIN キックボクシングルール:3分3R(59.0kg)
△戸塚昌司(C'rush)(判定1-0=30-29、29-29、30-30)大澤匡弘(STRIKEs GYM)△

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.