画像: 【インタビュー】ノゾエ征爾「自分の青春の原点というか衝動の原点に立ち返ったような作品」

【インタビュー】ノゾエ征爾「自分の青春の原点というか衝動の原点に立ち返ったような作品」

劇作家で演出家、そして俳優としても活躍するノゾエ征爾が主宰を務める劇団「はえぎわ」の番外公演『お化けの進くん』が2月28日から東京・有楽町のニッポン放送 イマジン・スタジオで上演される。番外公演ではあるが、はえぎわの公演は約1年ぶり。今回は「“ミュージカルみたいな”作品」と言うノゾエに話を聞いた。
はえぎわの番外公演『お化けの進くん』が2月28日から上演開始
まず「ミュージカルみたいな」というのは?
「世間一般で思われているミュージカルとは全く違うものになります。“ザ・ミュージカル”というものはやらなくていいというか、やるつもりはなくて、音楽と演劇が密に絡まるもの。世間的には“音楽劇”というのかもしれないですけど、歌もわりと入ってくる、そういう作品になるかと思います。僕は高校性の頃からバンドをやっていたので、これまでも作品作りにおいては音楽ってかなり大きなパーツだったんですけど、もう一歩踏み込んでがっつり絡んだような作品をつくれないかな?と思ってこういう作品を作ってみようと思いました」
今出た音楽劇とミュージカルの違いはどうとらえている?
「なんなんですかね(笑)。僕の認識では、いわゆる台詞も歌っちゃうというのが、ミュージカル的なものという感触はあるんですけどね。それが答えかどうかは分からないんですけど」
今回はSAKEROCKのメンバーであった田中馨率いるバンド「Hei tanaka」から田中、あだち麗三郎、池田俊彦の3人が参加し、生バンドで演奏する。「もう一歩踏み込もう」と思ったのはやはり田中馨の存在が大きい?
「田中馨君にはこれまで僕が脚本・演出を手掛けた作品で音楽を担当してもらったり、僕がHei Tanakaのアルバムの中の1曲を作詞したりということはしていたんですが、今回、ニッポン放送さんからお話をいただいて、何をやりたいかなと思った時に、彼ともうワンランクがっつり組んで演劇をやってみたいなと思ったのが最初でした」
最近は小劇場出身の劇作家や演出家がプロデュース公演でミュージカルや音楽劇を手掛けるケースが増えているように思える。
「確かにそういう流れはあるなとは思っています。ちょっと違うかもしれないんですけど、その一端には権利の問題もあるのかなとも思っています。劇中で既成の音楽を使うことについて以前よりも厳しくなってきているということはちょっと耳にしたことがあります。それだったらオリジナルの音楽にしようか、じゃあいっそのこともっと音楽を作品の中に入れちゃおうか、そうなるとちょっと音楽的な要素が強まる作品になるな、みたいなこともなくはないのかなという気はしています。
それに今はそれまでミュージカルや音楽劇をやっていなかった人がやることで注目されているところもあると思いますが、これからは音楽と演劇が深く絡まっていくこと自体が特別視されないようになっていけばいいなと思っています。特別視というのは、どこか特別枠みたいな印象になったりとか“普段と違うんだ”と思われるようなことですね。
今回の作品も単純に普段作っている作品の延長線上にあるという意識でいます。前から台詞のリズムというものが好きなんです。言葉なんだけれど音にもリズムにもなっているというか。いわゆるラップのようなリズムではなくて、会話の掛け合いの心地良さなんかが好きだったんです。谷川俊太郎さんの言葉で“言葉は音楽に恋している”というものがあるんですけど、言葉自体がどこか地続きにあるような感覚が、自分の中で以前より強まっているとように思います」
2016年には故蜷川幸雄氏の遺志を継ぎ「1万人のゴールド・シアター」の演出を手掛ける
はえぎわは昨年、20周年を迎えた。初期の作品は取り上げる題材も台詞も、もちろん舞台上も尖った表現が多かったのだが、徐々に質感が変わり、人への優しさといったものも感じられる作品も増えてきた。
「作風が変わってきたポイントとしては、強いてあげるとしたら老人ホームでの巡回公演を始めたことはあるかもしれないです。あとはワーとかギャーとかやることに単純に飽きたということもあるんですけど(笑)。自分自身もずっと同じであるはずはないですし、好きなものが変わってきたということもあるかなとは思います。あとは作家として仕事にし始めた時に、文学としてもちゃんとした言葉が使えるようになりたいなという思いもあったんだと思います」
今回の作品は題材やタイトルを見ると子供を取り上げた作品に思える。それは子供が生まれたことも大きい?
「それは間違いなくあります。僕にとってもそれも全然普通のことというか。実際、生活の中に彼がいるから子供のことは普通に考えますし」
では今回の作品は子供にも優しいような作品に?
「“子供にも楽しんでもらえるような作品を”とか言いつつ、今回はそこまでなってないかも(笑)。久々にバカみたいなエロいワードとかが出てきたりしています(笑)。最初は“絵本にでもできるような作品にしよう”とか考えていたんですけど“思ってたのと違うな”って(笑)。
でも扱っている題材としては高校生とかバンドとかが絡まっているんですけど、どこか自分の青春の原点というか衝動の原点というか、そこに立ち返ったような作品にはなっていますけどね」
最近のノゾエの作品は流行を取り入れるとかカッコいい話といったものは極力避けて、普遍的なものや自身の中から自然に出てくるものを書いている印象。
「どこか職業としてやり切れてないところがまだありまして、スキルで書けないというか、どうしても自分の衝動が大事になってくる。一応書けてはいるんだろうけど、なにかワクワクしないなと思ったものはボツにしてしまう。では今何にワクワクしているんだろう?って考えると、これでもない、あれでもない、ワクワクしない。“やばい。書けない”みたいな状況は書いているときにはどうしても生じ続けています。いろいろなことを知りすぎたがゆえに、書くたびにどんどん時間がかかってきている気がしています」
2016年には亡き蜷川幸雄氏の遺志を継ぎ、1万人のゴールド・シアター2016『金色交響曲~わたしのゆめ、きみのゆめ~』の演出を手掛けた。
「当初は脚本だけの予定だったんですけど、蜷川さんが亡くなられて、僕には二択が与えられたんです。さいたまスーパーアリーナでの公演なので、そういう大きい公演を手掛けたことのある演出家を呼ぶか僕が手を挙げるか。それで“ではやらせてください”と言いました」
そこに躊躇はなかった?
「やらなきゃダメだという感じがありました。あの企画では蜷川さんとは1度だけお会いしたんですが、その時に“楽しみにしています”というすごい笑顔をいただいたんですけど、あれは他の人は誰も見ていない。僕しか見ていないから、自分がちゃんと引き継がないとダメだという思いがありました」
演劇人としてのキャリアの中でもとても大きな経験。
「その後も、1年に1回くらいのペースで“ゴールド・アーツ・クラブ”の公演もやらせてもらっていて、その活動も大きい経験になっていますね」
昨秋の東京芸術祭では74人の出演者による野外劇『吾輩は猫である』の演出を手掛けた。
「あれは...(笑)。さいたまの金色交響曲は出演者が1600人だったんですが、それ以降の公演では700~800人くらいでずっとやっていて、ちょっとまひしちゃっていまして(笑)。それで池袋の野外なんですが、最初のオーディションの時に500人くらいの人が来て、会っているうちに“一緒にやりたいと思う人全員に出てもらおう”って思ったんです。そうしたら74人になった。大人数ということに関してはまひしているので74人を多いと思っていないという(笑)。ただ“人のチカラでなんとか作品を”という気持ちはありましたね」
「演劇にどんどん夢中になっている」
そういった外部の大規模な公演やプロデュース公演もある中で、はえぎわの作品は特別なもの。やはりここでしかできないものという意識?
「作り方自体もそうですし。稽古を進めながら本を同時に進めることができる唯一の場所ではあります。プロデュース公演などでは脚本は早く完成させなければいけないし、ちゃんと準備されたうえで行われるべきというのはもちろん分かりますが、そこばかりに頭でっかちになりすぎてもとは思います。そこと面白いものというのはイコールとも言い切れない。というか、準備期間が十分ではない企画が多い。“スピード感”と“良いもの”。なかなかうまくいかないです」
今回、番外公演というのは?
「最初から番外にしようと思っていました。ずっと必ずみんなを出す、ちゃんとみんなのことを書くということをやって来ていて、前回が20周年公演だったんですが、その後どうしていくかとなったときに、単純にリフレッシュしたかったというところがありました」
今年ははえぎわ名義ではこの1本のみ。来年以降はもちろん本公演も?
「どこかで通常のはえぎわのメンバーによる本公演ももちろんやるでしょうね。今回初めて、はえぎわのメンバーが半分くらいでやってみたんですが、新鮮な部分もあるし、同時に11人で成立している部分ってたくさんあったんだなということも知りました。なんか分からないけど、誰かがどこかのバランスを取ってやっている部分はあったんだなっていうことを改めて感じたりしています。そういった意味でもいい経験にはなっています」
外部の人が入って、バランスが崩れるのは逆に新鮮?
「だいぶ新鮮です。この光景は初めて!みたいなのが結構あります。今回参加しているメンバーもそれぞれどう感じているかは分からないですが、出ていない劇団員のことが恋しくなったりしているところもあります。僕自身が離れてみてありがたさを知るじゃないですけど、そういうことは感じてますね」
20年も劇団を続けるのは大変だったのでは?
「小劇場は大変ですよね。うちは専属の制作さんもいなくて、その都度お願いしていますし、メンバーも昔みたいに、これにすべてを注げるような生活環境ではないでしょうし。それは僕もですけど。そうすると一からまた助成金の申請をしてとか、なかなか地味な作業がボディーブローのように結構効いてきたりします。なので今回はニッポン放送さんから機会をいただけたのはありがたかった」
20年前は上の世代を突き上げる立場。今は若い世代に突き上げられる感覚はある?
「根本宗子さんとかナカゴーの鎌田君とか、活躍が気になる人はたくさんいます。でもまたちょっと種類が違うなって気はするし。僕自身がまだまだ自分の創作で精一杯なので、あまり気にしていられないという(笑)。ただ見方は以前より広がっている気はします。演劇界で自分はどれくらいの作品を作れていますか?っていうのは。昨年の池袋での野外公演でも、普通に無難にポンとやるのではなくて、なんかちょっと話題になることをしようと思って、大人数というのはそういうところもありましたね」
そういう演劇ファン以外の人を劇場に呼び込むために意識することは大事。
「ジャンルを問わずにマルチにやっていくというのは、これからは常識になっていくんじゃないですかね」
かつてはノゾエ自身がそういったマルチな活動をしていく人のように思えたが、年を取るにしたがって演劇に没頭している感じ。
「どんどん夢中になっているかもしれない(笑)。なんでですかね。取りつかれているんですかね。全然やれた感もない」
岸田戯曲賞も受賞しているし、大きな作品も手掛けている。世間的には十分高い評価は得ているようにも思えるが...。
「そんなこと感じたことないですし、永遠に達成はできないと思います(笑)。ただただ面白いものを作っていきたいという思いだけですね」
同作は2月28日から3月10日まで東京・有楽町のニッポン放送 イマジン・スタジオで上演される。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.