画像: 武尊「史上初の偉業を成し遂げるのは僕しかいない」【3・22 K’FESTA.3】

武尊「史上初の偉業を成し遂げるのは僕しかいない」【3・22 K’FESTA.3】

PRイベントでK-1&ISKAダブルタイトルマッチの公開調印式
「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」(3月22日、埼玉・さいたまスーパーアリーナ)のPRイベント「『K'FESTA.3』3.22さいたま大会サンテンニイニイK-1見ようぜ!by SHIBUYA109イベントスペース」が2月22日、東京・渋谷のSHIBUYA109イベントスペースで開催された。
イベントでは「K-1&ISKAダブルタイトルマッチ」に臨むK-1王者・武尊とISKA世界王者アダム・ブアフフの公開調印式が行われた。
K-1王者として史上初のダブルタイトルマッチで2冠を狙う武尊は「3月22日にK-1とISKAのダブルタイトルマッチが決まりました。僕は格闘技を始めた頃からK-1を見ていて、ISKAのベルトは魔裟斗さんやジェロム・レ・バンナ選手だったり、K-1の歴史を創った人たちが獲ってきたベルトです。ずっとISKAのベルトを巻きたいという気持ちがありました。『K'FESTA.3』という大舞台でダブルタイトルマッチが決まって、史上初の偉業を成し遂げるのは僕しかいないと思うので、試合が終わった時にK-1とISKAのベルトを2本巻いてリングに立っていたいと思います。今回僕が負けたらK-1のベルトが海外に流出することになります。K-1代表として負けられないし、K-1は世界最高で最強の団体じゃないといけないと思います。立ち技最強を決めるのはK-1なので、ISKAのチャンピオンには負けないです」などと改めて2冠への思いを語った。
地上波放送決定には「全国のみなさんにK-1の面白さが伝わればいい」
対するブアフフも「まずこういった試合に呼んでもらえることをうれしく思う。K-1は小さい頃から夢見ていた舞台で、ずっとK-1に憧れて厳しい練習を積んできた。この試合は白熱した良い試合になるだろう。武尊が強いことは分かっているが、自分も小さい頃から格闘技をやってきて、すべてを犠牲にして格闘技に命を懸けてやってきた。全身全霊をかけて戦うし、負けるつもりは一切ない」と必勝を誓った。
その後に行われたトークコーナーにも登場した武尊は、今大会が3月29日にテレビ東京系列全国6局ネットでの地上波中継が決定したことについて「僕はK-1をみなさんでテレビの前で見てほしいと5~6年言い続けてきました。今回はその第一歩として地上波放送が決まって、東京・関東だけじゃなくて、全国のみなさんにK-1の面白さが伝わればいいと思います。放送枠がまだ1時間ほどなので、その枠に入るには良い試合をしないといけない。僕が良い試合をして地上波全国放送に映りたいと思います」と語った。
元K-1スーパー・ライト級王者・野杁正明の緊急参戦が決定
またこの日は「K'FESTA.3」の追加カードが発表された。元K-1スーパー・ライト級王者・野杁正明の参戦が決定。当初、野杁は春に海外遠征を予定していたが、最終的な調整がつかなかったため、急遽今大会への出場が決定した。
対戦相手のダビド・メヒアはスペイン人ファイターでISKA世界ウェルター級王座を保持している実力者。近年は中国のクンルンファイトやWLF武林風でも活躍している。なお野杁vsメヒアの一戦で今大会の全対戦カードが決定。試合順は後日発表となる。
野杁はK-1を通じて「今回滑り込みという形でK'FESTA.3に参戦させていただくことになりました。急な参戦にも関わらず海外の強豪と戦える事をうれしく思います。去年のK'FESTAでは悔しい思いをしたので去年の借りを返さなければいけないなと思っています。年に1回行われるK-1のお祭りなのでお祭りにふさわしいド派手なKO劇をお見せします! 次の挑戦者が野杁正明しかいないと皆さんに思ってもらえるよう海外の強豪を次々と倒していくので楽しみにしといてください!」とコメントを寄せた。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.