画像: 安藤美姫がK-1アマチュア大会への参戦を検討中

安藤美姫がK-1アマチュア大会への参戦を検討中

3・22「K'FESTA.3」PRイベントで武尊とトークショー
プロフィギュアスケーター安藤美姫のK-1参戦が現実味を帯びてきた。
安藤は2月22日、東京・渋谷のSHIBUYA109イベントスペースにて開催された「『K'FESTA.3』3.22さいたま大会サンテンニイニイK-1見ようぜ!by SHIBUYA109イベントスペース」に出演した。
このイベントは3月22日に埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催される「K-1 WORLD GP 2020 JAPAN ~K'FESTA.3~」に向けた無料公開イベント。
安藤は第2部で「K-1&ISKAダブルタイトルマッチ」に臨む武尊とトークショーを行った。
2人はテレビ番組での共演がきっかけで交流が生まれ、安藤は昨年12月に行われたK-1名古屋大会では大会アンバサダーも務めた。初代K-1女子フライ級王者・KANAとの対談をきっかけに自らK-1のトレーニングも開始したという安藤は、この日のイベントでは武尊を相手にミット打ちを公開し、パンチに続いてミドルキックも披露。練習を始めて数回とは思えない洗練されたフォームを見た武尊は「一般の人が蹴るとかかとをつけてしまうのですが、つま先立ちで蹴っていたのはすごい」とフィギュアスケートで鍛えた安藤さんのバランス感覚を絶賛した。
「実は事務所には許可を得ていて...」
さらに話の流れから今度は安藤さんがミットを持って武尊のミドルキックを受けることに。武尊のミドルキックを受けて思わずよろめいた安藤は「もう1回蹴って!」と自らリクエスト。二発目のミドルキックをしっかり受けきると「これは興奮しますね!」と瞳を輝かせた。
この光景に中村拓己K-1プロデューサーが安藤にK-1参戦をオファーすると「本業はフィギアスケートで、美を追求するスポーツなんですけど...」と戸惑い気味だった安藤だったが、イベント後の囲み取材では「実は事務所には許可を得ていて...アマチュアだったら防具もつけるので出てもいいかなと思っています(笑)」とK-1のアマチュア大会への参戦を検討していることを明かした。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.