画像: バカリズム×夏帆×佐藤玲 架空OLたちのあの「日常」をそのままスクリーンで! 映画『架空OL日記』

バカリズム×夏帆×佐藤玲 架空OLたちのあの「日常」をそのままスクリーンで! 映画『架空OL日記』

銀行に勤める1人のOLが、日常の出来事や日々のキモチを書いていると、誰もが思い込んでいたとあるブログ。実は著者の正体は芸人=バカリズム。正体が判明するやネットで驚愕の嵐が吹き荒れ、そのブログを書籍化した「架空OL日記」、その連続ドラマ作品でファンはさらに拡大。そしてこの度、ついには映画化! ドラマの空気感、温度感がそのままスクリーンへ持ち込まれるという、まさにファンが待ち望んでいた劇場版に向け“架空OL”たちが意気込まない? ゆるトークを展開!
撮影現場でも発揮された鋭い観察眼!?
銀行OLの「私」がつづる日常があまりにもリアルで、著者の正体が判明したときはその観察眼の鋭さは“狂気”とまでいわれた「架空OL日記」。ドラマ版から、バカリズムが演じる「私」の同僚役を務めてきた夏帆と佐藤玲も、撮影現場でその観察力を目の当たりにしたとか。
夏帆「バカリズムさんの作品を見ていると、本当にすごくいろんなことを見てらっしゃる方なんだなと感じるんです。といっても普段から“見透かされているんじゃないか”とビクビクしながら会話しているわけではありませんよ(笑)」
佐藤玲(以下:佐藤)「撮影のとき、夏帆さんが演技しているときにバカリズムさんが“女優・夏帆。今、彼女は...”ってナレーション風につぶやいていらっしゃって。まるで『情熱大陸』のようなナレーションを、その場でいきなり言えたりするってすごいなと思っていました」
夏帆「それ玲ちゃんのときもやっていましたよ(笑)」
佐藤「えっ、そうなんですか(笑)」
バカリズム「やってましたね(笑)。あれはただ、その場にいるみんなを楽しませようと思って、茶化すわけじゃないですけど、勝手にそれっぽいナレーションをつけていただけなんですけど」
夏帆「その場で出てくるのがすごいです(笑)。それと、バカリズムさんは“これはなぜこうなったのか”とか“なぜこうなっているんだろう”といったことを常に考えていらっしゃる方なんだな、とお話していて感じます。私だったら流してしまいそうなことでも“これは何なのか”をきちんと考えようとするというか」
バカリズム「論理的に解決せずにはいられないんです。お医者さんにも“そういう脳だから”と言われてるんです。左脳と右脳の割合が6対4くらいらしく、どんなことでも理屈で解決せずにはいられない性格なんですよ」
佐藤「なんか分かります(笑)」
バカリズム、女子控室で完全に溶け込む
その理論的思考と鋭い観察眼から生まれた? 何気なさすぎる日常のドラマがついに映画化。バカリズムいわく「じわ~っと決まっていった」とは、なんとも本作らしい話。
バカリズム「1stシーズンが終わったときに、どういう形で次ができるかを僕と住田監督とで話していたんです。もともと住田監督は映画をやりたいという気持ちを強く持っていらっしゃっていたし、僕はまたできるんであればどんな形でも、と思っていたので」
夏帆「出演者のみんなも、またやりたいねという話はしていました」
バカリズム「次にやるとしたら何日記だろうねという話をして、それぞれどんな職業がいいかという案を出し合ったりもしました」
夏帆「受付嬢とか出ましたね」
佐藤「あとCAさんとかも」
バカリズム「いろいろ出ましたよね。でもやっぱり銀行員が一番しっくりくるというか超えるものがなかった」
実家住まいで、何かとややずぼら気味な「私」。「私」と同期で親友の「マキちゃん」(夏帆)。漫画が大好きで、やや天然な後輩「サエちゃん」(佐藤)。そして、頼りになる「小峰様」(臼田あさ美)やしっかり者の「酒木さん」(山田真歩)。おしゃべりに花を咲かせる彼女たちがいる控室の光景は、どの職場でも見る当たり前の...と言いたいところだが、よく考えればメイクアップして女子行員の制服に身を包み女子に溶け込むバカリズムの存在は、違和感があってもおかしくないはず...。
夏帆「まったくないんですよね、違和感が(笑)。今回も、久しぶりにみんながそろったうれしさのほうが先でしたし、メイクして制服姿を見たらもう、ドラマのときの感覚になりましたし」
バカリズム「制服がスイッチなんでしょうね。思い返せばドラマを始めるとき“あ、女子の制服を着てる~”みたいなやりとりがあったり、最初はちょっとクスクス笑いが起こったりもしていたけど、それもわりとすぐ、笑いが起こらなくなって」
夏帆「むしろ、男性の姿をされているときのほうが違和感というか...(笑)」
バカリズム「女性の居場所に男性が入り込んでいる、という嫌悪感がわくかもしれないですね(笑)」
佐藤「私も最初の違和感すら思い返せないくらい(笑)、すぐなじんでいました。ただ、ときどき足を思い切り広げてストッキングを直すとか、女性だとあまりしないことを見かけたときは“あ、そうだった”と、思いましたけど(笑)」
夏帆と佐藤は「私」をどんな姿のOLとしてイメージしている?
バカリズム「僕のビジュアルを頭の中でどう処理しているか、ですね。この存在を(笑)」
夏帆「脳内変換するとか、そういうことじゃなく普通に“同期”なんです。こちらが受け取り方を変えるとかではなく、もうそのままの姿で、仲の良い同期だと思えるんです。カメラが回っていないときもこの5人でずっと一緒にいるんですけど、そのときの空気感が役そのままなんです。何と言ったらいいのか...考えてみればすごく不思議なんですけど」
バカリズム「うまく説明できないのは、おそらくこんな作品は映画でもドラマでも前例がないからでしょうね。僕もある程度は予想していたけど、ここまでなじむとは思っていなかった。相手側の夏帆さんや佐藤さんたちは、僕自身が感じている感覚とは、また違うとは思うけれど」
夏帆「このメンバーとバカリズムさんだから、これが当たり前であるという状況が成立しているんじゃないかなと思います」
佐藤「逆に、バカリズムさんとして周り4人女子の中に自分がいることの違和感は、感じてらっしゃったりするんですか?」
バカリズム「僕のほうもないですね。実はもともと、脚本の段階で極力、性差による違いが明確に出やすい部分は避けていて、自分でもそれはうまく書けたんじゃないかなと思います。途中からはもう無意識で、そういうシーンや状況を避けて書いていました。意外と、すごく繊細なものではあるんです(笑)。ブログから本になるときとか、新たな方に関わっていただくタイミングでいろいろ提案していただいたんですが、どれも“違った”んですよ。だから結局、自分でやろう、となって。けっこうギリギリの、絶妙なバランスで成り立っているんです、この作品(笑)」
そして本作のリアルさの裏にも、こんな緻密な計算が。
バカリズム「普段、何気なくやっている行為、例えば僕は普段からよくペットボトルの上にあごを乗せたりするんですが、通常の作品だと、そういった、とくに理由がない行為は排除されることが多い。でも日常では理由なくやっている行為はありますよね。それをあえて入れることで“作品”ぽさをなくす、というか日常のリアリティーを出すようにしていました。完全な狙い、テクニックです(笑)」
ドラマから映画になっても...相変わらず!
そんな日常が、そのままスクリーンで繰り広げられる映画『架空OL日記』。
バカリズム「これを大きなスクリーンで上映して、それをいろんな人が見に来るという、その状況がもう“狂気”だな、と(笑)。ブログを始めたときのクレイジーさは、そのまま引きつぐことができたなと思います」
夏帆「いい意味で、ドラマ版と変わらず“帰ってきた”感じがありますよね」
佐藤「相変わらずのエピソードの小ささ(笑)...というか、かわいらしさがあって、またみんなであの世界を作ることができるのがうれしかったです」
バカリズム「もともと、ドラマで賞を頂いたのも、そういった部分が評価されてのことでしたから、そこを崩す必要はないし、映画化となると“映画っぽさ”を求められるものだけど、この作品においては、それは当てはまらないと思ったので、本当にそのままです(笑)」
夏帆「大きく変わっていたらむしろショックだったかも(笑)。映画版だからといって私たちも大きく変えたり意気込んだりしたわけでもないですが、それがこの作品の良さであり、他にはないものだと思うのでぜひ劇場でも楽しんでいただければうれしいです」
佐藤「ドラマ版を見て全キャラクターを愛おしく思ってくださっている方も多いと思います。それがそのまま映画にも登場するので楽しんでください」
バカリズム「いい意味で予想を超えない(笑)、つまり期待をまったく裏切らない映画になっていると思います。劇場でも引き続き日常をお送りできると思うので、そこは安心して見ていただければ」
映画館で飲み物やポップコーン片手に、あの日常を楽しんで!
(TOKYO HEADLINE・秋吉布由子)
『架空OL日記』
監督:住田崇 出演:バカリズム、夏帆、臼田あさ美、佐藤玲、山田真歩、三浦透子、シム・ウンギョン他/1時間40分/ポニーキャニオン、読売テレビ配給/2月28日(金)より全国公開
https://www.kaku-ol.jp/
原作:バカリズム「架空OL日記」(小学館文庫)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.