画像: 草彅剛、熱い韓国語トークで『パラサイト』凱旋来日の2人を祝福

草彅剛、熱い韓国語トークで『パラサイト』凱旋来日の2人を祝福

第92回アカデミー賞で、外国語映画初の作品賞受賞という快挙を成し遂げた韓国映画『パラサイト 半地下の家族』の舞台挨拶イベントが24日、都内にて行われ、ポン・ジュノ監督と主演ソン・ガンホ、そして2人の大ファンという草彅剛が登壇。韓国では“チョナン・カン”として知られる草彅が、流ちょうな韓国語で祝福した。
第72回カンヌ国際映画祭では最高賞のパルムドールを受賞、米国アカデミー賞では作品賞、監督賞、脚本賞と国際長編映画賞の最多4部門を受賞するなど、世界を席巻している話題作。
日本での記録的ヒットについて「2000年代初頭のように、再び日韓映画の交流が活発化するきっかけとなってくれれば」を期待を寄せたポン監督。作品賞受賞の瞬間について「うれしくもあり気が動転している感じもありました」と振り返りつつ「受賞そのものより、日本やフランスなどさまざまな国の方から熱烈な反応を頂いたことが何よりうれしい」と笑顔。その瞬間を共にしたソンも「うれしさをかみしめつつ、監督の肋骨を折らないよう気を付けていました。カンヌでの受賞のとき、強く叩いて少しヒビが入ったらしいので(笑)」と、観客を笑わせながら喜びを語った。
この日は、そんな2人の大ファンだという草彅剛が花束を持って祝福に駆け付けた。「最近、韓国語を勉強する時間があまり取れなくて...」と言いつつ、終始ほぼ韓国語で熱烈なトークを繰り広げた草彅に、ソンも「20年ほど前から僕を好きだと言ってくださっていると聞いていて、ずっとお会いしたいと思っていました。今日は記念すべき日です」と笑顔を向け、監督も「僕も草彅さんのことはよく存じ上げていました。以前、香川照之さんとソウルで舞台に立たれたときに拝見したんですよ」。さらに草彅が劇中の小道具の使われ方について質問すると、マニアックながらも鋭い視点に2人も感嘆。「意識していなかったけど草彅さんの話を聞いてそんな気がしてきました(笑)。今後インタビューでは、そう言わせていただきます」という監督の言葉に、草彅は恐縮しつつ「僕が発見しました(笑)」と会場に胸を張り、笑いをとっていた。
最後に草彅と熱いハグを交わした2人。ソンは「この映画のタイトルは『パラサイト』ですが内容は人間がどう生きたらいいかという共生の物語。国境と言葉の壁を越えて日本でもこの映画に共感していただけるのは、この映画が持つ意味によるものだと思います」と話し、ポン監督も「数字や受賞もうれしいですが、それよりも、俳優のセリフやまなざし、カメラワークなど、映画そのものとして、皆さんの中に長く残ってほしいと思っています」と、日本での反響を喜んだ。
『パラサイト 半地下の家族』は全国公開中。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.