画像: 佐々木大蔵が鈴木勇人を返り討ちし2階級制覇達成【2・24 Krush.111】

佐々木大蔵が鈴木勇人を返り討ちし2階級制覇達成【2・24 Krush.111】

王者・鈴木はK-1横浜大会のリベンジ狙うも...
「Krush.111」(2月24日、東京・後楽園ホール)のメインで行われた「Krushスーパー・ライト級タイトルマッチ」で挑戦者の佐々木大蔵が3-0の判定で鈴木勇人を破り、第8代王者となった。
2人は昨年11月に行われたK-1横浜大会のスーパーファイトで対戦し、佐々木が判定勝ち。敗戦直後から鈴木が再戦をアピールし、今回のタイトル戦が実現した。
前日会見で鈴木は「2回負けるということは完全なる負け」と背水の陣を敷いての戦いではあったが「自分は追い込まれているほうが実力を発揮できるタイプ」とも話しこの日の試合に臨んだ。
試合は1Rから鈴木がプレッシャーをかけ前に出る。しかしあいさつ代わりに放った得意の左ハイは佐々木がスウェーでかわす。鈴木がコーナーに佐々木を詰めてパンチを放つが、佐々木はクリンチで鈴木に連打を許さない。鈴木が押し返し、なおもパンチを放つが佐々木は前蹴りからパンチを打ち返すなど攻め込まれているようで、冷静に鈴木の攻撃をさばいていく。
仕切り直して鈴木がパンチで来るところに佐々木は右ミドルで迎撃。なおも鈴木がプレッシャーをかけ佐々木をコーナーに詰めるものの、佐々木は巧みに体を寄せて、鈴木の攻撃を止める。
2Rに佐々木が2つのダウンを奪う
2Rも鈴木がプレッシャーをかけて前に出るが、佐々木は鈴木のパンチの打ち終わりにパンチの連打。佐々木は右ミドルから一気に距離を詰めて左アッパー。パンチの連打からローにつなげるコンビネーションで鈴木を翻弄していく。
鈴木も得意の左ミドルを放っていくが、佐々木はボディーへのヒザにミドルで反撃。そして鈴木の突進をバックステップでかわすとカウンターの右ストレートでダウンを奪う。
立ち上がった鈴木に佐々木は右ミドルからパンチの連打。最後は押し倒すような形になったが、ダメージの大きい鈴木を見て、レフェリーはダウンを宣告。
鈴木は最後まで佐々木の牙城を崩せず
2度のダウンでがけっぷちに立たされた鈴木は3R、距離を詰めてパンチの連打も佐々木はがっちりガードを固め、打ち終わりにパンチの連打で反撃。鈴木が押し込むが、佐々木はここでも巧みに体を寄せ連打を許さない。そして鈴木が押し返すと佐々木は顔面前蹴りをヒット。ラウンド終盤には側転蹴りまで見せた。
一見、鈴木が押し込んでいるように見える展開でも試合を動かしているのは佐々木。鈴木が最後までこの構図を崩すことができなかったのは、佐々木の顔はほとんど傷がなかったのに比べ、鈴木の顔は佐々木のパンチで赤くはれていたことでも明白。
判定もジャッジ3者とも30-26と佐々木の完勝だった。
この勝利で佐々木はかつて保持したライト級との2階級制覇を達成した。
試合後のマイクで佐々木は「コロナウイルスで躊躇された方もいると思うんですけど、そういった中でお越し頂きありがとうございます。スーパー・ライト級は第8代目のチャンピオンで、結構チャンピオンが変わる難しい階級だと思いますが、ベルトも一つのところにいたいと思うので、僕がしっかりこのベルトを守っていきます。K-1でも3月に安保選手と不可思選手がタイトルマッチをしますが、チャンピオンから“佐々木大蔵とだったらタイトルマッチをやってもいいな”と言われる選手になっていこうと思います。みなさんの声がパワーになっています。こんな僕でもこういうところで活躍できるんだっていうのを糧にして明日から過ごしていってください」などと新型コロナウイルスで騒がしい中、駆け付けたファンに感謝の気持ちを伝えた。
K-1王座については「時が来ればやることになるんじゃないですか」
試合後の会見では「後楽園ホールでの歓声は、後楽園でしか味わえない。3分3R、昔は“早く終われ”って思いながらやってたんですけど、いまはもう、すごく濃く感じてますね。濃く感じながら試合ができて、楽しかったなっていう印象」などと試合を振り返った。
鈴木については「意気込みというか。たぶん2人でしか感じられないものがあったと思うんですけど。それを感じましたね。僕のすべてを奪いにかかってるなっていう思いが伝わりました。(鈴木は)パンチを少し重点的に練習してきたのかなという感じ。ミドルに関しても思いっきり振ってきました。自信があるのは分かるんですけど、それをつぶすことを僕も練習でやってきたので。それが出ました」と話した。
そして「本当にK-1、キックボクシングが大好きでしようがない。本当にそれ以外、興味がないというか、本当に極めたい。いつ終わりが来るんだろうという感じ」と話したうえで今後については「チャンピオンになって、周りからもそういう目で見られるとは思うが、僕は“チャンピオン”というものより“佐々木大蔵”というものをドンドン押していきたいと思っている。そのためには自分とは何かというのを、お客さまに熱で感じさせられるような選手になりたい。僕を見て“あいつにできるんだったら俺にもできるんじゃないか”って、なんでもいいんで力を与えていきたいと思っています。K-1のチャンピオンも、僕は取る前提でずっといるんで、そこは時が来ればやることになるんじゃないですかね」などと特に気負うことなく話した。
鈴木は「完敗。またゼロからやっていきます」
一方、敗れた鈴木は試合後の会見で「完敗です、それだけです。佐々木選手、巧かったです。強かったです。(前回とは)特別そういう大きな違いはなかったんですけど、細かいところとか、常に狙われてる感じがしてやりづらかった。“こうすればいけるかな?”というのがあったんですけど、それがうまくはまらなかったという感じ。ちょっとの差かもしれないですけど、その差が大きかった。自分のやりたいことをうまくやらせてもらえなかった」などと試合を振り返った。そして今後については「少し休んで、またゼロからやっていきます」と話した。
「Krush.111」(2月24日、東京・後楽園ホール)
◆プレリミナリーファイト第1試合 Kushバンタム級/3分3R
○倉田永輝 (K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(1R1分13秒、KO)大空(KINGCRAFT)●
◆プレリミナリーファイト第2試合 Kushフェザー級/3分3R
●八木正樹(WSRフェアテックス三ノ輪)(判定0-3=28-30、28-30、28-30)石田龍大(拳心會館)○
◆プレリミナリーファイト第3試合 Kushバンタム級/3分3R
△橋本裕也(K-1ジム五反田チームキングス)(判定0-0=30-30、29-29、29-29)高橋享祐(戦-IKUSA-GYM)△
◆第1試合 Krushスーパー・ライト級/3分3R・延長1R
○FUMIYA(ポゴナ・クラブジム)(1R1分4秒、KO)清水卓馬(K-1ジム川口TEAM SIRIUS)●
◆第2試合 Krushフェザー級/3分3R・延長1R
●倉崎昌史(GET OVER)(判定0-3=27-30、27-30、27-30)岡嶋形徒(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)○
◆第3試合 Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
○林 京平(湘南格闘クラブ)(1R1分6秒、KO)スーパーアンジ(KUNISNIPE旭)●
◆第4試合 Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
○友尊(TEAM K/BLUE DOG GYM)(2R36秒、KO)久保一馬(FIGHT CLUB 428)●
◆第5試合 Krush女子アトム級/3分3R・延長1R
○パヤーフォン・アユタヤファイトジム(タイ/Ayothaya Fight Gym) (判定3-0=30-26、30-26、30-27)MOE(若獅子会館)●
◆第6試合 Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
○横山朋哉(リーブルロア)(判定3-0=30-29、30-28、30-28)中島千博(POWER OF DREAM)●
◆セミファイナル(第7試合) Krushスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
○軍司泰斗(K-1ジム総本部チームペガサス)(判定3-0=30-27、30-27、30-28)スリヤンレック・オーボートー.ガムピー(タイ/オーボートー.ガムピージム) ●
◆メインイベント(第8試合) Krushスーパー・ライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
●鈴木勇人(K-1ジム五反田チームキングス)(判定0-3=26-30、26-30、26-30)佐々木大蔵(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)○

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.