画像: 軍司泰斗が武居を苦しめた男からダウンを奪って判定勝ち【2・24 Krush.111】

軍司泰斗が武居を苦しめた男からダウンを奪って判定勝ち【2・24 Krush.111】

昨年10月の玖村修平戦に続き復帰後2連勝
「Krush.111」(2月24日、東京・後楽園ホール)のセミファイナルで元Krushバンタム級王者の軍司泰斗がタイのスリヤンレック・オーボートー.ガムピーと対戦。ダウンを奪ったうえで、3-0の判定勝ちを収めた。
軍司は昨年2月にスーパー・バンタム級王座決定戦で玖村将史に敗れ、その時にあごを骨折し、長期欠場。10月に兄の玖村修平にダウンを奪ったうえでの判定勝ちで復活を果たし、今回で2連勝となった。
試合は1R、軍司がローで仕掛けるとスリヤンレックも左インローで反撃。このムエタイ特有の強烈な蹴りをもらっても軍司は下がらず、そのローにパンチを合わせていく。
中盤には軍司のローからのパンチのコンビネーションでスリヤンレックがバランスを崩す場面も。
2Rに入っても主導権は軍司。ヒザ蹴りに左ボディーブロー、右ミドルと攻め込んでいく。スリヤンレックはローからパンチにつなげるが軍司はかわし、ダメージはもらわない。そして前蹴りにミドルで反撃。軍司の強烈な左フックがスリヤンレックに炸裂する。
危なげない勝利にも判定勝ちには満足せず
3Rに入ってスリヤンレックがパンチで前に出ると、軍司も応戦。ここでも軍司の左フックが炸裂するが、タフなスリヤンレックは倒れない。
苦しくなったスリヤンレックは組み付く場面が増え、首相撲から軍司を投げてしまい口頭注意が与えられる。再開後、打ち合う2人だが、パンチの威力は軍司が上。軍司がパンチの連打を打ち込むとスリヤンレックが体をくの字にして背中を見せ、ロープまで下がると、そこに軍司が飛びヒザ。動きが止まったスリヤンレックにレフェリーがスタンディングダウンを宣告する。
再開後も軍司の左フックでスリヤンレックがぐらつき、コーナーに寄りかかったところで軍司がラッシュをかけるがやはりタフなスリヤンレックを倒し切ることはできず。しかし3-0の判定で軍司が難敵を下した。
スリヤンレックは昨年12月のK-1名古屋大会で武居由樹と対戦し、1、2Rに計3度のダウンを奪われたものの、持ち前の打たれ強さで持ちこたえ、3Rには逆に武居を追い込む場面も作るなど、強烈な印象を残した選手。
かねてから「負けた選手と戦いたい」と話す軍司にとっては大きなアピールとなる勝利であったが、本人は試合後の会見で「KOで勝ってたらインパクト残してたと思うんですけど、反応は薄いかなっていうのはあります」と判定勝ちという結果には満足せず。しかし「タイ人からダウンを取って勝ったんで。次は負けた相手とやりたいので、しっかりそこまでいけるように努力するんで応援よろしくお願いします」と話した。
スーパー・フェザー級戦は横山朋哉が中島千博に競り勝つ
第6試合ではスーパー・フェザー級の注目カード、横山朋哉vs中島千博の一戦が行われた。
中島は空手で輝かしい実績を残し、キックボクシングに転向。武居由樹、江川優生らK-1王者を擁するPOWER OF DREAMで着実に実力をアップし、2連続KO勝ちを収め、プレリミ、本戦第1試合、そしてこの日の第6試合と着実にポジションをアップしてきた。
対する横山も昨年8月にKrushスーパー・フェザー級の実力者・朝久泰央に判定負けを喫したものの、それまでK-1グループでは4連勝とこちらもスーパー・フェザー級の注目選手。
試合は1Rから横山がスピード感あふれるパンチにローを見舞うと、中島もロー、ミドルで反撃。ともに空手出身とあって強烈な蹴り。中島のローに横山がパンチの連打を合わせていく。
2Rに入ると中島のローと横山のミドルが交錯。互いに打たれたら打ち返す。中島がじりじりとプレッシャーをかけ、横山をロープに詰めるが、横山のガードが固く、中島はなかなかクリーンヒットさせることはできない。パンチの確実性では横山が勝った印象。
3Rも互いに一歩も引かない打ち合いを展開。中盤、中島が左ボディーブローを連発でヒットさせていくが横山もパンチの連打で反撃。しかし3R残り10秒、横山の左フックに中島が前のめりに倒れるが、レフェリーはスリップと判定。すぐに試合再開となったが、横山がパンチをまとめ試合終了。
判定は30−29、30−28、30−28の3−0でジャッジ3者とも横山を支持。横山が激闘を制し、再起戦で勝利を収めた。
女子アトム級はパヤーフォンがMOEを圧倒
第5試合ではパヤーフォン・アユタヤファイトジムvs MOEの女子アトム級の一戦が行われた。
パヤーフォンは昨年10月、Krush女子アトム級王者・高梨knuckle美穂に挑戦し敗れはしたものの、延長にもつれ込む接戦を繰り広げた。
現役女子高生ファイターのMOEは昨年11月、元プロボクシング世界王者の山田真子に判定負けを喫して以来の試合となる。
試合は1R序盤からパヤーフォンが強烈なミドルキックを連発しMOEを追い込んでいく。MOEもパンチで反撃するが、パヤーフォンの圧力にじりじりと下がらされる展開に。パヤーフォンはミドルの合間にパンチを顔面にまとめるなど多彩な攻めでMOEを圧倒。
ラウンド終盤、パヤーフォンが左ミドルからの右フックでダウンを奪う。立ち上がったMOEをロープに詰めパンチの連打を放つパヤーフォン。しかしMOEも鼻血を流しながらもパンチを打ち返し反撃を見せる。
2Rもパヤーフォンの左ミドルは止まらない。MOEがパンチの連打で反撃するとパヤーフォンもパンチで応戦。MOEは再び鼻血を噴き出しながらのファイトとなる。MOEのパンチにパヤーフォンは前蹴りで距離を取ると、今度はプレッシャーをかけMOEをロープに詰めると左ミドルの連打から右フックという1Rにダウンを奪ったコンビネーションを見せる。パヤーフォンはその後もミドルキックとパンチでMOEを追い込んでいく。MOEの反撃は単発に終わりパヤーフォンを止められない。
3Rに入ると後がないMOEがパンチで前に出るが、パヤーフォンは強烈なミドル一発でMOEの前進を止めると、またも左ミドルに右ローでMOEを追い込んでいく。手数が減ったMOEだったが、パヤーフォンも深追いはせず、ラウンド終了。
ジャッジ2人が30-26、1人が30-27をつけパヤーフォンが3-0の判定勝ちを収めた。
「格闘代理戦争」卒業生・岡嶋形徒が3連勝
第2試合では昨春配信されたAbemaTVの格闘リアリティー番組「格闘代理戦争4thシーズン」出身の岡嶋形徒が倉崎昌史を相手にプロ第3戦に臨んだ。
岡嶋は昨秋のデビュー戦、11月の第2戦とともにダウンを奪いながらも倒し切ることはできず、判定で2連勝。「今回こそはKO勝ちを」と意気込んでの試合だった。
岡嶋は1Rからアグレッシブに攻め込み、重い右ローにワンツー。ボディーへのヒザ蹴りもまじえ、倉崎を追い込んでいく。倉崎の反撃は単発。岡嶋はラウンド終了間際に倉崎をコーナーに追い詰め右ストレートを打ち抜く。
2Rも岡嶋の突進は止まらない。ローで下がらせて、右ストレートを連発。右ストレートを放っては押し込み、再び右ストレート。やや単調な攻撃となるが、ロープ際に倉崎を追い込むとその重い右ストレートでダウンを奪う。岡嶋はなおも前蹴りからの右ストレート、押し込んでヒザ蹴りをボディーに見舞うなど倉崎を追い込むが決定打を放つことはできず。
3Rになると倉崎が蘇生。距離を詰めてパンチをまとめるが、岡嶋も押し返し、右ストレートに前蹴り、ボディーへのヒザ蹴りなどで反撃。1、2Rに比べやや手数は落ちたものの、最後までパンチを出し続ける。終盤ややガス欠気味で倉崎のパンチをもらう場面もあったが、しのぎ切り試合は判定に。ジャッジ3者とも30-27で岡嶋を支持。これでプロデビュー以来3連勝となった岡嶋だったが、倒し切ることができず不満な内容に判定が発表される最中も首を振り続けた。
「Krush.111」(2月24日、東京・後楽園ホール)
◆プレリミナリーファイト第1試合 Kushバンタム級/3分3R
○倉田永輝 (K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(1R1分13秒、KO)大空(KINGCRAFT)●
◆プレリミナリーファイト第2試合 Kushフェザー級/3分3R
●八木正樹(WSRフェアテックス三ノ輪)(判定0-3=28-30、28-30、28-30)石田龍大(拳心會館)○
◆プレリミナリーファイト第3試合 Kushバンタム級/3分3R
△橋本裕也(K-1ジム五反田チームキングス)(判定0-0=30-30、29-29、29-29)高橋享祐(戦-IKUSA-GYM)△
◆第1試合 Krushスーパー・ライト級/3分3R・延長1R
○FUMIYA(ポゴナ・クラブジム)(1R1分4秒、KO)清水卓馬(K-1ジム川口TEAM SIRIUS)●
◆第2試合 Krushフェザー級/3分3R・延長1R
●倉崎昌史(GET OVER)(判定0-3=27-30、27-30、27-30)岡嶋形徒(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)○
◆第3試合 Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
○林 京平(湘南格闘クラブ)(1R1分6秒、KO)スーパーアンジ(KUNISNIPE旭)●
◆第4試合 Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
○友尊(TEAM K/BLUE DOG GYM)(2R36秒、KO)久保一馬(FIGHT CLUB 428)●
◆第5試合 Krush女子アトム級/3分3R・延長1R
○パヤーフォン・アユタヤファイトジム(タイ/Ayothaya Fight Gym) (判定3-0=30-26、30-26、30-27)MOE(若獅子会館)●
◆第6試合 Krushスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
○横山朋哉(リーブルロア)(判定3-0=30-29、30-28、30-28)中島千博(POWER OF DREAM)●
◆セミファイナル(第7試合) Krushスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
○軍司泰斗(K-1ジム総本部チームペガサス)(判定3-0=30-27、30-27、30-28)スリヤンレック・オーボートー.ガムピー(タイ/オーボートー.ガムピージム) ●
◆メインイベント(第8試合) Krushスーパー・ライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
●鈴木勇人(K-1ジム五反田チームキングス)(判定0-3=26-30、26-30、26-30)佐々木大蔵(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)○

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.