画像: 嵐とクイーンに「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」!第34回日本ゴールドディスク大賞

嵐とクイーンに「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」!第34回日本ゴールドディスク大賞

「第34回日本ゴールドディスク大賞」の受賞作品・アーティストが27日、発表され、この1年間に最も活躍したアーティストに授与される「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」に邦楽部門で嵐、洋楽部門はクイーンが輝いた。また、「ベスト・エイジアン・アーティスト」はBTSが2年連続で受賞した。
嵐の「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」受賞は3年ぶり6度目。20周年ベストアルバム『5×20 All the BEST!! 1999-2019』で「アルバム・オブ・ザ・イヤー」「ベスト5アルバム」(邦楽)、20周年ビデオ・クリップ集『5×20 All the BEST!! CLIPS 1999-2019』で「ベスト・ミュージック・ビデオ」(邦楽)と4冠。
受賞に際して、嵐は「2019年は僕たち嵐にとって、“デビュー20 周年”というアニバーサリーイヤーでした。いつも応援して下さる嵐ファンの皆さま、そして何より作品を手にとって下さった皆さまのおかげで、グループとして節目を迎えた年に、このような素晴らしい賞を頂くことができましたことを大変光栄に思います。ありがとうございました。さらに、より良い音楽、そしてエンターテイメントをお届けて ゙きるよう、嵐そしてスタッフ一同、2020年を精一杯駆け抜けて参りたいと思います」と、コメントを寄せている。
クイーンは2年連続3度目。ブライアン・メイは「ドウモアリガトウ、そして、カンパイ!!! そして日本の素晴らしきクイーン・ファンのみなさん、私たちの友人であるみなさんに、愛をこめて」と、コメントを寄せている。ロジャー・テイラーも「今年もまたこの賞を受賞することができ、非常に光栄です。日本のみなさんの長年にわたるサポート、そしてクイーンの音楽をずっと愛してくれていることに、心から感謝しています」。
BTSが2年連続で「ベスト・エイジアン・アーティスト」を受賞。「ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー」(邦楽)はKing Gnu、2019年を象徴するアーティストの一組となたOfficial髭男dismは特別賞を受賞した。
第34回日本ゴールドディスク大賞 主要な受賞者
■アーティスト・オブ・ザ・イヤー:嵐(邦楽部門)、クイーン(洋楽部門)
■ベスト・アーティスト:BTS(アジア部門)、氷川きよし(演歌/歌謡曲部門)
■ニュー・アーティスト・オブ・ザ・イヤー:King Gnu(邦楽部門)、ブリタニー・ハワード(洋楽部門)、IZ*ONE(アジア部門)、新浜レオン(演歌/歌謡曲部門)
■アルバム・オブ・ザ・イヤー:『5×20 All the BEST!! 1999-2019』嵐
■シングル・オブ・ザ・イヤー:「サステナブル」AKB48
■ソング・オブ・ザ・イヤー・バイ・ダウンロード:「馬と鹿」米津玄師(邦楽部門)、「I Don't Care」Ed Sheeran & Justin Biebar(洋楽部門)、「Lights」BTS
■特別賞:Official髭男dism、米津玄師

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.