画像: 元メジャーの上原氏がロッテの大物ルーキー佐々木の投げ込み量に一抹の不安

元メジャーの上原氏がロッテの大物ルーキー佐々木の投げ込み量に一抹の不安

今年のプロ野球は中日とロッテに注目
昨年5月に現役を引退した元メジャーリーガーの上原浩治氏が今年、ロッテに入団した注目のルーキー、佐々木朗希投手について一抹の不安を口にした。
佐々木は一軍キャンプに帯同し、ブルペンでは150kmを超えるボールを投げ、ファンや報道陣を沸かせている。上原氏は「キャンプで投げるたびに話題になるのはすごい。素材は素晴らしい。早く見てみたい」とその人気と実力を認めながらも「その分、ブルペンで投げている回数は少ないのでは? 投げないことには鍛えられない」などと投げ込み量の少なさを指摘した。
また自らの現役時代を振り返る中で「コントロールはキャッチボールでしかつかない。これは基本。基本をしっかりできないといけない。最近はキャッチボールをおろそかにしている。高校野球を見ていても思う。フォアボールが多い。今は速い球に意識がいっているが、投手で一番大事なのはコントロール。コントロールがいい投手が長生きしていると思う」などと持論を展開した。
そして今年のプロ野球について「セ・リーグは中日、パ・リーグはロッテに注目している。中日は何年かBクラスが続いているが、全体的に見るといい選手が多い。かみあえば上位に行くのでは内科と思う。ロッテは今年多くの補強をした。そこがどううまいこと機能するのか」などと注目点を挙げた。
評論家として本格スタート「結果が出る前のことを話せるような解説をしたい」
また今年は東京オリンピックで野球が12年ぶりに復活するのだが、かつてアテネ五輪に出場した上原氏は「選ばれた選手は名誉なことだと思って試合に臨んでほしい」とエールを送り、「プレミア12で戦った選手を中心に戦ってほしいという思いはある。オフの大事な時間を削って戦ってくれたんだから」などとも話した。
上原氏は今年、「スカパー! プロ野球イメージキャラクター」に就任。この日はその発表も兼ねてのトークショーが行われたのだが「スカパー!は思い切ったことしましたね。僕でいいんですかね。申し訳ないです。謝っておきます。今年はスカパー!兄さんとして頑張ろうかと思うので、スカパー!兄さんでよろしくお願いします」と笑わせつつも「人口が減っている中でどう野球人気を上げていくのかが課題。その中でプロ野球が盛り上がれば、子供たちもやっぱりプロ野球だ、ということになる。球場に行けない人のためにテレビや携帯があるので、とにかく野球を見てほしい。サッカーもラグビーも盛り上がっているが、野球も盛り上がってほしい」などと野球ファンにメッセージを送った。
昨年のシーズン中に引退したことから解説者としてフルに活動するのは今シーズンが初めてとなるのだが「解説をするときは終わったことではなく先のことを言いたい。結果が出たことについて言うのは、誰にもできることと思っている。だったら結果が出る前のことを話せるような解説をしたい」などと意気込みを語った。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.